2019年2月20日 (水)

天の気泡更新 【転載記事です】

PFC-JAPANオフィシャルからの転載です。
こちら↓
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2019/02/bubbles-of-heaven-update.html

以降の新しい記事も掲載されていきます。
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

以下は転載部分です↓――――――

2019年2月6日

天の気泡更新

Bubbles of Heaven Update
http://2012portal.blogspot.com/2019/02/bubbles-of-heaven-update.html


この更新の目的は、地上の住民に天の気泡の記事の内容を説明するためのものです。

まず、相転移の6段階の詳細を説明します。
各段階の相は、地球の完結したアセンションの段階で、数か月から数年の間継続するものと推定されます。
こちらのブログに寄せられる「いつイベントが起きるのか」という質問に対する答えがほぼ推測できるはずです。

相転移第1段階は、界面蒸発段階と呼ばれるものです。
この段階は、2012年に始まり、2019年1月21日に終了しました。
界面蒸発段階とは、熱流束すなわち、銀河のセントラルサンからのエネルギー)が、界面(すなわち、地上)に投与されて、界面上に対流電流が発生します(2012年から2019年の間の地上の住民の覚醒に相当)。

相転移の第2段階は、泡の凝縮の段階です。
この段階は2019年1月21日に開始し、現在継続中です。
この段階では十分な分量の熱流束が地表に投与されて、地表のごく小規模で独立した複数の地域において、液状水(マトリックス下にある社会)から水蒸気(銀河の社会)への純粋な相転移が発生します。
この泡凝縮段階では、イジングモデルに完全準拠して天の気泡が、発生し、再様式化し、再編成します。

https://en.wikipedia.org/wiki/Ising_model

https://www.researchgate.net/figure/Ising-model-simulations-of-a-dynamic-system-at-critical-and-non-critical-temperatures_fig1_24214223

この段階で天の気泡は、小さなエントロピーを伴ってゆっくりと徐々に拡大し、一方で周囲のマトリックス下の社会は、大きなエントロピーを伴って徐々に不安定化します。

これがまさに、外部的な日々の政治活動には目が向かなくなり内面的なスピリチュアル面での成長に関心が向かっているという方がいる理由です。

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/27/kp-message-1-27-19-a-few-notes-of-possible-interest-to-a-few/

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/29/kp-message-1-29-19-winds-of-clearance/

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/31/kp-note-1-31-19-timelines-levels-of-beingness-holy-crap-whats-going-on/



相転移の第3段階は、気泡上昇段階と呼ばれるものです。
この段階では、銀河のセントラルサンから熱流束が指数関数的に立ち上り、イベントの瞬間に熱流束がピークに達するまで天の気泡が活発に形成されて、マトリックス下の社会を積極的に崩壊してゆきます。

イベントの瞬間は臨界熱流束の瞬間で、マトリックス下の社会が崩壊し、宇宙人との接触があり、旧社会のエントロピーの要素は迅速に排除されて、第4段階に入ります。

第4段階は、不安定境膜沸騰段階と呼ばれるもので、天の気泡が地表で安定したネットワーク(膜)とつながり、それが新社会のバックボーンを形成します。
そこでは、社会自体が全体としては不安定ではありますが、処理を進め、統合し、安定化に向かいます。光の島(Islands of Light)が完全に形成されて、宇宙人との接触が積極的に起きます

第5段階は、安定境膜沸騰段階と呼ばれて、地上の光の島が活発な転換・反転区域となり、個人または集団のアセンションがそこで起きます。
アセンションの第1波は、数千人の規模となります。
その内から地上にアセンデッド・ビーイングとして戻ってきて、アセンション第2波として数十万人規模の方がアセンションする準備をします。
地上に戻った方の中で、人類の第3波の準備をする方もいます。

第5段階では、地上の住人は、新たな高度の技術を完全に取り入れて、全体として光を受け入れられるようにヒーリングされます。

第6の段階は、最終的なフラッシュの段階です。
相転移が完了します。銀河のセントラルサンが、ソーラーイベントを起動し、地球のポールシフトが起きます。
第3波では、数百万人がアセンションし、それ以外の人類は地表から銀河艦隊に避難し、そこから人類の新たな故郷となるプレアデス星団のなかの適切な星に輸送されます。

その段階で、地上は津波が襲い、地球をきれいに洗い流されます
影響を受けない地域は、光の島だけです。
そこでは高度な光の生命体、多くはあなたのような方です。
次に、新地球でニューアトランティスが構築されます。

さて、全体計画を理解していただきました。
光の勢力は、台湾北部30億人を収容できる地下基地の建設を完了しました。
小規模な地下基地としては、中央ヨーロッパに1カ所南米でも1カ所あります。
アフリカでも1カ所計画されています。これらの基地は、避難場所の選択肢として使用可能です。

1月21日の達成は真に偉業でした。天の気泡は、新たな宇宙のサイクルに入る第一の兆候です。

光につながると、皆さんの人生はもっともっと楽になります。
崩壊する旧社会に目を向けると人生は元の木阿弥です。

時はいま、情報オタクに有利に働きません
自分の人生を自分の手でつかむ人に有利に働くのです。
いま皆さんの状況がどうであれ本気で真剣にやれば、イベントの時期に関係なく、数年以内に皆さんの人生ははるかに良くなります

前回の記事の内容の一部について、幼稚な反応やコメントがあると予想していましたし、それを回避しました。
ミッションは継続です。

レジスタンスの暗号についてわめきたてて、あいまいでナンセンスなyoutube動画をネット上で拡散したりしている輩は、自分が何を言っているのか理解できていないのです。
量子レベルの話は、そこらの赤毛猿レベルではわかりません。

プレアデス人は、地上の住人の最覚醒層の覚醒度を積極的に監視・評価・奨励しています。
そして、公平でありながら愛のあるエネルギーを誰にでも送っています。

今回の集団瞑想のちょうど30分前に、セムヤーゼが月に流星を送りました。
天文学者が流星の突入が「この時だと察知していて」、事前に天体望遠鏡を準備していました。

https://gizmodo.com/holy-crap-the-moon-was-struck-by-a-meteorite-during-th-1831950105

https://www.rt.com/news/449517-meteorite-hit-moon-during-lunar-eclipse/

https://www.newscientist.com/article/2191526-a-meteorite-hit-the-moon-during-mondays-total-lunar-eclipse/

