2022年7月20日 (水)

今後の近いうちに起きる、地球の転換期 THE EVENT

COBRAの最新のインタビューの日本語翻訳記事↓

🌏2022年7月のコブラインタビュー(2022.07.10) https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2022/07/new-cobra-interview-june-2022.html

ーーー部分転載↓ーーー

Q.解放後、いつまでお金を使うのでしょうか?

A.イベントの瞬間に金融システムのリセットがあり、その後、金融システムはゆっくりと段階的に縮小され、ポールシフトと最終避難の瞬間に完全に消滅することになるでしょう。

Q.地球全体がフリーエネルギーとレプリケーターだけを使うようになるまで、解放後どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

A.これも、ポールシフトと最終避難による変容が完了するときに起こります。

Q.解放後どのくらいで地球の人類は、新しい、若い、癒やされた身体になるのでしょうか?

A.ほとんどの人類は避難し、避難後にマザーシップで一定の調整と癒しのプロセスを経て、若く癒された肉体を手に入れることになります。ほとんどの人類は「イベント」の前にかなり劇的な癒しを受けますが、最終的な変容はマザーシップで起きます。

ーーーーーーーーーー

全ての内容は↑記事のリンク先でお読みください。

 

上記事の内容を動画にした物をYouTubeに掲載してくださっています😃

その他にもCOBRAの記事の翻訳されたものから動画を作っておられますよ。

アクエリアスの島 さん→イベント後「人類、動物、お金、エネルギーはどうなるの?」【COBRAインタビュー】 https://www.youtube.com/watch?v=p6UUxSmheBw

動画は読み上げと文字の両方なので分かりやすいと思います☺️

 

記事のリンク先から、そのサイトのトップページ、過去記事から現在までの全てをお読みになると、これからの事が分かるのではないでしょうか。重要な記事だけでも読むといいのですが、それだけでは全部の記事を読んだ事にはなりません。

 

要は、どこで何を読んだり聞いたりしたか、そのきっかけから自分で調べた事が 多いか少ないか、それらの矛盾点や共通点が見付けられるか、自分の心にしっかりと届いている=感動と信頼か、だと思います。

信じられない、理解が無い というのはその辺の 違い や 差、興味、という事でしょうから。全く知らなかったことに対しては そうでしょうけど、住んでる地球に関する事には関心があるほうがいいよね。

誰かに誘われてみたから何となく なのか、教祖みたいな(そう思われないように雰囲気作りしてる人も多い)相手に寄っていくのか。

自分は何かを求めていないといけない とズレた風に考えてる人。

兎に角 人付き合い、他人が作って引き連れているグループに 場違いに干渉しようとする人。

色んな人が居ますからね、発信者にも 見る側にも。

地球の移行期に関しては、解放する=新時代、に向けて 発信者の情報や それに伴う行動が同じ方向性なら、すでに地球は解放状態に入っていたのではないでしょうか? 遅すぎてない? まとまりが無いから、デタラメと 何割かのウソを混ぜて発信している自称スピリチュアルリーダーの所に、感情的にすがるような人が集まって行くし、その数だけバラバラになってるのでしょう。それもある意味の魂の段階かも知れないけど。

見えないワルモノの操作によって思考を乗っ取られて、その状態の人が居るグループが分断されて、そのような状態も含めて、正気でいられるスターシードやライトワーカーが選別されている なんて言われてもピンと来ないでしょうね。

明らかに、悪意を持って邪魔をしてくる人もいるし、自覚も悪気も無い 完全に狂った人が意味不明な事を書いてよこしたり。

色々とスピを読み漁ってる方も多いけど、COBRAの記事から自分に都合の良い事だけ 自分発信みたいに利用するのは良くないです。

これからの状況が気になって迷って色々見てる方も、せめて残り3択くらいに来たら、COBRAの記事を読んでほしいと思います。

クラウドシップについての情報を言ってるのはCOBRAだけでしょうか。それらしい雲を見つけると嬉しくなります。

COBRAの情報では、ポールシフトの津波より前に、地表の人間は(ほぼ)全て避難する と言ってますよ。自力で何とかしなさいと放ったらかすなんて言ってません。善意の地球外生命体の皆さんの宇宙船に引き上げてもらえます。ポールシフトで生き残るのは、地球の人だけでは無理だからですよ。どの様な地表の変化になるのか、今は未知ですけどね。この善意に対して完全に拒否したら分からんけど。

