2019年1月22日 (火)

2019年1月の瞑想の知らせが切っ掛けで、真実を知ろうとする方々へ

Return_of_light_meditation_fljapa_2

光の帰還の活性化瞑想、目標人数を達成しました
Cの記事も更新されたので、翻訳されたら 仲間のブログなどに掲載されます。

――2019.04.3 追記や削除など。――

さて、1/21の瞑想の事で連絡をした知人から返信は有りました。
明確に参加するよ、という内容ではなく、でしたが。
私は、どうでもいい相手に こんな大事な連絡はしません。
大切な友人知人に知らせています。
特に、ちょっとした趣味での天体観測や興味の範囲を、機械的にではない方面でロマンを求めるとか、考えるとか、そっちに広げていっても良いと思いませんか?

地球人は、宇宙人とのハイブリッドだと、以前のやりすぎ都市伝説でもやってたけど、そういうことなんだそうですよ。
まぁ、肉体と魂は別物ですが。
日本でハイブリッドという言葉で表現しちゃうとイマイチだと思うけど(;・∀・)

なぜ宇宙人が堂々と地表にやって来ないか?
この質問、する人多いけど、反対の立場になって考えてみた事ほとんど無いでしょ?
現在の地球人(主に権力層)が野蛮な事、闇の勢力(ネガティブな宇宙人)が地球ごと人質にしている事、見えない界の特殊兵器やトップレット爆弾がしかけられていて起動されると危険な為、というのが一番の理由。

その他に、地表の多くの人間の意識のレベルが低いから。
添加物、農薬、食、日用品、ワクチン、薬品、などなどの日常的な毒素の摂取による IQの低下など、このような事を調べた事も無い方がほとんど。
私が紹介しているこれらの状況を知る事が、他の事例や きっかけとして自分たちにやって来るのは、いつでしょうか。

興味が有るのに、自動ドアの前に立っているだけで、お店に入らない人…そんなに居ないよね。
楽しそうに出入りしている人の姿も見えていないような。

てな事で、これから初めて 地球と宇宙の真実、そして、地球人としての真実を知ろうとする方に向けて、記事のリンクなどをしていきます。

今後は、私の方から再度連絡する事はしない予定です。
あのチラシの内容以外は(・∀・)

すでに活動しているメンバーは、色々とやる事があるので、ご新期さんに1から説明する暇も手間も無いと思ってください。

自分たちで検索すればいいのですから、ある意味、空気読んでくださいって事ですけど。
すでに 出されている情報の中から、信頼出来る情報を見つけるのにも時間がかかるでしょうし、肯定も否定もあなた次第です。

いざ その時が来たら、ネットも寸断…… 知るという事では何も出来なくなりますから、今の内から記事を読んでってください。
自分に都合の良い所だけでなく、より多くを読んでください、記事は多いですよ。
ゆっくり読む? そんなに時間も無いかもしれません。
情報を正しく知り、理解すれば、それがあなたの自信や活路になると思います。

――――――
地球開放年表 ←要約されていて分かりやすい
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/blog-page_56.html

COBRAとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/cobra.html

PFC-JAPAN OFFICIAL← 信頼出来る記事です
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

PFC-JAPANとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/pfc-japan.html
※現在、この名称が付くグループは2つありますが、リンクのアドレスはOFFICIALの方です。
日々の瞑想と特別な瞑想を世界中の仲間と連携して行い、そのための音源を作っているのはOFFICIALのメンバーです。

※オフィシャルが付いていないほうのグループは、COBRAの情報とはズレた“偽情報”も扱っています。
そちらが瞑想音源のリンクや、OFFICIALのメンバーが翻訳して掲載した記事をSNSなどに掲載していても、同じグループのメンバーというわけではありませんので、ご注意ください。



ザ・イベント、完全情報開示 についての記事↓

イベントとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/what-is-event.html

コブラ・PFC関連動画集
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/videolist.html