これはセムヤーゼからの信号で、その意味は地上の住民にはまだ公表できません。

数日後に、アメリカ空軍の静止軌道宇宙状況認識プログラムGSSAP)衛星が、プレアデス艦隊の活動に反応して、監視用衛星の軌道を修正せざるを得なくなったということだけとりあえず申し上げておきましょう。

レジスタンスからの連絡では、トップレット爆弾についての全情報は現在完全非開示です。
トップレット爆弾について唯一申し上げられることは、まだ除去できていないが、徐々にパワーを失っているということです。

レジスタンスからのもう一つの連絡は、エントリープロトコールに応募した方の多くは準備ができている状態とはほど遠い状態なので、「社会力学」の記事とワークショップ地上の住民に提供して、準備を促すようにします

こちらは、天の気泡と光の島を作り拡大して行く準備のある方に提供します。

第1回目のソウルファミリー・ワークショップは、3月16日と17日にハンガリーのブダペストで行います。ぜひご参加ください。

http://portal2012.org/Hungary.html

ハンガリーは、レンギェルとチサの新石器時代の女神文明が生まれて以来、地球で最も重要な女神のボルテックスがある場所の一つです。

http://rolfgross.dreamhosters.com/Modern-Man-2012/ProtoEurope/ProtoEurope.html

ワークショップの準備中に、ハンガリーで光の柱が出現しました。

女神の統一がやってきます。

Victory of the Light!

翻訳:Terry

転載元:http://paradism.hatenablog.com/entry/2019/02/bubbles-of-heaven-update.html

転載ここまで↑――――――

この記事は、重要な事が書かれていますので、何度も読み返す事になりそうです。
この件(ザ・イベント)に関して詳しくしっかりと知りたい方は、翻訳記事を掲載しているフェブページを探してください。
※この記事の上にリンク貼ってますよ

| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

2019年1月の瞑想の知らせが切っ掛けで、真実を知ろうとする方々へ

Return_of_light_meditation_fljapa_2

光の帰還の活性化瞑想、目標人数を達成しました
Cの記事も更新されたので、翻訳されたら 仲間のブログなどに掲載されます。

――2019.04.3 追記や削除など。――

さて、1/21の瞑想の事で連絡をした知人から返信は有りました。
明確に参加するよ、という内容ではなく、でしたが。
私は、どうでもいい相手に こんな大事な連絡はしません。
大切な友人知人に知らせています。
特に、ちょっとした趣味での天体観測や興味の範囲を、機械的にではない方面でロマンを求めるとか、考えるとか、そっちに広げていっても良いと思いませんか?

地球人は、宇宙人とのハイブリッドだと、以前のやりすぎ都市伝説でもやってたけど、そういうことなんだそうですよ。
まぁ、肉体と魂は別物ですが。
日本でハイブリッドという言葉で表現しちゃうとイマイチだと思うけど(;・∀・)

なぜ宇宙人が堂々と地表にやって来ないか?
この質問、する人多いけど、反対の立場になって考えてみた事ほとんど無いでしょ?
現在の地球人(主に権力層)が野蛮な事、闇の勢力(ネガティブな宇宙人)が地球ごと人質にしている事、見えない界の特殊兵器やトップレット爆弾がしかけられていて起動されると危険な為、というのが一番の理由。

その他に、地表の多くの人間の意識のレベルが低いから。
添加物、農薬、食、日用品、ワクチン、薬品、などなどの日常的な毒素の摂取による IQの低下など、このような事を調べた事も無い方がほとんど。
私が紹介しているこれらの状況を知る事が、他の事例や きっかけとして自分たちにやって来るのは、いつでしょうか。

興味が有るのに、自動ドアの前に立っているだけで、お店に入らない人…そんなに居ないよね。
楽しそうに出入りしている人の姿も見えていないような。

てな事で、これから初めて 地球と宇宙の真実、そして、地球人としての真実を知ろうとする方に向けて、記事のリンクなどをしていきます。

今後は、私の方から再度連絡する事はしない予定です。
あのチラシの内容以外は(・∀・)

すでに活動しているメンバーは、色々とやる事があるので、ご新期さんに1から説明する暇も手間も無いと思ってください。

自分たちで検索すればいいのですから、ある意味、空気読んでくださいって事ですけど。
すでに 出されている情報の中から、信頼出来る情報を見つけるのにも時間がかかるでしょうし、肯定も否定もあなた次第です。

いざ その時が来たら、ネットも寸断…… 知るという事では何も出来なくなりますから、今の内から記事を読んでってください。
自分に都合の良い所だけでなく、より多くを読んでください、記事は多いですよ。
ゆっくり読む? そんなに時間も無いかもしれません。
情報を正しく知り、理解すれば、それがあなたの自信や活路になると思います。

――――――
地球開放年表 ←要約されていて分かりやすい
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/blog-page_56.html

COBRAとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/cobra.html

PFC-JAPAN OFFICIAL← 信頼出来る記事です
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

PFC-JAPANとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/pfc-japan.html
※現在、この名称が付くグループは2つありますが、リンクのアドレスはOFFICIALの方です。
日々の瞑想と特別な瞑想を世界中の仲間と連携して行い、そのための音源を作っているのはOFFICIALのメンバーです。

※オフィシャルが付いていないほうのグループは、COBRAの情報とはズレた“偽情報”も扱っています。
そちらが瞑想音源のリンクや、OFFICIALのメンバーが翻訳して掲載した記事をSNSなどに掲載していても、同じグループのメンバーというわけではありませんので、ご注意ください。



ザ・イベント、完全情報開示 についての記事↓

イベントとは?
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/what-is-event.html

コブラ・PFC関連動画集
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/p/videolist.html


闇の勢力とは?、操作、兵器 など↓

指向性エネルギー兵器
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/02/directed-energy-weapons.html