2012年以降、COBRAからの重要な情報は世界各地の COBRAを信頼している方達が翻訳していますし、その記事もずっと公開してあるから誰でも探して読むことが出来るんです。気付いて読んだ人達が これは重要だと周りの親しい人達に 教えてあげてもいいのですが、拒否して聞く耳無い相手に無理に伝える事はしていません。何故だか分かりますよね、理由は複数あるでしょう? 自らCOBRAの情報を知って読み続けて信頼し、世界同時瞑想などに参加するまでに至れる方が 増えると嬉しいです。

他のスピの所では、リアルタイムで情報にたどり着いた一部の人だけしか助からないと言ってませんか? どの様な方法で助けるのでしょうねぇ。

 

スピリチュアルって言うけど、意味は、

ラテン語由来のキリスト教用語【霊的であること、霊魂に関するさま】

英語【宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄。または、神の、精霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する宗教形態】、

とウィキペディアに書いてありますね。

英語では ほとんど宗教用語にされてしまっているような印象。この用語も 毎ん度混沌ロールね〜。

スピリチュアリティ【霊性、精神性】

スピリチュアリズム【心霊主義】→に関わる意味では霊的とも呼ばれる。〜だそうです。

 

なので 私は、スピリチュアリティ と言うのがいちばん良いのかな と思います。知らない人に日本語で言っても意味が分からないようなので、他の単語を付け足して説明して、宗教じゃ無いから とまで言うことになっちゃいます。シンドイ💦

以前にも調べたけど、訳が難しいとかで曖昧な表現が多いのですね。

|

2022年2月13日 (日)

アセンション計画最新情報【転載記事です】

アセンション計画最新情報 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) より転載いたします。
文字の色付けなどのアクセントは当方で加えています。
※記事内のリンク先のいくつかの記事をTrattoria Il Delfino (livedoor.blog)さんが翻訳掲載してくださっているのでリンクを貼らせていただきます。
いつも ありがとうございます(*´ω`*)

2022年2月12日土曜日

アセンション計画最新情報

http://2012portal.blogspot.com/2022/02/ascension-plan-update.html

惑星地球のアセンション計画の次を発表する時が来ました。

アセンション計画に関する一部の情報は、すでに以前のアップデートで公開されています。
http://2012portal.blogspot.com/2016/03/the-ascension-plan.html

日本語訳
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2016/03/blog-post_7.html

それ以来計画は進化し光の勢力から新たな情報が出てきました

最も重要な内容は、1975年から2025年のアセンションの窓は2025年に閉じられるのではなく、永久に開いたままであると光の勢力から伝えてきたことです。
これはエネルギーが増加し続けることを意味しており、2025年以降アセンションのエネルギーは銀河のセントラルサンから私たちの太陽系を通って地上に向かって永遠に永続的に流れていきます。

光の勢力は本件とイベントの時期との関連性についてのコメントを拒否しています。
私が持っている情報に基づいて経験則により推測すると、2つの可能なシナリオが考えられます
第一のシナリオは、今から3~15ヶ月後にイベントが発生し、その後2025年の銀河パルスまでの間に地上の人間社会が急速に変化していくとの予測です。
(📝2022年5月中旬~2023年5月中旬の間くらいでしょうか)
第2のシナリオでは、「イベント」は2025年、銀河のパルスはその数年後の2030年よりも早い時期に起こるとの予想です。
これらの日付は光の力で直接確認されたものではなく推測であり間違っている可能性があることをご了承ください。