闇の勢力とは?、操作、兵器 など↓

指向性エネルギー兵器
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/02/directed-energy-weapons.html

コブラ ベールの向こう側へ
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2014/02/blog-post.html

カバールの排除
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2015/05/blog-post.html

WWLMのHoshinoによるコブラインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2017/12/cobra-interview-by-we-love-mass.html

アルコンについての追加情報
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2012/05/blog-post_10.html

他にも重要な記事は沢山あります。
それについての記事は PFC-JAPAN OFFICIAL にてお読みください。
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

――――――
上のリンク記事も、ほんの序章と言ったところです。
もっと重要な記事は沢山ありますし、年が進み状況が変わった段階や部分もあります。
早くから活動している私たちは、今後、自分たちに関する大切な事柄以外の、ネガティブな事象=社会・生活環境、人間関係、ネット、場所、事柄、などには 関われなくなります。
そのような段階に入ったためです。
それを理解するためには、1/22の コブラ・アップデート 天の気泡の記事を読んでください。

遅ればせながら にでもこれから知って参加する意欲のある方は、私たちが数年間やってきたのと同様に、信頼出来る記事を探して読み、自分、自分たちで、この先の事を考えてください。
私達の時よりも進展した情報がすでに出ていますから、よりラクでしょ?

下記は、ここの私の記事ですが、イベントの準備として役立つように、ある程度の事は書いています。
http://fairylane.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/the-event-3-302.html

何が起きてもいいように、最低限の備蓄を始めていても 損はないと思います
これから先の、このような伝達を する段取りがもてるかどうか、わかりませんからね。

|

2018年11月23日 (金)

バラの姉妹団の存続について考える(2)

Doll04

同じタイトルの記事の続きです。
長いので二つに分けました。

ツインソウルの幻想に陥っている、グループ間の問題が多いようなので、Cの記事からの抜粋です。
書かれている事を読み解き間違いしたり、憑依・操作されているのに気が付かなかったり、それでグループを壊そうとしていますよね。

この記事に関するグループの方はもちろん、Cの記事情報を信頼している方も一度は読んでいると思いますが。
PFC-JAPANオフィシャルにある翻訳記事から、今の活動に必要そうな記事のいくつかを部分的に抜粋して、読みやすくしました。
※は、読み解き間違いなどに注意した方がいい部分や、議題になりそうなところです。

こちらから
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/05/taipei-ascension-conferenc.html

以下 抜粋・転載部分↓

――――――――――――――――――
.
2018
515台北カンファレンスノートより抜粋  これらの文意を正しく受け止める事

○スピリチュアル契約破棄文

I AM That I AM
の名において
私の魂の名において
光の勢力の名において
私はここに、闇の勢力との間に交わされたすべての同意や契約を破棄し無効とします。
私はここに、契約内容や契約からの効果に関わらず、これら全ての同意や契約および、その契約からの効果と潜在意識の洗脳を破棄し無効とします。
私はここに、不必要で、私の高次元の目的に相応しくない全ての信念体系を手放します。

私の自由意志をもって、闇の勢力の全ての影響から私自身が解放され、今後一切影響を受けないことを、ここに宣言します。
私はここに、私自身と光の勢力との間に完全な意識の提携を命じます。
私はここに、私の人生が至高の計画と完全に一致されるように導かれることを命じます。
私はここに、私と全ての人が幸福となるような奇跡の数々がその人生において顕在することを命じます。

I declare and decree that I AM a Sovereign Being of Light.
So be it, and so it is!)
私は主権を持つ光の存在であることを宣言し、命じます。
そのように命じます。そしてそうなります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この契約破棄文は、エネルギー攻撃を排除し始めます。
圧縮突破の後、全てのメディアは光の勢力の影響下となり、情報操作は行われなくなります。
完全に除去されない限り、プラズマグリッドは何度でもインプラントを施してきます。
インプラントは回転するブラックホールであり、周囲からアノマリー(異常)を引き寄せます。
インプラントの除去は惑星のグリッドの浄化に繋がります。
イベントはタキオンウェーブの最初のフラッシュです。