コブラ ベールの向こう側へ
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2014/02/blog-post.html

カバールの排除
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2015/05/blog-post.html

WWLMのHoshinoによるコブラインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2017/12/cobra-interview-by-we-love-mass.html

アルコンについての追加情報
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2012/05/blog-post_10.html

他にも重要な記事は沢山あります。
それについての記事は PFC-JAPAN OFFICIAL にてお読みください。
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

――――――
上のリンク記事も、ほんの序章と言ったところです。
もっと重要な記事は沢山ありますし、年が進み状況が変わった段階や部分もあります。
早くから活動している私たちは、今後、自分たちに関する大切な事柄以外の、ネガティブな事象=社会・生活環境、人間関係、ネット、場所、事柄、などには 関われなくなります。
そのような段階に入ったためです。
それを理解するためには、1/22の コブラ・アップデート 天の気泡の記事を読んでください。

遅ればせながら にでもこれから知って参加する意欲のある方は、私たちが数年間やってきたのと同様に、信頼出来る記事を探して読み、自分、自分たちで、この先の事を考えてください。
私達の時よりも進展した情報がすでに出ていますから、よりラクでしょ?

下記は、ここの私の記事ですが、イベントの準備として役立つように、ある程度の事は書いています。
http://fairylane.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/the-event-3-302.html

何が起きてもいいように、最低限の備蓄を始めていても 損はないと思います
これから先の、このような伝達を する段取りがもてるかどうか、わかりませんからね。

|

2019年1月18日 (金)

2019年1月21日に瞑想するチャンスをあなたが逃してはいけない理由【転載記事です】

こちらからの転載記事です。
働かなくてもいい社会をつくるには?、さんより。

2019年1月21日に瞑想するチャンスをあなたが逃してはいけない理由 - 働かなくてもいい社会を実現するには?
http://paradism.hatenablog.com/entry/2019/01/seize-great-opportunity-for-meditation

多くの事が分かりやすく書かれていますので、是非読んでください。

|

2019年1月 8日 (火)

イベントに関するRVについて

過去のCの記事にあったのですが、Cが詳しく説明している日本語の翻訳記事では1つしか見た事が無かったような気がします。
今の所 Cを嘘つき呼ばわりしている、それらの方々の間で主流になっているようなRVに関しての事を、新たに説明している記事がありますので、リンクを貼ります。

https://ameblo.jp/cobrameditation/entry-12431430710.html

以下は転載部分↓――――――

2019年01月08日(火) 掲載

海外のCOBRA読者はRVなど起きるわけがないと理解しています。

COBRAはRVについて過去に何度も否定コメントをしてきたのですが

日本語翻訳サイトによってはなぜかCOBRAによるRV否定コメント部分が大幅に割愛されていることがあり、日本の読者にRVの真実が伝わらなかったようです。

RVに期待している人は、この機会にRVのことは忘れてください。

RVは他力本願でお金が降ってわいてくるという幻想でしかありません。

COBRAの最新記事のコメント欄に日本語でRVのための集団瞑想をしてほしいと書いている人がいて、未だにこんなこと言っている読者は日本人だけなので恥ずかしいという報告がありました。

海外の読者はとっくにRVが偽情報であることに気づいています。

目を覚ましましょう、日本人。 

RV情報を流しているのはCIAです。RVを信じてる人はCIAの攪乱情報に引っかかっているということです。

――

ロブ・ポッター  ディナールのグルのZAPやpoofといった連中以外にも最近よく耳にするのですが、イラクが通貨の評価替えをするという話が、おそらくマスコミで出るようなことが言われています。
それは可能ですか?状況を教えてください。

ROB: We've heard a lot of positive intelligence lately besides the normal names like the dinar guru, or zap or poof, or these guys. Supposedly in the main-stream media there is some positive intel that Iraq is ready to re-value their money. Is this possible? Is this what is going on.

コブラ  このRVについて皆さん間違った認識を持っています。

自分の金銭問題をRVで解決しようとしているのです。それは可能ではありません。

まず、RVというのはグローバルな過程です。
過去に、一定の国が自分の通貨の評価替えをおこなったケースはあって、人によっては投機の対象となり得ます。
ですが、そういうことが一夜にして起きるとか、イベントの前にそれが起きるという話はかなり微妙です。
イラクの現状を考えるとRVがイベント前に起きるとは予測できません。
人が何を言おうと、どんなメディアに記事が出ようとも、私はそれが起きるとは思いません。

COBRA: OK. People have the wrong perspective of this RV. People are actually trying to solve their financial situation through this. It’s not possible. First the RV is a global process. There were cases in the past when certain countries did RV their currency and this could be a good speculative investment for some . . but it will be very tricky to say that it will happen overnight or it will happen before the event. I’m not expecting. In the conditions that Iraq is right now that this thing can happen before the event. (Yea, I didn’t think so) Regardless of what people say or regardless of what is in any type of media. I don’t believe in that.

http://www.znakovi-vremena.net/2014/potter-cobra-september2014.htm

 
COBRA: インターネット上には多くの偽情報があります。
イラクディナール教の教主たちは「リセットが今日起きた!」とか「RVが明日起きる!」と言い続けています。
そのように起こるものではありません。

 

A: イベント後に起こるんですよね。

 

COBRA: イベント後に起こります。彼らが考えているようには、起きません。
イラクディナールやベトナムドンという通貨だけの話ではなく、金融システム全体がリセットされるのです。
再起動とも言えます。
新金融システムが導入されるのは、その後です。

https://note.mu/nogi1111/n/n55b967a068f6

 

アレクサンドラ:あまりにもR.V.とディナールが強調されています。
それは本当にCIAの操作なのですか。

 

コブラ:そうです。

 

アレクサンドラ:今でも?