また非常に重要なことは、2019年夏にプロジェクト501が崩壊したことでアセンション計画に大幅な変更があったことです。
そして、光の勢力が明確に理解したことは、物理的な直接介入が無ければ地上の人類は癒しと解放を受けることができないこと、そして闇の勢力が地球を破壊することなく安全に直接介入できるようになるまで、地上の社会は徐々に崩壊してゆくことです。
そのため、イベントと銀河のスーパーウェーブの間に3つのアセンション波を設けるという当初の計画は、高望みすぎて修正しなければなりませんでした。
というわけで、こちらが改訂版のアセンション計画です

まず、銀河のセントラルサンからの増加したエネルギーが、地球周囲と以遠に残留しているすべての量子や亜量子の異常を浄化し続け、光の勢力がすべてのネガティブな非物理的エンティティ―除去を継続します。
初期異常の各種の除去について、かなり信頼できる手がかりがこちらにあります。

https://ascendliberation.blogspot.com/2022/01/current-anomaly-questions-assistance.html

Trattoria Il Delfino:現在の(初期)異常への疑問解消:最高の瞬間はもうすぐです (livedoor.blog)

 

2つ目は、第25太陽周期の太陽活動極大期に近づいてことで太陽活動が活発化し続けていることです。
初期の予測ではこの周期は2025年7月にピークを迎えるとされていましたが、現時点で科学者たちは2024年後半に太陽極大期を迎えると予想しています。

アレクサンダー・チジェフスキー氏の初期の研究によると、社会不安の60%は各太陽極大期の1年半以内に起こるとしています。

http://time-price-research-astrofin.blogspot.com/2012/03/alexander-tchijevskys-physical-factors.html

http://www.gorbanev.com/Chizhevsky.htm

したがって、2023年初頭から2026年初頭の間に社会的に大きな変化が起こることが予想されます
これは、現在の第25太陽周期の極大期の1年半にあたります。

Solar-max

これはPortal 2025と完全に一致しています。
http://2012portal.blogspot.com/2020/05/portal-2025.html

日本語訳
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2020/05/blog-post.html

ベインサ ドウノの予言とも
https://mauihawaiitheworld.wordpress.com/2015/08/03/the-prophecy-of-christian-mystic-master-beinsa-douno/

Trattoria Il Delfino:キリスト教神秘主義者ベインサ・ドゥーノの予言 (livedoor.blog)

すべてのネガティブなタイムラインは崩壊し、すべてのタイムラインはイベントに収束します。https://humansbefree.com/2021/11/project-looking-glass-insider-mankind-eventually-wins.html

Trattoria Il Delfino:プロジェクト「ルッキング・グラス」インサイダー。エリート」は未来を見てパニックになった - 彼らが何をしようとも、結局は人類が勝つ (livedoor.blog)

社会不安がピークに達し異常が十分に除去された時点で、光の勢力は現在の地上の非常事態を戒厳令にアップグレードします。

その内容は、地表の全住民が短期間(3~7日)の軍のロックダウンを受け、その間に大量逮捕が行われることです。
巻き添えを出さずに軍事行動の安全性を確保するために、人々は確実に家に留まるように指示されます
ポジティブ軍は量子パルス兵器を使ってネガティブ軍の武器を封じポジティブ軍の命令に従わない軍隊や民間人を瞬時に動けなくします

このイベントの計画には、まだ秘密にしておかなければならない大きな側面があり、それはほぼ誰にとっても大きな驚きとなるでしょう。

 

イベント終了後、地上の社会は数年かけて劇的な変化を遂げることになります。

地上の一般人は、マスメディアを通じて公開される暴露や開示に関する情報を咀嚼しながら、暗い過去の深い心の傷を癒し始めます

最も極端なサイコパスやソシオパスはイベントとその直後に地上から排除されますが、多くの潜在的なソシオパスは有害行動をとると速やかに排除されることを認識した上で銀河のスーパーウェーブまで社会に残り、危害を加えないように目立たずに静かにしています

システムを完全に一掃するには、かなりの時間がかかります

https://www.rt.com/news/540662-nazis-germany-prosecutor-office-inquiry/

Trattoria Il Delfino:ドイツがナチスを排除するのに要した時間が判明 (livedoor.blog)