○インプラント

脳の前頭葉に二つの初期インプラントが存在します。決断のプロセスと、ソースとの繋がりを妨害します。

アトランティス時代に埋め込まれ、転生の度に続いてきました。私達が神ではないと信じさせる、強力な電気信号を受信しています。

物理的バイオチップもあります。視神経と繋がっており、眼と耳から入る信号を受信し、情報はキメラにリアルタイムで動画として送信されます。

この動画送信に対してウイルスを忍び込ませて邪魔することが可能です。

プラズマインプラントは、皆さんとソースの繋がりを妨害します。同時に、アイデンティティーの分離も促します。

このインプラントを壊すと、サマディ経験(覚醒)をして自分が何者かを思い出します。

第二のインプラントはおへその上にあります。男性性と女性性の分離を促します。そこから、2つの相反するプログラミングを受けています。

このインプラントは感情とクンダリーニのエネルギーを操作しています。

解放プロセスを妨げているのがこのインプラントです。惑星X3週間ほどで解放されましたが、それほど強いインプラントが施されていなかったためです。SSP(秘密宇宙プログラム)に従事している人も強力なインプラントを施されています。

このインプラントは、女性に対して「セックスは愛」である、一方で男性には「セックスは愛ではない」というプログラミングをします。
(訳注:正しくは、女性は、セックスのない愛、男性は、愛のないセックスをするプログラミング)

○愛の銀河ウェーブ

銀河全体の再構築となるでしょう。
(
筆者注 この銀河だけでなく、全ての創造物に影響する宇宙的リセットと解釈した。銀河のセントラルサンから発せられるパルスが引き金となる。)

エネルギーが銀河の愛のウェーブを増進するにつれ、銀河のセントラルサンもより活発化してきています。女神のエネルギーも地表に帰還することで、この愛のエネルギーは、破滅的なことが起こらずに移行期間を終えられるようにしてくれます。人類がこの移行期を生き残るために、最も重要な要素です。

女神のエネルギーは純粋な女性性のエネルギーです。銀河のセントラルサンは準備ができた人を活性化するでしょう。女性はこのエネルギーの持ち主でもあります。

女神の原型と繋がって体現することは、この惑星で何千年もの間に作り上げられた信念体系を溶かすことができます。その頃に女神のエネルギーは抑圧され続けてきました。

それらのエネルギーが、この惑星に調和をもたらします。
ソウルファミリーはエネルギーと本質によって繋がります。メンバーは同じミッションと目的を共有し、お互いに無条件の愛を持っています。※1

アルコンは人格と生物学的領域に私たちを繋ぎとめることによって、分離を作り出しています(私達は人格という存在であって、血縁関係だけが家族だという考え)。これは社会の分離も作り出します。皆さんが魂のレベルで繋がり始めれば、社会に争いは存在しなくなります。

ハイヤーセルフと繋がれば、魂のレベルで他人を認識することができます。そのため、特に男性性と女性性のプログラミングに関係しているインプラントを取り除く必要があります。これらのインプラントはおへその上にあり、男性性と女性性の対立プログラムを生成しています。

ソウルメイトの繋がりは、ソウルブラザーやソウルシスターよりも深いものです。ソウルメイト同志には磁力的に引き合う力があるので、お互いがそれを認識して、十分安全な環境が存在すると感じる状態であれば、深い変容をもたらします。創造の全レベルでの神聖な融合(メンタル、感情、物質)はポータルを開きます。これは不死への鍵の一つです。女神の秘儀の一つでもあります。※2

神聖な融合は、クラウンチャクラへのクンダリーニの上昇をもたらします。そして完全なトーラス場の活性化となり、若返りのプロセスが始まります。

ソウルメイトやツインソウルとはアセンションの時が近づくにつれ、出会うことになります。※3

ソウルメイトが出会う時、インプラントが起動し、幼い頃のトラウマが蘇ります。それらは育児放棄されたトラウマや窒息しそうになった時のトラウマです。

アルコンは対立のプログラムを施して、融合を妨害します。それでもソウルメイトが意識してプログラムに向き合えば、神聖な融合を果たして惑星のグリッドに愛のエネルギーを送ることができます。