 

コブラ:はい

 

アレクサンドラ: ワー、ひどい。

 

コブラ:気を逸らせる戦略です。
人々のエネルギーがそこへ向けられますからね。

 

https://nowcreation.jimdo.com/2014/01/18/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E5%BE%8C%E5%8D%8A/

↑転載ここまで―――――――――

RVの意味合いが違うと言ったら分かりやすいのか…
今後使いたくない単語ですね(;^_^A

|

2018年11月 9日 (金)

デルタ選択肢(転載記事です)

以下は、転載記事です。
PFC-JAPAN オフィシャルより
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/11/delta-option.html

転載部分の下に、色々書いてます。

――以下転載部分↓―――――

2018年11月6日

デルタ選択肢

Delta Option
http://2012portal.blogspot.com/2018/11/delta-option.html


地上の状況は、沸点に達しました。

(図:システム崩壊の流れ)

闇の勢力が、地上でほぼ無制限に自由に振舞っている一方で、光の勢力はトップレット爆弾をすぐには除去できないという大問題を抱えています。

闇の勢力は隔離崩壊への計画を妨害しており、すでに70年前から宇宙旅行の技術は公開されているのにもかかわらず、商用の宇宙旅行計画が開始できません。

https://www.theguardian.com/science/2018/oct/21/space-travel-is-not-a-matter-of-genius

一部情報開示ということでは、もはや不十分です。

https://edition.cnn.com/2018/11/06/health/oumuamua-alien-probe-harvard-intl/index.html

https://arxiv.org/pdf/1810.11490.pdf

地上にいる覚醒した住人は、ついにイベントを待つのをやめて、自分の人生を自分の手でつかもうという行動にでています。

https://spearoflight.blogspot.com/2018/10/adressing-delay-of-ascension-issue-how.html
日本語訳2012年12月22日から始まった、アセンション遅延による問題

イベントは、起きる時には起きます。それまでの間は、自分と大切な人がより良い生活ができるようにして、自分の持てるパワーを何でも活用して地球解放の過程を加速化することが重要です。



真実は、カバールにやりすぎの行動があること、そして光の勢力がそれを十分に阻止していないということです。

同盟とアガルタの一定の派閥が、しびれを切らして、軍事行動によって地上をカバールの手から奪還しようとしています。これが起きると深刻な結果をもたらし、潜在的には人類が滅亡し、地上は居住不可能な場所となってしまいます。

これを防ぐために、レジスタンスムーブメントは、デルタ選択肢という緊急計画を策定しました。デルタ選択肢について出来るだけ開示します。

トップレット爆弾を除去し、非物理層のアルコンを除去するという最適条件を待つのではなくて、一定の「特殊部隊」が、米国内に限定してカバールのいくつかの派閥の排除を実施します。キメラ、アルコン、黒い貴族、イエズス会の構成員は、この作戦に関与しないでしょう。彼らは、目立たないようにして、友好的な態度を保つはずです。米国内にいるカバールのその他の全派閥については、対処します。「特殊部隊」は本作戦実行のためにポジティブな軍に対して戦術的な支援を提供します。マスメディアは、ロスチャイルドの支配から解放されて、米ドルは崩壊します。限定的な情報開示が即時に開始されます。

米国内でのこの変化は、国際的に強い反応を引き起こします。イベントに向かって、不安定で混沌とした移行期に入ります。世界の金融システムは、きわめてボラティリティ(乱高下)が高い状態となりますが、おそらく崩壊にまでは至らないでしょう。カバールの下層部員が世界中で追放されます。世界のマスメディアは、徐々にいろいろな情報を出してゆきます。私たちが置かれているマトリックスについての情報も、確実に出てきます。

https://www.livescience.com/61087-jesus-forbidden-gnostic-text-discovered.html

全体の状況は、まずはゆっくりと、次にイベントに向かって加速化して行きます。

キメラ、アルコン、黒い貴族、イエズス会の構成員の排除については、一切申し上げられません。上記のカバールの派閥の排除と、情報完全開示については、トップレット爆弾を除去したときに初めて起きます。

デルタ選択肢は、デルタタイムラインではありませんのでご注意ください。

デルタ選択肢の計画については一つ重大な側面がありますが、現時点では開示できません。

デルタ選択肢の実施についての最終決定は、まだ行われていません。米国内の状況が、不安定で悪化すると、デルタ選択肢実行の可能性が高まります。イエズス会は、政界を左派と右派に故意に分断して対極状況をつくろうとしています。ここ数か月間のイエズス会の行為は、地球の状況の進展を決める重要な要素の一つとなります。イエズス会の行為は、よく監視する必要があります。

軍事面では、レジスタンスは地上での騒乱に備えて、ここ数週間で地下にある太陽系全体の基地からの援軍を得ました。現時点では、1億4000万人の部隊ですが、この数は大幅に増加する予定です。

以前は、レジスタンス部員は、地表から30メートルの位置まで接近することを控えていました。今回の進展で、レジスタンスの特殊部隊は、地表から5メートルから10メートルに近接して駐留しています。

イベントの作戦に関するミッションの一部に参加の意向を有するライトワーカーとライトウォリアーは、自宅の下にレジスタンスの小基地を設けるようにレジスタンスにテレパシーで伝えてください。絶対に声に出したり、何かに書いたりしてはいけません。レジスタンスは一定のセキュリティーのかかった通信を通して、ライトウォリアーの地下に基地を設けるとの要請を受けて、大方の場合にそれを承認します。これらの小基地は、イベント作戦で一定の役割を果たします。

これ以上の内容は申し上げられませんが、何かが沸騰しつつあります。

それが沸騰するまでの期間、皆さんの記憶喚起のためにこちらのビデオをご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCGa2Dkz6-O78YjrMWTrGs7A

Victory of the Light!


翻訳:Terry

――転載ここまで↑――――――

確実に光の進展は あります。

目覚めて 活動している皆さん、あきらめ時なんてありませんよね。

スターシードたちが この移行を信じなかったり、馬鹿にしたり、邪魔したり、嘘の情報を流したり、あきらめたり、何もしないようでは、光の勢力も力を貸す事が出来ない部分があるという事でしたわよ。
その事は、ずーっと前からCが記事に書いています。

ネガティブな操作に負けて、行動しなかったり、邪魔をしていると、自身の後悔だけでは済まないかもしれませんよ。
それは多くの人を巻き添えにする悪意的な行為じゃないの?
以前のあなたは、そんな人だった?

