2021年3月24日 (水)

明晰夢の本を 寝る前に読んでます

この前購入した【夢の中で目覚めよ!】という本を、寝る前に少しずつ読んでいます。最初の日は、はじめの大きい文字の所と、目次を見て終わりましたが。区切りのいい所まで数ページずつ、寝る前に時間がある時は読んで、今夜は37ページの太文字の所の、いよいよ本編開始という所を読みます。夜、ラクキンを少しやって、瞑想して、それから何ページか読んでるので進みが遅いですね。

昨夜は、第1章の 初めての明晰夢体験、の所を読んで寝ました。昼間にどんどん読むよりは、寝る直前に少しずつ、印象に残るようにしたら良いかも と思って、やり方の手前までで終えて寝たんです。著者の体験した事が こんな風だったという印象を思い描く感じに読んだのも効果的だったのか、早速、夢の中で「これは夢だ」と気付きました。

これ以前から夢で気付く事は何度も有るけど、途中から普通の夢に戻ってしまうか、そこで目が覚めてしまう事ばかりな気がします。

完全な明晰夢と、ただ思い通りに物を動かしたり浮遊している夢は違うんじゃないか、夢の中で起床しているかという自分の意識状態に、しっかり気付いているか、行きたい所に行ったり、会いたい人に会えるか、夢の中で寝ていないか、明晰夢かを確認する間に眠に入りそうだからしっかり思考しようとすると目が覚めてしまうんですよね。運良く続きに進んだ事も有るけど。

昨夜(23日)は、本を読んだこうかがあった!と 夢だと気付いて喜んでから、部屋のドアなどを開けずに通り抜けたり、起きている時と同じ状態の家の中だな、と思ったくらいしか覚えていなくて、また夢の中で寝ていました。そして瞼の裏映像に写る何人か?の人の姿を見たり。

明晰夢も、見られないように邪魔されているとしか思えないよねぇ。

この本の翻訳も とても良い感じで、意味合いも適した日本語になるように訳してあるそうですし、元々の英文も表現のセンスが良いんだろうな、と思いながら 第1章を読み始めて感動している所です。

本を少しずつ読みながら、私も実践しようと思います。

今ある疑問とすれば、夢を見ている時に空を飛んで宇宙まで行くというのと、幽体離脱で宇宙までいくのって、違うもの? 同じ? 本のこの先に書いてあるのかな、楽しみです。

|

2019年10月20日 (日)

本が届きました

Image_20191020215001

予約注文していた本が届きました。ポスト投函で、お昼よりも少し前に到着です✨

今日は、母と一緒に出かけていたので、帰ってから読もう💖と思いつつも、先にダンテさんの動画を見ておこうとか、他の事を先に済ませてしまいました。

瞑想の合間と、寝る前にじっくり読みます📕

12/2に、眼科の予約を入れてたのですが、大事な用事が入ったので、明日にでも忘れないうちに予約をずらしてもらいます。

|

2018年9月 9日 (日)

近年の書店の店頭って

数日前に書店に行ったのですが、一番に目に付く所に置いてあるのは、子ども向けの本や雑誌である場合も多いですよね。
以前は小学館系の月刊誌が専用のラックに並んでたのが、入り口付近に置いてあるくらいだったと思うけど。
近年、漫画本も買わないので、ごくたまにしか行かなくなってて、なので、店頭の変化には気が付きやすいのでしょうかね。
目立つ平置きの所に、やたらと“う○こ”ネタと “お○り”ネタの キャラクターイラストを配した本が陳列してある💧
さらに、隣の子ども向けの本の平置きには、“う…“? ウインナーソーセージだった😅
それはフライパンの上に乗ってる絵なんだけど、近くにあると 紛らわしい😆

何がどーして、近年の書店は“う○こ”に占拠されているのか。
きっかけは“う○こドリル”だろうけど、“お○り探偵”まで出て来て、次は何が出てくるんだろ?
情操教育?って、こと?
ホントかなぁ💧
イジメのネタにならなきゃいいけど。

それにしても、今の世の中の傾向は、戦闘する事が当たり前にカッコ良いと言わんばかりに、子ども向け特撮ヒーロー物が、年に幾つも放送されていますね。
で、放映終わったら、おもちゃ屋でセールとか。
次の放送のライダーとコラボして、ちょろっと出て来たり。
変身ベルトを買ってもらった子同士で、お互いがバトルごっこから始まって、すぐ本気で蹴りあったり。
特撮ヒーローが、“身近な人間の倒し方”の手本にならない事を願う。

|

2011年1月 1日 (土)

飼い猫が永眠しました

Nike09111404 まだ若かりし頃の写真。
一年ちょっと前のだと思います。
 今朝8時丁度頃に 永眠しました。
次の世界に生まれ変わる為に、ここから離れていくだけだという様な考えというか教えや、悟り?的な事も言われますが、やはり別れは辛いものです。
体力も少しずつ落ちていたし、高いところにも上れなくなり、次第に歩きもふらつき、歩けなくなり、立つのも無理になり、上体も起こせなくなり。
数日寒かったので、よけいに体力も使ったでしょうね。
ペットヒーターの意味とありがたさの分からない猫だったけど、昨夜は動けなくなってたので暖かくして寝かせ、少し早めに起きて様子を見て、それから1時間も経たないうちに息が止まり、心拍が停止しました。
14歳8ヵ月、平均寿命ではあるようだけど、もっと一緒に居たかったです。
年齢にもよる病気と、ほぼ老衰。
ヒーターも切って、ストーブからも離すと、もう戻らない時間が冷たさとなって亡骸を覆い、この場から急激に連れ去っていく何モノかに化けていく。
共に長く触れる者をも飲み込むように。

今日は元日で雨天なので、明日庭に埋葬です。
我が家に来た頃を思い出します。
その頃はデジカメも無い時代で、フィルムのカメラで撮った写真の中に幼い頃のがあります。

続きを読む "飼い猫が永眠しました"

|