ニューアトランティスの段階は以下を含みます

1.
チンターマニグリッド
2.
エネルギーグリッドにいる愛のあるカップル

 

ナローゲートウェブ

テオティワカン

ワールドトレードセンター

ボストンマラソン爆破事件

サンディフック

ストーンヘンジ

ダマスカス

イラク

 

これらは全て惑星を横切るレイライン上にあります。これはハッスーナ・サマッラ・ヴォルテックスとして知られ、女神エネルギーの入り口です。
アルコンは、合体ができない時の異常なエネルギーを取り込んで、これらの場所に置くことで不安定状態を作り出します。
ツインソウルは同一でありながら対極の魂を持つ2名です。物質界に転生する前に、対の存在として二つに分離しました。その繋がりはソウルメイトより更に強力ですが、(アルコンのプログラムによって)ほとんどの人は生きている間に絶対に会えません。 ※4

○女性 ※5

「ツインソウルの幻想」は、女性性を操作するためのアルコンのプログラムです。(このプログラムによって、女性はツインソウルとしての期待を男性パートナーに求めるため、関係はやがて崩壊する。女性はパートナーにツインソウルと同じようになって欲しい。)更に、女性は性交はツインソウルとしか許されていないと信じ込んでいます。

 結婚も一つのプログラミングです。結婚式はそれに関するプログラミングを起動する儀式です。夫は期待される完璧さを発揮できず、離婚に至ります。

 ハリウッド映画はこの洗脳を推進しています。

 女性は自分の感情とうまく付き合うことを求められており、感情への対処ができています。感情を感じることはできますが、性を感じません。

 逆のプログラミングが男性に施されています。

 男性と女性の基本となる対立プログラミングは、全ての戦争の原因です。

 女性の性の解放が平和のための鍵です。

女性のプログラミングはアトランティス時代に始まりました。アルコン侵攻も複数回ありました。5,000~,000年前の最初の侵攻と、1,600年前の侵攻は、女性をターゲットとしていました。レイプ、抑圧と暴力、変態的行為をもってして、女性のエネルギーを歪めてきました。その更に前の時代では、巫女は自分の身体に女神存在を呼び出し、クンダリーニのエネルギーを使い、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を癒していました。

銀河の愛のウェーブは、特に男性性と女性性の歪曲といったエネルギーの変容を開始します。

人間の体に転生したレプティリアンとサイコパスは、女性の中の男性に対する信頼を破壊するために動員されました。浄化のプログラムによって女性に安全が確保されます。人口の35%はレプティリアンのハイブリッドです。この状況を正すことで、性を巡る諸問題も綺麗に片付くはずです。

このプログラムは人格の分裂も引き起こします。女性は表と裏の顔の二面性を持っているという意味です。女性は性エネルギーを正直さとバランスを伴って表現できるようにしなくてはなりません。性的融合とクンダリーニエネルギーは光のエネルギーです。かつての上級巫女は、女神エネルギーを地に定着させて人々に平和と調和をもたらしていました。その国の王との性的融合もありました。国のリーダーが女王であった場合は、男性の上級司祭が儀式の相手を務めていました。

一夫一婦主義もオリオンから来た洗脳です。女性は男性の所有物であり権利を持たないという扱いです。これは領地と同じ概念の洗脳です。

人と人の関係についての約束は、お互いにエネルギーを捧げるための意識的な決断です。至高の原型であり、さらに関係を深めるにはI AM Presenceの意識の決定も必要となります。


自分自身を浄化することで、コンタクトの潜在値が上昇し、本当の自分に近づきます。本当の人生を歩み始めます。

目覚め
活性化
ミッションを思い出す
そのために生まれてきた
今が最終段階
全ての力を尽くそう!