それから、日々、自分がネガティブな考えや感情になる事が どのくらいあるか、どんな時に起きるかなど、自分を客観的に観察しておくのも必要じゃないかと思っています。
ちゃんと自身に光を持ち、照らし、そのうえで客観的に見るのがポイント。
3次元常識で見てしまっては、判断を誤る部分よね。

――悪魔の三次元常識――――
(1)他人の目に合うように、腐れ社会に併せて 自身をも腐った思考と行動に陥らせる事。
(2)肉食が 生活水準の見栄であり、食品添加物と 原材料の事は考えない。
(3)物理的・非物理的な相手(者)からの、憑依、操作、マインドコントロール、洗脳、干渉、各種秘密裏にされている兵器での攻撃の全てを受け入れ、それを自身の性格・病気として受け入れる。
(4)目に見えない存在、宇宙人など、宇宙について考えたり、それらの存在を信じてはいけない。
―――――――――――――――――
っていうのかもしれない(;´Д`)

まともに活動中の仲間は、この常識を逆転して頑張っていると言った感じです。
最低限、この4項を考えて、逆転して信じられる心が無いと、自分の魂に繋がらないし、行動出来ないような気がします。

|

2018年10月 7日 (日)

災害と保存食と The EVENTと 3(準備しておくといいもの)

この記事に、色々な物を追記していきます。
自分が準備している物の紹介と、C関連の紹介記事から知った事や、あると便利な物や、未購入でも便利そうなすごい物も書いていきます。
今の所2週間目安量の物資の準備ですが、実際には輸送やライフラインの復旧などを含めて、生活条件が色々揃うには1か月以上かかるかも知れませんよね。
災害・被災の規模次第ですが。

 

【C関連の紹介記事での準備】
4人家族での、2週間に必要な 最低限?の食について紹介されていた内容。
○お米 7kg、豆 4kg、食塩 必要なだけ、水 必要なだけ
🍙 水と火が ある場合は調理可能ですね。
・豆類と塩だけってシンプルだけど、塩煮の豆は美味しいです。
・他にある物を少しずつ足せば、食事内容としては良いものになると思います。

 

【私が準備している物】
●食品関連
○ペットボトルの水、野菜ジュース(出来るだけ無添加)
○ウォータータンク(給水用の折りたためるもの)
○ある程度日持ちのする剥き甘栗などの菓子、ナッツ類、ビスケット類
・今の所、ダイソーで売っている剥き甘栗の賞味期限が思ったより長いのが良い感じ。
・ビスケット類よりも水分があるから、食べやすいとは思います。
○魚の缶詰(鯖水煮、サンマ蒲焼き、いわし煮 等)、シーチキン(無添加)
・ご飯が炊ける状態なら、人によっては ですけど、おかずとして嬉しい。
・1缶を数人で分けると良いよね。
○早茹でマカロニなど、乾麺(茹で上がりに水洗いしなくて良いもの)
・ケチャップなどで好みに味を付けられますよね。
○カレーフレーク(ベジタリアン対応無添加)
・メーカーを見たら、製造から賞味期限が6ヶ月なので、他に賞味長いのを探したほうが良いかも。
・豆類の味付けに少量ずつ使う事も出来るので便利。
○レンズ豆→ほぼ初めて食べるので、アレルギーを考えて先に食べてみてから追加する予定。
・早炊きで豆ご飯にしたくらいでは型くずれも少ないくらいで、丁度良かったです。
・緑レンズ豆では、洗ってそのまま米と一緒に炊き、ご飯が薄っすら茶色になりましたが、豆自体の味も良くて旨味もあるし、加熱具合では少しホクホクの ホクっ くらいな食感がありました。
○普段の都合の良い買い置き(缶入りオートミール×3、豆類、乾物、魚肉ソーセージ、小麦粉、食塩、きび砂糖等、調味料、嗜好飲料 など)
○自家製 梅漬け
○サプリ(ビタミン系を1点)
●日用品
○食品用ラップ(無添加)、アルミホイル、ジップロックの袋みたいなの(フリーザーパック)
○ウェットティッシュ(アルコール入り、アルコール無し)、体拭きウェットシート(未開封でも乾燥してくることがあるので時々確認しておく)、シャボン玉せっけん(無添加)、セスキ炭酸、重曹、クエン酸、フローリング掃除のシート、チャック付きポリ袋(大)、衣類圧縮袋、折りたためるランドリーバッグなど、救急セット
○ペットの餌
●ライフライン災害時用
○乾電池、懐中電灯(遠くもある程度照らせる集光のランチャー)、ヘッドライトにもなる電池式ライト、ソーラー充電などの付いている懐中電灯、吊り下げの電池式照明(電球型)、ろうそく、着火マンなど、養生テープ
・屋内でも、照明は上からの方が明るく感じますよね。照明が壁面や床からだと、誰かが光を遮ると影になって暗いので。
・ロープが付いた電球タイプのぶら下げられる電池式の照明が、電器店にあるし、ダイソーにもあります。点灯消灯の使い方は同じ様です。
○カセットコンロ、カセットガス
・節約しながら使っても、3本セット1つで どのくらい使えるかは分かりません。
○給水タンク(10リットル・5〜2リットル)、個人用ドリンクボトルなど(蓋があり、こぼれない物)
・給水時に使用する容器は、大きい物だけだと運ぶのに苦労するので、容量の小さいのも準備していました。
○折りたたみ簡易トイレ(セルレットnew簡易便座)、黒いゴミ袋
・自宅トイレが使えなくなったら必要なので、念の為に購入していました。透けて見えないビニール袋を別途用意しています。
○蓋付きバケツ(衛生用の予定で1つ)
○保温用アルミシート(100均の巻いたやつ)
・寒い時期の防寒や、硬いところに座る、横になる時にも使えます。
○タープテント用品、簡易サンシェード(フルクローズ)
・もし自宅から脱出しないといけなくなったら、重宝するかもしれません。
○寝袋(普通の年代物 1つしか無いけど)

 