 

イベントの後、大多数のライトワーカーは、ポジティブなエネルギー、天使、光の勢力からの多くの支援を受けて、大規模な癒しのプロセスを経験します。
数年後に銀河パルスが到来したときには、約2000人の人々が銀河のスーパーウェーブと惑星退避に合わせてアセンションの第一波でアセンションができる状態になります。

https://www.youtube.com/channel/UCh3JFQND70lnAPhb4c8VppQ/videos

https://www.youtube.com/watch?v=iHa042rtWn4

https://www.youtube.com/watch?v=nK6k585w784

 

アセンションの準備をしている人たちは、イベント直後に形成され始める「光の島」に住むことになります。

彼らはツインソウルとつながります。大半のツインソウルはマザーシップにいます。

https://intergalacticmatch.com/

https://www.youtube.com/watch?v=GxqVuuhZzZM

 

これまでの洗脳を超えて視野を広げ、魂レベルの関係を築き始めるでしょう。

https://www.welovefirstcontact.com/2022/01/pleiadian-energetic-clarification-of.html

Trattoria Il Delfino:プレアデス人のエネルギーによる魂の関係性の解明 (livedoor.blog)

 

退避の実施中に、アシュター司令官と銀河連合の艦船が地上の人類を銀河津波から救出します

https://archive.org/details/TheAdamAndEveStory_201904/page/n187/mode/2up

https://www.luisprada.com/galactic_federation_fleets/

Trattoria Il Delfino:銀河連合の艦隊 (livedoor.blog)

避難後に地球が変容を遂げた後、光に完全に調和した存在だけが光の島に戻って地球に再居住することが許され、その後比較的すぐに起こるアセンションの第2、第3の波に備えることになります。

 

人類は、1999年に地球のアストラル界から避難した約700億人の人類がすでに居住しているプレアデス星系の惑星に避難するために輸送されます。

1996年から1999年の期間に地球にやってきて以後 地表で人間のクローンとなって生活していたソシオパスやサイコパス、ドラコやレプティリアンが大半を占める約5億人の地上避難者は、進化のための最低基準を満たすことができず再編のためにセントラルサンに連れて行かれることになります。

これは事実上、宇宙全体の闇と苦悩が終焉し「光り輝く新たな周期の始まり」を意味しています。

 

Victory of the Light!  光の勝利!

 

翻訳 Terry

|

2021年4月17日 (土)

地域ごとのESGについて考える

16日は🌹活でございました。

新年度に入った頃は、連年メンバーにも忙しい方が多かった記憶ですが、何とか週1前後で続けられているところです。

今の内容は🌹のほうなのですが、ESGも兼ねているとして、それでも優先なのは🌹のほうですから、ESGsの方には、まだこの地域のグループとしての登録はしていないんですよね。初動によっては、家族範囲にしか チラシの内容のみ伝えるくらいしか出来ない場合もあるだろうし。

そうなると、🌹の活動として行うことの方が重要な事もありそうですよね。

今現在の時点で、イベント何々を知らない人と、話を聞いてくれても拒否感のある人には、ザ イベントについては事前に話しておかなくても良いだろうな、と最近考えてても そっちだなぁと思います。

少しずつ話して行っても、そうなった時は受け入れるとの理解を示す人だけでは無いからねぇ。

COBRAも、逆効果になる場合もあるので無理に話さないように気を付けてください、という意味合いの事を書いていましたもんね。

それは、集合意識もイベントの開始時期がいつになるかに関わってくるからですよね。

 

まぁ、地域のメンバーと1度集まって話し合えれば良いのですが、ESGの事での話し合いというのが、未だに出来ていないかな。

「その時が来ないと分からないから、その時になったらで良いんじゃない?」という意見があったのですが、頃なのせいでチラシを配るという事が難しくなった感もあるし、内容が〜〜なので、一般に対してのこの行動は行わない可能性もゼロじゃないだろうし。