今こそ、その時!

|

バラの姉妹団の存続について考える(1)

Roseofvenus3fairylane

本来の大事な事を忘れているかもしれません。

何か問題が起きたら、自分のグループ内の、出来るだけ多くの仲間の話を聞いておいた方が良いと思います。

私なら、可能な範囲のメンバーの話を聞いてみます。
自分に無理のない方法でしか出来ませんが、すでに火種のある相手同士では話し合いにならないですから、双方の話をゆっくり聞けるやり方でね。
直に会えない場合は-文字で。
直に会わない方が良い場合も-文字で。
会って落ち着いて話せる相手には-直接話します。
私はゆっくり考えないと 順序良く話せないので、そのペースにてお願いします

多すぎると意見が纏まらないグループもあるかもしれませんけど。
多数決に沿っているように見える場合もあれば、そうではない場合もありそうですけどね。

問題が起きて、誰かに丸投げも、任せっぱなしも、音沙汰無しも、解決には遠いよね。


以下は転載・抜粋したものです。
関するグループの方はもちろん、Cの記事情報を信頼している方も一度は読んでいると思いますが。
PFC-JAPANオフィシャルにある翻訳記事から、今の活動に必要そうな記事のいくつかを部分的に抜粋して、読みやすくしました。
※は、読み解き間違いなどに注意した方がいい部分や、議題になりそうなところです。

以下は 抜粋した転載部分↓

――――――――――――――――――

 

 

バラの姉妹団の活性化 2018.6.16 以下はPFC-JAPANオフィシャル掲載の文書から部分抜粋しています。全文は各記事でどうぞ。

バラの姉妹団グループは、地球のチンターマニのエネルギーグリッドを保管して、圧縮突破のエネルギーを送る事になります。SORのグループは、ボルテックス(渦)の交点として、ソウルファミリーのメンバーの出会いを促進します。
それが、地球のソウルファミリーのマンダラのスピリチュアル的な活性化をもたらします。
地球のソウルファミリーのマンダラの構成員の間に前向きな感情面でのつながりが形成されることで、圧縮突破への道のりを加速化します。

 

SORのグループに対する一般的な指示内容はごく単純です。
.
まず、みなさんのSORは女神の寺院です。
日本語訳女性神殿
.
第二に、女神の帰還瞑想と女神のボルテックス瞑想を行います。
そちらのやり方はここに書いてあります。
日本語訳女神のパワー
.
第三に、性的ヒーリングの瞑想を行います。
――――――――――――――――――
女性神殿 2018.06.17
.
○本当の意味で女性性の輝きを体現するためには、目覚めた女性達の文化によって他の人を目覚めさせ、育成していかなければなりません。
.
女性神殿グループでは、メンバーはお互いに「自分たちが何者なのか」を同時進行的に思い出していきます。
.
自分のプライベートな問題や欠点に焦点を当てて現状維持をするのではなくて、女性神殿グループでは恐れやセルフイメージの限界を越えて、メンバー同士の繋がりを作ることができます。
.
この深みで、「本当の自分」または「内なる導き」に身を任せることが可能となります。
それは競争によってリーダーの座を勝ち取るためにボロボロになったり、エゴ丸出しの心の状態とは無縁のものです。
.
女性神殿とは、心理療法団体や互助会とは異なります。
お互いを鏡のように映し出し、祝福し、活力を与えるための「空間」なのです。
その空間では仮面を外すことができ、全ての栄誉と苦痛、情熱と弱さを持った、あなたの美しい本当の顔をさらけ出すのです。
.
女性神殿では、一人ずつではなく集団で会います。
そして一人ずつの女性性も集団の女性性と同じように癒され、祝福されるでしょう。

 