【公園などで拾える季節の収穫物】
○しいの実、マテバシイ→10月から 実り具合をぼちぼち気にしておく
種類や地域と気温で時期がズレるので、もっと早いところもある。
※ちゃんと種類を調べてから、安全に食べられるものを収穫すること。

 

【あると便利な物】
○モバイルバッテリー類
→持ち運びやすい、折りたたみのソーラーパネルが付いているのを購入しました。
USB接続出来るものの充電が可能。
普段は電源から充電して備えておく。
(スマホ、デジカメ、iPad、ウォークマンなど、PSVITA、我が家で充電可能そうなのはこのくらい)
○ソーラー充電照明
○カセットガスのストーブ
・火事に注意する必要大。
○電源無しの石油ストーブ
・煮炊きに とても重宝する。
○ポータブルトイレ、簡易トイレ、黒いゴミ袋、猫砂
・介護用や、使い捨て、組み立て式、長期になる事も考えると 色々あるので使いやすい物を選ぶ。
○古新聞など
・外で焚き物、敷物、簡易のゴミ箱を作るなど、アイデア次第で用途大。
・古い電話帳も焚き物に出来るし、使い道あり。
○ロープ、広いレジャーシート、雑巾、洗濯バサミ(大きいのも)
・屋外で過ごす時の、目隠し、囲いをして風雨避け、敷物、簡易トイレの囲い、他。
・ブルーシート類の便利な所は、薄手なら あまり嵩張らないので多めに準備しておいてもいいし、仕切りや壁を作るのに使い易い点でしょうか。上手くロープを張って、ブルーシートを洗濯バサミで固定するだけで、目隠しになります。
○反射材
・夜道が暗い時に車などのライトに反射する あれです。ルミカや、夜光蓄光も有りですが、ライトで光る物の方が目立つので、外にいる時の事故防止と目印に便利。

 

【屋外で使える物】
○キャンプ用品、バーベキューコンロ、木炭、テント類、ブルーシート類、防水シート、焚き火用の一斗缶など、はんごう、鍋類、給水用ポリタンク、クーラーボックス

 

【あると便利なすごい物】
○ポータブル電源 S270 など
→超大容量バッテリーで、コンセント型の家電もある程度使えるし、別に大きめのソーラーパネルを買えばソーラー充電可能。只今 大人気の様子。
・雑貨などの出店イベント会場で電源が欲しい時、数と使用電力量に制限があって抽選などで使えない時に持って行くと便利だと思う。まさかこの個人の努力も使わないでくださいとは言われないでしょうから。
・車で現地まで行く人なら、そんなに重く無いようですし、運び易いですね。
○発電機、家庭用大容量充電式バッテリー
・昔の発電機は大きな音がしててうるさかったけど、キャンプなどの思い出にも この音がありますね。
・ガソリンあれば発電するので、タンクに破損や漏れがないか時々点検して安全に。ソーラーも使えない時期には勇者のような存在だわ。

 

こんな感じで追加していきます。
年代物だけど まだ使える寝袋や、以前の地震の時から既に買い置いてあった簡易便座もあるので、大物を慌てて用意せずに済んでいますが、食品は入れ替えが必要なので手間がかかりますね。

 

モバイルバッテリー(私物、ソーラー充電機能付き)
Image

 

Image_2

 

レンズ豆
Image_3

 

Image_4
レンズ豆は、1年くらいの賞味期限のが届きました。茶レンズ豆よりも、緑レンズ豆の方が加熱時間が短くて済むようです。

 

Image_5
このカレーフレークは賞味期限が短めなので、他の物を保管用にしたほうが良さそうです。
メーカーを見たら、製造から6ヶ月なので、長期の保存食には難しいかも。

|

2018年10月 6日 (土)

災害と保存食と The EVENTと 2

ーー2019.10.10 ちょい修正ーー

 

2012年から用意されている文書の有効なうちに イベントが起きるように願っていますが、どうかな、どうでしょう。

 

もうすでに、災害対策として幾らかの物資の常備が必要だと思いますけど、常備してても失ったり取り出せないと困りますけどね。
せめてそうはならなかった場合に備えておきたいです。

 

災害も重なれば、復旧が進まない事も考えておく。
復帰する為に働く人達や重機だって被災している可能性があります。
規模により、被害や損害の度合い、流通関係が動けるだけの道路やトラックや、ヘリの離着陸する場所。
各地域ごとに異なる事もあるし、何処に住んでいるかは1番関係しますよね。

 

電気、ガス、上下水道、インターネット、電話、これらが全て機能ダウンする事も充分に考えておく。

 

流通がストップして、食料品や全ての生活物資の購入が難しくなりますよね、テレビで何度もニュースになりました。

 

更に、ザ・イベントが重なると、金融機関が完全にストップします。
これは長くても2週間の予定とされていますが、状況次第では不明。

 

このような事が、近い将来に起きるんですよ、少しくらい何か準備しておかなくて大丈夫? 人任せにしておけない物もありますよね。
イベントの前段階とその発生は、出来るだけ早く起こす必要が有りますが、それには地表にいる人全ての全体意識も関係するようです。

災害が起きても地域の支援物資が早めに回ってくると思って、待つだけで 何もしないのは、その時になってみて分かっても、感情的・精神的にも損だと思います。
災害が少ない地域だと思ってる所にも、大きめの地震がくる可能性も上がっています。
実際に、ここひと月前よりも、世界中の太平洋周りの地域の地震の発生数が5割り増しになっているそうです。(この記事の投稿日で考えてください)
日本国内だけで考えても、広い範囲で同時に地震が起きるという事も有り得るのですから、地域の少量の備蓄では、全く足りない事態になりますよね。

せめて最低限の物は準備しておく。
周囲に当たり散らすような最低の精神性に堕ち入らなくて済むように心掛けも大事です。

 

行政に物資などの事で苦情を言っても、役所の責任じゃ無いから知らんがな 言われますよ。
この様な災害が起きるまでの状況を招いたのは、地表の人間の考え方や、思考や、精神や、感情や行動が積み重なっている 集合意識のレベルが低過ぎるからこの様な災害が起きた=招き入れてしまった事も、知る必要があるんです。
全員の肉体や、理性的な精神の崩壊も始まっているそうです。