だとしても、地域のグループが 何処にあるのか、重要な行動があった場合に備えて、動ける人を知る のは必要事項ですよね。

各区ごとにあると良さそうだけど、市に1つになるか、県で複数あるけど 空白地域の対応をどうするか。

体力と移動に制限がある人も居れば、あちこちに出かけるのが得意な方も居ますよね。

グループのメンバーと、やはり直にあって計画を立てておくことが必要だと思います。

そのグループの中でも人数に余裕があれば、🌹メンバーと、ESGのメンバーに、その時々で分担して 行う事も可能ですよね。

🌹のリーダーと、地区ごとのESGのリーダーを あらかじめ決めておく必要もあるし、動けば 責任は各人がもつ事だけど、情報をまとめる役も含めてリーダーが居た方が良いですよね。

それが出来たら、ESGsの管理者に伝える事で、イベント開始からの活動がスムーズになる事もあるでしょうから。

〜〜オフィシャルの方にESGsのリンクが無いので、現時点では 協力関係がまだ見えていない感がある気もしますが、闇に侵入されないように注意もしていただくとして。

特定の方のブログを見ていなかったら、何だか知らない所で 知らない人達だけで 勝手に決めてる、という印象も与えてしまうかな と、チラッと思った・感じ取ったのはあります。

webページの下↓↓の方だけに いつ追加更新したかも分からないリンクが貼られているだけでは、気付かない事もありますので、オフィシャルとして公式に 同グループの1つとして認められていれば、分かりやすい所に掲載しても良いのかな、とは思うのですが、連絡して来る人の中には、軽い気持ちや 中途半端に面白がってるとか、嘘や迷惑行為も含めた 相応しく無い相手もいるかも知れないし、それで堂々公開が難しい所なのではないかと私は思ってて。

なので、心も準備が出来ている、長い事 真面目にCOBRAの記事を読んで活動出来ている人達に向けて、で良いのかなと。

オフィシャルは、情報サイトで 記事置き場 という事で、そこで人を集めてるわけでもないですもんね。仲間探しは 皆んなそれぞれ個人が行動したから叶っている事です。

家族や友人知人関係者 だけに知らせる事だけしかしないつもりの人は、ESGに入って 広くボランティアをする事は出来ないだろうし。

賛同出来ない方が、掲載されている文書を無断で使用した場合は、トラブル含めて ご自身に責任があります。

主旨を理解して 協力して行動出来る方は後でも続いてくるとして、その方達の為にも、先ずは率先して行動出来る地域グループとリーダーが必要という段階でしょうか。

文書の公開も、ゴーサインがあってからになるのでしょうかねぇ。一般には配らない物なら、プリントも少ない数で済みますし。

重要な所に行く役目の方達だけへの公開になる場合もあるかな。

 

どんな状況になっても慌てなくて済むように、地域の仲間と話し合っておいたほうが良いと思います。

1番気になるのは、身近な人達に聞かれたことに対して、簡単に分かりやすく、しかも手短に、説明する内容が欲しいな と言うことです。

いざその時に、理解力も違う相手に 同じ説明で通じるわけないですよね。

記憶力に自信が無い、話す時にもたつく、そういう方も多いかと。

多くはテレビで放送してもらえるようになるとしても、その前に 壁のように人が押し寄せて説明を要求されたら、大事な初期行動が阻害されてしまいそうで。

個人の言葉で話すのが1番伝わりやすいと言われても、一般に話していい範囲としてマニュアルが欲しいです。

|

2021年3月 4日 (木)

イベントサポートグループの事

PFC-JAPAN OFFICIALに関連する、イベントサポートグループのサイトが出来ました。

https://www.esgs-jp.net/guidelines/

こちらは日本語のサイトです。

ーーー2021.10.12追記ーーー↓

⚠️上記の所から、記事を掲載する場所が変更されたようです。詳しくは、リンク先へどうぞ。

https://hontougaitiban.fc2.net/blog-entry-3093.html

読んで分かったことは、オフィシャルの中心メンバーと、ほんとうが〜さんの、イベントを周りに伝えるという行動に対しての意見のズレ、という事の様です。

一部の資料の作り替えをしている という事も、事前に知らされる事もなく、瞑想をグループ的に活動している多くのメンバーにとっても、21年3月、これは初耳だったんじゃないでしょうか?