「体を確かめる」という基本的な考えのもと、ダンスなどの身体を動かすことに時間を使います。
お互いに敬意と慈愛を持って触れあって、体をほぐし合ったりもします。最も女性らしさが際立つ部分と言えます。※1
.
○どこに女性神殿がありますか?
.
女性神殿グループ会合は、女性達の家やレンタルスペースなどで開かれます。
プライベートなグループの場合もあれば、だれでも参加自由なグループもあります。※2
.
毎週会合を開くものもあれば、もっと少ない頻度のものもあります。
.
神殿は神聖であり、敬意をもって扱うべきです。
.
尊敬の念をもって、出来るだけ正直な意図をもって参加しましょう。
.
上辺だけの雑談や世間話をするところではありません。
心の底からの話を探求する神殿です。
.
最も大事なのは、「喋ることなくコミュニケーションをとれる」ようになることの探求です。
.
以下は世界のコミュニティーの基本理念となるガイドラインです。
目覚めたすべての女性は、これをよく読んで実際の行動に反映していってください。
.

 

目覚めた姉妹の宣言文

 

あなたに正直でまっすぐになることを約束します。
自分自身に責任を持つことを約束します。
助けが必要な時は、助けを求めます。
一人になりたいときはそう言いますが、
あなたがどうこうという問題ではありません。
あなたを治すのではなく、
あなたの話を聞きます。
あなたから聞いた話の秘密を守り、噂話などしません。
他の人にあなたを否定する話をしたりはしません。
あなただけの個性的な美しさと才能を祝福します。
あなたに合わせようと自分を抑えることはしません。
いつもと同じようにして、あなたを支援します。

 

.
是非ともこの宣言文を他の人と共有してください。
.
Awakening Women
の名前と www.AwakeningWomen.comURLだけ付け加えていただけますと幸いです。
.
○自分のグループを作るには、どうすればいいでしょう?※3
.
神殿グループマニュアルには豊富なガイドラインが載っており、素晴らしい女性神殿の創造をサポートしてくれるでしょう。次のような助言があります。
.
・できれば練習で発現を経験したことがある、少人数の女性で始めましょう(ネバダシティのグループは二人の女性から始まりました!)
.
神殿を作るのであって(自然で、女性的で、楽しく、深い、神聖な寺院です)、セラピーグループを作るのではありません。
.
・シンプルな会合にしましょう。始まりと終わりに儀式をやったり、実施時間を限ったり。そして最初のうちはそれをきっちり続けていき、集中と尊敬の文化を根付かせましょう。(神殿グループマニュアルに具体的なエクササイズの詳細があります)
.
・お喋りはできるだけ控えましょう。言葉よりも深い、あなた自身の才能を使いましょう。話すのは必要な時だけにしましょう。
.
世界中で女性神殿グループが立ち上がり、素晴らしいスピリチュアルな目覚めを促すよう活発に活動するグループもあれば、悪化してしまい消えてしまったグループもありました。
その経験から、以下のようなアドバイスがあります。
.
○神殿グループ繁栄のヒント
.
・スピリチュアルの実施の場として、神殿への貢献をすることです。練習のレベルは、メンバーの貢献度のレベルに左右されます。
.
・グループを起ち上げたメンバーは女性性を体現している人であることです。練習をしっかりやってきたリーダーが必要です。
.
・リーダーは自己中心な野望を持たず、みんなの善に焦点を当てる人であることです。
.
・グループのメンバーは神殿マニュアルを読み、よくある互助会との違いを理解することです。
.
・女性達の神殿を優先し、最も神聖な贈り物として受け取ることです。
.
本当の教え手は、グループそのものです。
.
リーダーはそれに仕え、皆の知恵と働きがうまく回るように努めることです。(こちらについては
リーダーシップ訓練も併せてお読みください)
.
○神殿グループが上手く働かない理由 ※4
.
・「体を確かめる」練習を辞めて、自分の頭の判断方を信頼してしまう。
.
・早い段階でリーダーシップを希薄にしてしまう、そして練習法を多く採り入れすぎてしまう。
.
・神殿の時間内にお喋りをしすぎてしまう。
.
・神殿を軽率に見てしまい、空間に神聖さを失わせてしまう。
.
○神殿の日を決めて、あなたのコミュニティで始めましょう
.
神殿グループを作りたい場合は、まずは練習をして女性性を体現できるようになりましょう。刺激を受けて!
.
The Art of Leading a Woman’s groupではチャメリ(この記事の著者)が話しているオンラインのクラスを聴くことができます。
.
Source:
Awakening Women