 

この様な話題には、宗教絡みで介入してくるモノも居ますが、The EVENTは どの国のどの宗教とも関係有りません。
このイベントの発生は、はるか昔から決まっている事です。
気になる方は、もうとっくに調べて情報に辿り着いていると思いますけど、一般には受け入れ難い、信じ難いこと、かも知れません。
邪魔も迷惑ですが、知って気になっているのに何もしないのは、自身にもマイナス要素になりそうね。

|

2018年9月28日 (金)

まだだ、よく読んで、考えて、感じ取れ。

Image

昨夜でしょうか、ネット上の某所のヤル🐙ダバ消滅率が100%になっていたようで、小さく載ってるので見てたんですけど、98%から随分経ち、99を確認しないうちに100%になってた。
99は何処へ行った⁉︎😅
この数字は、Cは正確では無いということも含めて、期待しないようにと書いてたから、私も そんなもんだろうと思ってました。
Cの昨日までの記事で、ヤル🐙ダバの残骸が残っていることと、プラ🕷モイの小さいのやら残骸やらが残ってるとの部分で考えたら、卵の殻のようなのが一部でも残ってるのなら、それはまだ何かしらの影響力があるという事でもあるでしょ?
それに、プラモイはヤル🐙ダバの中に居た訳で、ヤルダバのシステム的な一部のような気がしてるのです。
全てのそれがトップ💣レットを内包しているという点もあるし、地表の私達に結び付いてるとか憑いてるとか、電磁的な物経由で憑依みたいな。
媒介が寄生虫⁉︎ よく分からんですが、虫下しを飲んだところで無意味で御座いましょう💧

寄生虫とか、回虫とか、キ🕸ラとか、害虫色々モゾモゾとか、もぅイヤーー…(~_~;)

最近ますます、よそ様のブログですけど、イベントとか真実に関しての記事が、あちこちの違う背景の発信元からの転載をしている所が増えてる気がします。
なので、2ビルを信じてる記事や、rブイが、〇〇氏によると 等、… 一貫性が無くて、反する内容もあったりして、立ち寄って見る気になる所が減って来ました。
俗世的に、意識が傾き過ぎないようにね。

|

2018年9月 6日 (木)

災害と保存食とThe EVENTと

近くの100均やスーパーに行って来ました。
スーパー2軒、100均2軒。
9月から何やら〜〜との情報もあるようなので、それで 使ってしまった分の保存が可能な物を何か追加しておこうと思っていたら、その後の台風と地震の被害がかなりあった地域もあるから。
早朝3時の地震って、逃げも隠れも出来ませんよね💦
さらに寒い時期じゃなくて幸いなんて、言えない。

すでに用意されているイベントのチラシ通りに、2週間分の家族人数分が必要と考えたら、一番大変なのは飲料水です。
平常時には保管場所に困る事が多いけど、備えとしては大切だからね。
今まで2リットル2本を置いていた所に、こっそり1本追加しました。
同じ商品なんだけど、新しいのには サルフェートの記載が増えていました。
前もって分かっている断水なら、事前に保存容器やタンクに水道水を入れておけるけど、いきなりの場合は無理だろうか。
調理に無駄に水を使うのも避けると、茹で麺の水さらしなんて出来ないので、きっちりの水で茹でても不味くならない 早茹でマカロニくらいが無難かなと、1つ買って来ましたが。
一番便利なのはお米ですが、軽くしか研げない場合もあり。
何やら情報には、4人で「お米7kg、豆類4kg、塩と水は必要な量、が 2週間の目安」のように書かれていたので、豆類も気になっています。
これも水が必須の食事ですが、水とガスが供給されている場合と、そうでない場合では難度が違いますよね。
電気が供給されていれば冷蔵庫の食品が無事に保管出来ますから、かなり違いますし。

最初に行ったスーパーでは、保存の効く乾物の豆類の品揃えが少なく、欲しいのも置いてなかったです。
並びの食料品店には 豆類の種類も多めで色々置いてるのも知ってたけど、欲しいのが無かったぁ(~_~;)
そうだよね、今まで見たこと無いもん、知ってたら絶対買って、豆ごはんにしてる。
数時間も水に浸して長い時間加熱する豆は、状況によっては使えないからなぁ💧
水道とガスが供給されていれば、かなりいろんな事がラクになりますね。

1軒目の100均では、少し保存が効くっぽい 甘栗剥いたの2つ、ハードビスケット1つ、購入してきました。
なんか、ほぼオヤツ😅

2軒目スーパーも同じ名称だけど、家に近い方のそこで、早茹でマカロニと、焼き海苔などの普段の物を購入。
ここにも探している豆は無し。

2軒目の100均で、ウェットティッシュと、それの体拭きを1つ。

水に浸さなくて直ぐに煮られる豆は、ネットでしか買えないかなぁ、交通機関で移動しても、行く所には無いかもしれぬ。
ほぼ外国産しかない、レンズ豆 がほしいのですが、アレルギーにならないかも試したかったので、先に少量入ったのを探したんだけどねぇ、実物に会えんかった。
自分1人なら、そのままで食べられるように加工したヘンプシードナッツとフレークが良いのですが、腹持ちに関しては、豆類なのかな。
今開封しているヘンプシードナッツも、ぼちぼちの少しずつ食べなので、1キロの袋が長い事冷蔵庫にいます。

あと、たんぱく質を保存食とするなら、入れ替えで定期的に食べ続けられる人の場合は 魚肉ソーセージもあり。
意外と賞味期限短いけど、アレルギーとか、ヴィーガンとか、原材料をしっかりと見た方が良いです。
魚肉ソーセージと書いてあっても、原材料にゼラチンや 豚肉などの動物性原料が使われている商品もあります。
その ほとんどの物に化学調味料が入っていますし、私も多用は出来ないです。

