2017年10月21日 (土)

いい内容だったんだけどね

20日の朝に見た夢の話です。
そのシーンの前の繋がりは覚えてないけど、私は アイドルグループのような大勢の中に居ました。
前方には、少し低い所に 大きめの屋外ステージがあり、スピーカーなどの設備も整っています。
沢山の客席と向かい合わせのステージで、段差のある客席の背後の控えの場所から、客席合間の直線通路を、グループの人達と並んで駆け下りて、ステージに上がって、音楽の流れる中で 皆んなと踊っていました。
私はステージの方から見て左側に居て、動いている腕には袖口の広い白い衣装が見えました。
踊っている最中、左側の少し遠くの空の雲間に、空中都市が見えたので、空中都市が見えるよ と周囲に教えました。
大勢でそれを見ていると、その都市の右側の 別の雲間から、とても大きな怪物が出現しました。
頭と胴体は、モンハンのドスガレオスで、羽根付きの腕って感じだし、脚はカエルだーって観客席の人が言ってるのが聞こえました。
色は黒紫で、左側面が見えていたけど、ゆっくりこっちを向いて来そうになったので、ヤバイ!と思って、皆んなに「ピンクのたまごで防御して!」って言った瞬間に、怪物の口から黒混じりの淀んだ暗い紫の息がドバーッと吐き散らかされて、防御している私にもモソモソとした吐き出しブレス感が空気の動きで感じられた所で、目が覚めました。
目が覚めて直後に、光の球体で防御の方が良かったのか!?と思ったという、オチ付きです。
いつか続きでも見た時は、劇的に解決しましょう😊

しかし、今の自分には全く縁のないアイドルグループとかダンスとか、その様な登場の仕方をしても苦にならない?のが夢の不思議な所ですね。
眠っている間に見た、夢の話です。

|

2016年5月30日 (月)

大寒波が来るからと避難する夢を見た

Image_2

写真と内容は、関係無し。
今朝見た夢の話。
最初は内容の違う夢を見ていたけど、その後は、またまた避難する夢でした。
厚着をして暖かい格好で、あと6分で避難先へ着かないとならないような会話をしていたり。
非常食を少し持ち出してても水を持って来てないと、自販機で買う場面では、コインロッカーと自販機の混ざった見た目の物に惑わされたり、唯一の水の飲料がりんごフレーバーの外国産だったり、他は何でもいいと とりあえず押したらコーラで、しかも出てきたのが半分飲みかけで、出てきた衝撃で閉まりきってない口から漏れて吹き出してるわ、というシーンがありました。
そばに居た誰かが、もう一度ボタン押したらいいよ、というので押すと、まともなのが出てきましたよ、寝ている間に見た夢の話しですけどね。
準備している避難荷物を持って来れば良かったのにと、そこで気がついたり、現実ではあり得ない行動をしている自分たち。
それからどこかの商業施設の地下の階辺りにエスカレーターで降りていこうとしているけど、家族が1人付いて来てないとか、夢の中でも心配オチ。
そこで目が覚めました。
背景としては、地域の人たちがゾロゾロ移動してるけど、みんなある程度の冬の上着を着ているだけで、手荷物ゼロの人も多く、1日だけの大寒波で-40℃がやって来るから避難しているというとこです。
そんなのが急に来て、1日だけで済みそうにはないけどねぇ。
夢で見た内容なので、現実と混同しないでくださいよ。

|

2015年11月29日 (日)

満月の夢

 今朝見た夢は、満月でした。

何かのシーンの間で見たのではなく、月の場面しか見てない気がする。
建物や電線の陰にもならず、薄いベールのような雲が出てるけど、スーパームーンの3割り増しくらいの月が、雲にも浸透反射して、さらに大きく明るく白金に輝いて、周りを照らしている場面でした。
夢の中で一緒に誰か居たと思うのですが、母だったかなぁ?くらいしか覚えてない。
満月の夢!って印象に残るのは初めて見たかも。

|