 

Posted on January
27, 2018
 
Chameli Ardagh
.
――――――――――――――――――
女神のパワー 2018218
Power of the Goddess
http://2012portal.blogspot.jp/2018/02/power-of-goddess.html
.
いま地球開放プロセスの終了段階に突入しているので、移行期を安定させて地表に蔓延している残虐性を打ち消すために、女性的な女神の存在とつながり、愛、同情、優しさを育むことが最も重要です。
.
地表の住人は、柔和で他者への思いやりが弱さであると信じるように洗脳されています。この洗脳はアルコンが作り、イエズス会とイルミナティネットワークを介し、次にマスメディアを通じて、アルコンが地表住民に適者生存という用語で広めたものです。
.
この用語は、女神の思いやりのエネルギーを抑圧するために地表住民の間で拡散されました。女神の思いやりのエネルギーは、闇の勢力が最も恐れるものだからです。
.
いま、思いやり、愛、柔和なエネルギーが地球を究極的に変容させて、地球からすべての闇を排除している光の勢力の支援となることを理解してください。柔和さは弱さではありません、究極の力です。
.
そしていま、すべての女性は自分の魂の思いやりの部分を前に出して表現し、そのエネルギーを地球のエネルギーグリッドに定着させて、薔薇の姉妹団の他の女性たちとつながってください。
地球開放のためには、できるだけ多くの住人が以下の2つの女神瞑想をできるだけ頻繁に行うことが非常に重要です。
.
女神の帰還&渦瞑想 ※5
この瞑想を指示通りに行ってください。内容を変更すると望んだ通りの効果が得られません。
.
私たちそれぞれにある崇高な男性性(英雄)の存在も、活性化される必要があります。英雄は復讐や無力な怒りを超越して、すべての神聖で美しいもの、地表に蔓延する闇の残酷さに自ら対処できない全ての子供たち、女性、男性すべてを守るために、全力で激しいパワーをもって整然と闇を排除する戦士です。
.
遠い昔、英雄の武器は文武(刀と筆)でした。いま、武器となるものは一貫性のある思考とスカラー波防御装置とコンピューターのキーボード、そしてミョルニルです。
日本語訳:
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2018/02/working-with-mjolnir.html
.
英雄は、地球の苦しみの全ては人工的に作られたものであることを理解しています。英雄は、人類の目覚めを無理強いすることもできないことを理解しています。というのも、ドラコに占領され、恐ろしい幼児虐待があり、数えきれない苦難に満ちた地球から目を背けて自分だけの楽しい世界に逃避せざるを得なかったからです。それはベンジャミン・フルフォードの読者AHZが、それをうまく表現しています。
https://benjaminfulford.net/2018/02/14/comment-one-recent-articles-dated-feb-6th-2018/
.
いま、私たちそれぞれが女神と英雄の原型を自分の中で一体化して完全体となり、お互いに争うことを止めて、この地球開放プロセスの最終段階において統一するときがきました。

 

 

|

2017年11月 9日 (木)

C情報の過去記事2015年から、私のおすすめ

私が気になった部分や、当ブログに検索で来られる方たちにも、読んで知ってもらう切っ掛けになるような、興味を引く記事を選んで紹介している2015年分です。
インタビュー形式の記事では、宇宙や世界の背景や出来事について、「イベント」に関する質問への回答もあるので、知りたかったことが見つかるかもしれませんよ