ESGsに登録しても、地域でメンバーが探せるようなシステムではなかった様なので、意味をなさないと思って連絡を辞めた方も居ると思います。各質問の返しが重めでしたし。

すでに数年前から瞑想などに参加して、地域の🌹グループで活動していると、いずれはESGの内容の行動を兼ねるメンバーが必要な事も分かっていますよね。

PFC-JAPANオフィシャルサイトを知らない、イベント資料を読んでいない、翻訳されたCOBRAの過去記事から現在までの記事を、あまり読んでいない、そのような方の方が むしろ多いのかもしれません。

と言うのも、私は 元々パソコンから インターネットを使う用になっていたので、他には NDSシリーズと PSVITA という携帯ゲーム機のブラウザ機能でインターネットの軽めのページを見ていたし、以降もiPadという、比較的パソコンの表示に近い ネットブラウザで見ていたので、ネット上の記事を読みやすかったんですよ。

で、スマホを購入してからwebページを見るのに、スマホ表示 というのは文字は大きいけど、記事を探しにくいなぁ、と思っていたのですが、人によっては、グ〜chrome や Safari などのブラウザ機能では無くて、ブログのピックアップをするアプリ?のようなので 見ているだけの様な事もあるようです。

こんな、スマホの小さい画面で、手に持ったまま、長文を 読めます?  すぐに疲れるし、電磁波も気になるし。

これじゃ、多くの記事を早々に読める筈ないですよね。速読で紹介してくださっている所を見るので精一杯じゃない?

イベントのチラシを 自宅で ある程度プリントして配る予定でいたらパソコンを用意しているでしょうけれど、コンビニなどでコピー機を利用するにしても、資料はUSBメモリに入れておいて持ち歩いている、という方も居られましたけど、どちらにしてもパソコンが必要でしたよね。スマホが進化してきて、スマホにデータ有れば、コピー機も使える様になってきてるみたいですが。

当初のイベント資料も、これからは不要になるのかも知れないけど、しっかりと内容を理解出来るくらいに読んでおく必要があるはずですよね。

その上で、現状で行うに相応しい部分の可否を、自分の地域に合わせて考えてみる事を1度やってみて。

後に、別のメンバー登録と資料が作られて、? と思っていたのですが、重要な資料という物の公開は無しに、この資料のみ になったようです。公開されないのも、安全の為ですよね。

ーーー追記ここまで ↑ーーー

 

ここで言うイベントが始まった時に、行動出来る方のためのグループです。

基本的に、COBRAの翻訳された記事と、イベント資料を 全て読んで理解している事が前提の 参加登録や行動になるのではないでしょうか?

イベントサポートグループ=ESGsは、人道的なサポートを行うボランティアグループなので、薔薇の姉妹団とは別のグループです。

薔薇の姉妹団に加わっているメンバーの中には、ESGsと両方に加わる方も居ると思いますが、自分の地域のESGsの人数が充分な場合は、薔薇の姉妹団の方を優先した方が良いのだと思います。その時々の状況次第で決断すれば良いですよね。

|

2020年8月17日 (月)

久しぶりにドール写真を更新

単に写したものを並べているだけではありません。
今回の掲載は、THE EVENT についてを、ドールたちが話し合っています(*‘∀‘)
All20200812088
ドールは演者に過ぎませんが、一人で紙面に向き合っているだけより、楽しい感じに考えが進んだりします。
All20200812099
急遽、小さい撮影場所を作って写真を多めにとって、文章を考えながら文字を打ち込んで。
数日かかりました。

ご覧になりたい方は、どうぞ↓
http://fairylane.art.coocan.jp/dollp/fairylane-top.htm





|

2019年1月22日 (火)