他には、高野豆腐、おつゆふなどの“ふ”、パスタ類は、たんぱく質も多い食品です。
単純に、魚の缶詰、シーチキン、鶏肉などのパウチ物、その他缶詰め、かつお節、そのあたりも便利で使いやすいし。
私には食べられない物の方が多いから、缶詰は 鯖の水煮と、化学調味料と油を使っていない 素材そのままツナ缶は嬉しい。
私は 鯖の水煮を食べると喉に違和感出るけど、アレルギーが鯖ではなさそうで、そうなると缶なのか、缶詰鯖の加熱の仕方なのか、謎。

他に準備したい物は、カセットガス、そのカセットコンロ。
カセットコンロが年代物なので、そろそろ新調したい気もするけど、ホームセンターまで行くの面倒💧
キャンプ用品は、屋内で火が使えない時に、安全な屋外でなら バーベキューコンロや木炭が使えますよね。
普段から、 古新聞も少しは残しておく。
トイレットペーパーは、切らさないように余分に買っときましょう。
食器洗えない間は、無添加のラップが いつもより多めに必要かも。
添加物入りのラップは、それが溶け出て食品に浸透してしまうので、それも避けたいし、耐熱温度内で使うように気を付けた方が良いね。
無添加のラップだと、少し耐熱温度が低いのがあるけど、熱い汁物などに使わなければ大丈夫かな。
でも、汁物食べたいよねー😅
ラップ握りのおにぎりがおいしくないと感じるのは、添加物入りラップの成分のせいもあるかも知れません。
炊き出しは ありがたいけど、テレビで見てると○衛○さん、ショベル?スコップ?地面掘ってるようなのでご飯を混ぜるのは、家畜扱いみたいで皆んな嫌だと思うよ💦
せめてそのくらいは、ちゃんとした どデカイしゃもじにして🙏
それと、純粋な塩でも混ぜすぎたり、かけ過ぎたりすれば、もらっても食べられない人が居ます。
添加物入りの紫蘇系の混ぜ物やふりかけも同じ事です。
大量に炊き出しおにぎりが捨てられていた映像がテレビで流れたのも、そういう事も原因かも。
インスタント汁物も、ある程度便利だけど、その後に のどが渇くようなので、少し薄めにしてもいいよね。
少しは、水と火が無くても食べられる食品の用意も必要なのでしょうね。
お茶とコーヒー類は、利尿作用があるから、災害時の備蓄には向かないかもよ。



さて、イベントのフラッシュとともに多少なり地震が起きるとか、銀行関連止まったり、物流止まったり、ライフライン止まったり、店閉まったり、その辺は どの程度の規模なのか、期間かかるか、重なるのか、その時まで分からないけど、最低限に必要な備えは、どこに居ようとも必要なのだと思います。
後で、それが取り越し苦労だったね、という地域があったとしても、それはそれ。

手荷物のバッグの中に、小さい懐中電灯を1個入れておくだけで、いざという時には有り難みを感じます。
100均にも、単三電池1本だけで使えるペンライトと、部屋に吊り下げられる電球型のライトを売っていたので、これは便利と買って来ました。
ソーラー充電のミニライトも、キーホルダーのがあるけど、ちょっと使いにくい場合もあるね。
使いやすい懐中電灯と、電池も合わせて準備しました。
本格的なソーラー充電のライトも電気屋さんあたりに行けばあるでしょうけど、見つけた時は「まぁいいか」と買わなかったのです。

お米さえ常備しておけば、他の物はちらほらあるので、何とかなりそうです。
自宅が倒壊などすれば、それも取り出せなくなるけど、屋外の物置には置いときたくないもんなぁ。

アレルギーじゃなければ、オートミールも便利ですよ。
水多めで味付けして、とろとろスープにするのも美味しい。
小麦粉は、すいとん(だご汁)にも出来るし、他の材料次第で使い勝手あります。

一刻も早い、災害地の復旧が進みますように。

|

2018年8月25日 (土)

古い記事の削除をしています

一昨日から、自分のブログ記事の古いのを削除しています。
検索でやって来る、すでに遊んでいない中古で売ってしまったゲームの進行具合などの記事が検索された記事に出てくるので、そんなのもう必要ないですもんね。
暑くて部屋が片付けられない間は、ブログ記事の整理をして行きます。

さて、先ほど、8/25になり、1時を回ってから見たら、🐙98%になってた。
1つの何かの目安的なもんなんですけど、まぁ それはそれ。

ブログ記事の整理も、これからのイベントの事や、最近のものと、思い出などは残すけど、今読んでも仕方がない意味が無いのは消してます。
古い記事から順にやってるけど、選んだのだけをまとめて消す仕様では無いみたいで、1つずつ内容を確認して削除しているので、結構時間がかかってます。
イベント関連の事を知ったのも、2015年8月頃からなので、それ以前の記事は かなり減る予定。

アンタリオン転換という本を、2回目読んでます。
今度は色ペンも使って線を引いたり、シャープペンでまとまった部分の上に枠線を引いたり。
これからの段階で 一番必要な所には色ペンで。
最初に読んだ時に記憶してたけど、やはり、急いで最終避難の時には、何も物は“持って行けない”と書いてありました。
だからと言って、その前の移動でも、きっと持って行けないよね。
家族やペットの写真くらいかな、と。
それに、ファーストウェーブ、セカンドウェーブで行く機会がある場合、その決心をしたスターシードは、何を持って行っても すぐに必要無くなるし、執着を全て手放した覚悟として、私物の持ち込みは不可なのかなと思ったり。
そんな理由で、避難すら信じない考えで、意地で所有物から離れないでいるのは愚かなので、地表の変化なども含めて何が起きてて真実かを見極めて、多くの人も移動してもらいたいね。
人によっては、かけがえの無い私物というのもあるから、持って行きたいのは分かるけどね。
その私物が誰か他の人からの由来の形見などの場合には、今後自分にとって必要か?を考える事にもなりますね。
持って行かなくていい と、持って行けない は、違うもんね。
まぁ、身1つで、手ぶらで行っても、何も困らない環境に 先ずは行くはずですから。
慌てず急げになろうとも、ご安全に。

まだ、どんなふうに、いつ、というのは決まってないし、わかりませんが。
怖いことでは無いのよ。

|