まだ過去記事から読みなおしながら進めているいる途中なので、過去の記事から順番になりますが、後の記事の中では 説明が増えたり、状況が変わっている部分もあります。
なので、順に読んでいても 気になるズレが少ないように、掲載されている日付を順に、2014年頃の記事から選びました。
この記事には、2015年日付のものを紹介していますので、16年度以降の記事も順に読んでいくと、進展具合を確かめながら読めると思います。

2014年1月13日 UのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2015/01/blog-post_13.html

2015年1月19日 プロテクション
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2015/01/blog-post_19.html
※参考程度に

2015年1月20日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2015/01/blog-post_20.html

2015年2月16日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2015/02/blog-post_29.html

2015年2月22日 PFCチームによるCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2015/02/pfc.html

2015年3月15日 UのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2015/03/blog-post_15.html

後日も追記します。

|

2017年11月 1日 (水)

C情報の過去記事2014年から、私のおすすめです。

私が気になった部分や、当ブログに検索で来られる方たちにも、読んで知ってもらう切っ掛けになるような、興味を引く記事を選んで紹介します。
インタビュー形式の記事では、宇宙や世界の背景や出来事について、「イベント」に関する質問への回答もあるので、知りたかったことが見つかるかもしれませんよ

まだ過去記事から読みなおしながら進めているいる途中なので、過去の記事から順番になりますが、後の記事の中では 説明が増えたり、状況が変わっている部分もあります。
なので、順に読んでいても 気になるズレが少ないように、掲載されている日付を順に、2014年頃の記事から選びました。
この記事には、2014年日付のものを紹介していますので、15年度以降の記事も順に読んでいくと、進展具合を確かめながら読めると思います。


2014年6月14日付 宇宙女神の活性化
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/06/blog-post_14.html

2014年6月18日付 ISIS?
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/06/isis.html

2014年8月1日 RのCインタビュー①
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

2014年8月26日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/08/blog-post_26.html

2014年9月23日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/09/blog-post_23.html

2014年9月24日 ウンタースベルク山/Vril Women of WWⅡ(参考記事)
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/09/vril-women-of-ww.html

2014年9月30日 UのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/09/blog-post_30.html

2014年10月20日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/10/blog-post_20.html

2014年11月5日 UのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/11/blog-post_5.html

2014年11月23日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/11/blog-post_23.html

2014年12月23日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html
【この記事の抜粋】↓
〇睡眠障害/睡眠中の行き先

R:一時間しか眠れない女性がいて、その友人が心配して質問してきました。深い睡眠を取れなくなっている人に、あなたはどんなことを勧めますか?

C : オーケー。それが示している一つの可能性は多大なストレスです。過度にストレスがかかると、眠りに入ることが出来るほど十分にリラックスできないことがあります。別の可能性としては、スカラー・ネットワークや非物質的エンティティの干渉があげられます。自然の中に入っていき、何日か過ごしながら、電磁気の害が及ばないところで眠ることをお勧めします。

R : ええ、素晴らしい提案です。気に入りましたよ。電子機器がないところで寝起きすることなんてなかなかないですからね。もう一つ質問が寄せられており、アストラル界が一般的な回答になるのですが、「寝ているとき私たちはどこに行くのですか?」

C : 肉体をそのままにして、あなたのエーテル体が肉体から抜け出ます。そして時にはアストラル体で周りの環境を探ったりもします。ですからどこへ行くかは、あなたの意識レベルと眠りの深さによります。あなたの意識の焦点が物質的身体から高次の非物質的身体に移ります。もちろん再び目覚めるときには元に戻っています。

R : すると、意識は地球惑星を越えたところに行くかもしれませんね。

C : 意識が十分高くてベールを突き抜け、プログラミングから抜け出ることができれば、その可能性はあります。

(転載元 NC)

【記事抜粋終わり】↑

年代が進むごとに、以前の記事に書かれている事が進展し、状況が変わっている部分があります。
当方の このブログ記事に紹介している内容は、2014年の時点で公開されたものである事をご理解した上で、読み進めてください。
上記の抜粋のような回答も記事の中にありますので、興味のある部分を探しながら読むのも いいと思います。

|