2019年1月の瞑想の知らせが切っ掛けで、真実を知ろうとする方々へ

いざ その時が来たら、ネットも寸断…… 知るという事では何も出来なくなりますから、今の内から記事を読んでってください。
自分に都合の良い所だけでなく、より多くを読んでください、記事は多いですよ。
ゆっくり読む? そんなに時間も無いかもしれません。
情報を正しく知り、理解すれば、それがあなたの自信や活路になると思います。

――――――
地球開放年表 ←要約されていて分かりやすい
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/blog-page_56.html

COBRAとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/cobra.html

PFC-JAPAN OFFICIAL← 信頼出来る記事です
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

PFC-JAPANとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/pfc-japan.html
※現在、この名称が付くグループは2つありますが、リンクのアドレスはOFFICIALの方です。
日々の瞑想と特別な瞑想を世界中の仲間と連携して行い、そのための音源を作っているのはOFFICIALのメンバーです。

※オフィシャルが付いていないほうのグループは、COBRAの情報とはズレた“偽情報”も扱っています。
そちらが瞑想音源のリンクや、OFFICIALのメンバーが翻訳して掲載した記事をSNSなどに掲載していても、同じグループのメンバーというわけではありませんので、ご注意ください。



ザ・イベント、完全情報開示 についての記事↓

イベントとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/what-is-event.html

コブラ・PFC関連動画集
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/videolist.html


闇の勢力とは?、操作、兵器 など↓

指向性エネルギー兵器
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/02/directed-energy-weapons.html

コブラ ベールの向こう側へ
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2014/02/blog-post.html

カバールの排除
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2015/05/blog-post.html

WWLMのHoshinoによるコブラインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2017/12/cobra-interview-by-we-love-mass.html

アルコンについての追加情報
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2012/05/blog-post_10.html

他にも重要な記事は沢山あります。
それについての記事は PFC-JAPAN OFFICIAL にてお読みください。
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

――――――
上のリンク記事も、ほんの序章と言ったところです。
もっと重要な記事は沢山ありますし、年が進み状況が変わった段階や部分もあります。

遅ればせながら にでもこれから知って参加する意欲のある方は、私たちが数年間やってきたのと同様に、信頼出来る記事を探して読み、自分、自分たちで、この先の事を考えてください。
私達の時よりも進展した情報がすでに出ていますから、よりラクでしょ?

下記は、ここの私の記事ですが、イベントの準備として役立つように、ある程度の事は書いています。
http://fairylane.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/the-event-3-302.html

何が起きてもいいように、最低限の備蓄を始めていても 損はないと思います
これから先の、このような伝達を する段取りがもてるかどうか、わかりませんからね。

|

2018年8月19日 (日)

目を覚ませ、そろそろ起きなきゃダメだ!

以前にも掲載した写真と共に。

Image

Image_2

Image_3

Image_4

19日  02:11 と 14:11にも、前回の瞑想をやります。
今度はコーリーさんのチームで企画したようです。
自分の、しっかりとした参加意思が必要です。

イベントの遅れ過ぎを理解していたら、参加してほしいです。
イベントと アセンションが必要だという事を、多くのスターシードが舐めてかかってませんか?
2025年には、アセンションの窓が閉じてしまうんですよ!
ギリギリになって自分だけでホイッと良いところに行ける訳じゃ無いです!
闇の者達共々と一緒に天変地異のような苦痛に巻き込まれて苦しむなんて、私は 真っ平御免です❗️
インプラントやら見えない攻撃やら操作やら憑依やら、みんな操られ過ぎ!
スターシードなら条件は皆ほぼ一緒でしょう?
あとは、それぞれの環境や行動次第の違いで生じてる事に対処していくわけで、そういう事よ。
今サボんなさんな❗️

何もせずに、馬鹿にして、邪魔をする者は、最終救済の避難すら対象外になり兼ねませんよ。

イベントの答え合わせは、イベントが始まってから。

|

2017年9月10日 (日)

食事を兼ねた交流会に行ってきました

今日は、福岡での、仲間が集う食事会に参加してきました。
ホテルのレストランでビュッフェなんて、何年ぶりでしょう(^ω^)
種類は色々あったので、パンはちょっと妥協して1個と、野菜ものだけを選び、調味料は妥協です。
栗ご飯、丸いパン、和え物2種類、野菜サラダ(2回)、海藻サラダ、ブロッコリー、プチトマト、オレンジ系のフルーツ2切れ、ポテトサラダ(味見程度)、ジュース2杯、を食べました。

まずは食事をしながらの色々な会話、その後に それぞれ少し長い自己紹介をして、食事予定時間よりも1時間長く、レストランの方のご厚意で ゆっくりさせていただきました。
最初の情報伝達を、どの範囲でやるのが良いかという質問をして、皆んなで話したのですが、都道府県の庁などのトップは情報が行くような事らしいので、私たち各地域での、情報をまず伝えるのは、身近な所からが良いとの事です。
役所などは、その後でも良いような事なのかな?
まずは、自分の家族、親戚、友人・知人・関係者、ご近所、食料品店など、の順くらい?
消防やライフラインは、個人での連絡は難しいから、勤めている伝手がある人や、お役所に任せたいですよね。
緊急連絡網くらいはあるはずですし。
そうなると、地域での人手足りない所の援護も少なくて済むし、1人で連絡してまわる所も、難しい所に行く手間が要らなくて大助かりです。
昨日の表も、少し項目を減らせそうですね。
メールで情報を伝えるにしても、その内容の共通性は、チラシの部分だけで良いのかな?と思ったり。
まずはチラシ見た人達が、ネットで調べ始めて、そのうち混むだろうけど、テレビへの誘導が成功すれば、それも解消していく気はします。
先に知りたがる行動をするよりも、順序立てて日毎に知るほうが、記憶になりやすいですよね。

今日、始めて ライトマンダラを体験しました。
仲間が持って来て、食事会の部屋で2時間ほど照射してくださったのです。
水晶は3cmくらいなのかと思ってたら、2倍くらいの直径で、大きいものでした。
実物を見るのも初めてです。
仲間に会った事と、ライトマンダラのおかげで、夜の合同瞑想の時に、座ってても軽く 前に引き込まれて行く感覚が新たに増えました。
乗り物移動をしたからかもしれないけど(^-^)

帰りは、お車の方に送っていただいたので、4人で お喋りしながら移動して、海峡を少し超えた所でもう1人の方のお車で、自宅近くまで送っていただきました(*^_^*)
ありがとうございました(≧∇≦)
そのお陰で、自分が設置した石たちの近くをほぼ通り、元気してるんだろうかと声をかける気分で、愛おしく思ってました。
西から東に、エネルギー的なお土産を、繋いで持って来たかも知れませんね✨
今日の朝からの道中、バスの中から、追い越した車を見たらナンバーが7000で、帰りの車の中から見たのは、ナンバー7777、ガソリンの価格777、看板77、看板系7、ナンバー7777を2台(送ってくださった方の知人のもの)を見まして、凄い7メッセージです!
それと、黒い大きめの蝶々が二羽。
途中変わりダネで、ナンバー7289→ナニヤク→何焼く?は、ヤルダバでしょう🐙

楽しくて充実の1日でした。
ドール服に冬物が増えましたわ〜。

|

2017年5月22日 (月)

Cの古い記事から順に

Image

数日前から、C情報の記事を、古い順から読み直しています。
そこから1つずつ前の記事へと行かないと、カテゴリ?からそれごとの記事で探し難いような。
なので、1つずつブックマークしながら進んでは、ノートに要点を書き込んで、それも少しでは無いので、1つの記事に2ページ以上使ってるところもあります。
7つの記事を読み終えた所です。
今度は順に見てるから、読み逃しも無いでしょう。
手書きなので、いつでも好きな時に記事を探せるし、読めるのは便利ですわ〜
なので、時間がかかるけど、少しずつ 新しい記事に届くように書き進めていきます。
ノートのページが足りるだろうか? 同じサイズのA5ノートを補充しておこう。
出来れば 同じシリーズで揃えたい所。

|