2016年8月16日 (火)

オルゴナイト系まとめ最終

―2017.10.26/ 自分の記録として、この記事は残しておきます。 オルゴ~類の記事を整理していますので、部分的に削除や追記するものもあります。―

ー2017.01.08追記 などー
Image

C情報にもオルゴ~の使い道的な質問の回答があります。
電磁波対策として、鉄塔や電波発生源に向けてとか、HA〜のとことか、それだけでいいとの回答なんです。
てことは、他に使い道は無い、特に無いってことかい。

以前には、エーテル界に干渉しようとする発明とあり、エーテル界のネガティヴなエネルギーを解消しやすいとの事でした。
それと、Cは他の時の質問では、「オルゴナイトを使ったセラピーは、ほとんど役に立たない」とも答えていました。
ここで あまりアレコレ分かりやすくは詳しく書きませんけど。
電磁波の類いでの 、闇の勢力が使っている兵器で行われている、地表の人たちの物質体と繋がるエーテル界(体)への攻撃や干渉、操作を、オルゴ~で緩和しようという事が考察できます。
要するに? 自分のエーテル体を、闇の勢力の干渉やらネガティヴ攻撃、悪い電波兵器的な攻撃から、守る事が出来る(かもしれない)ものだという事が言えますか?
自分のエーテル体って何? と思ったら、少しは調べて。

その辺りを色々知ってくると、ちゃんと それが可能なオルゴ~を作って、置くとか、身に付けるのが正しい使い方だと思いませんか?
小さ過ぎは力不足かもなので、身に付けるなら、小さくても出来れば3センチの球体の半分くらいの大きさで、金属ぎっしりの物。
渦巻きの向きがよく解らないけど、紫色の浄化の炎は左回りですもんね。
この渦を女神の渦と同じ巻きにすると良いよね
大体の用途には、基本のタワーバスターの作り方の動画のようにでいい。
見た目が嫌なら薄っすらと白くすればいいし、水晶を幽閉したくなければ作らなければいい。
シュンガイトもお勧めですが、樹脂に詰めないで そのまま使う物です
ペンダントサイズなら、ポイント水晶じゃなくてさざれ水晶の大きめで良いけど、小さいポイントがあれば、それが良い。
もしくは、家の中ならタワーバスターを家電のある部屋や居間に置くと。
小さめなのに樹脂ばかりの金属片チョロっとの物では、効果が解らないけどね。

※2017.03.15追記ー 人工的に、有機物と金属質と石質を混合して錬金術的に、特別な物質を作ろうって事なんだろうね。
それで生じた波動で、見えないネガティヴエネルギーやら、闇のエンティティを遠ざけようという事かな。

本来のオルゴ~は、そういう物のようですから、ネガティヴ感情が和らいでくる事はあるのだと思うね〜。
餓鬼や虫みたいなのが 一人一人に憑りついてて、それは闇の勢力下っ端なんだけど、そのような目に見えない存在が 人の感情を操作して 落ち込ませたり、具合を悪くさせたり、職場や学校でいじめを起こさせたり、チーム内で争わせたり、強姦させたり、色々な悪い事をさせたり、イライラと攻撃的にさせているのは事実です。
急激な強い倒れるような体調不良は、スカラー兵器によるものです。
C情報にあります。

ネガティヴ思考に傾けさせる見えない圧力が軽減されるのならば、ストレスも減って、気持ちが軽く明るくなると思いませんか?それによって自身に起きる変化の面は、人の魂の段階によって違うそうですけどね。
リラックスするのか、解毒時に気持ちが荒れるとかいう記載が、何処かのオルゴ~の説明に有りましたねsweat02

水晶以外の天然石たっぷりって、どうなのでしょう。
完全に樹脂埋没をしてしまって、良いか?
鉱石も意識体で、石それぞれが魂の存在ですから、オルゴ~になりたくない石もいるかもしれない。
中に詰めた石の違いで、オルゴナイトに性格付けをしても、樹脂に埋め込んで、その波動やらエネルギーが そのまま発せられるかな?と、思うんですけど。
オルゴナ~になったら、何でもパワーアップするとは…都合のいい思い込みかもしれない。
やはり良い作り方や材料の割合、石の配し方って大事だと思いますよ。


※天然石には 意識があり、特定の石には担当の天使が居るって事は、石が気になった人、以前買ってから そのまま 仕舞い込んでいる場合、思い出したり、この記事を見た時に 取り出して、寝室に飾ったり、身に着ける習慣をもつと良いと思います。
何一つ天然石を持ってない方は、小さい物でも、アクセサリーでも原石でも、気に行った石を一つ お買い求めになるのもいいですよ。
気乗りしない時は買わず、出会った時が迎え時、良いタイミングですね。
これから起きる世界的なイベントの時から以降も その石が心の支えになってくれるはずです。
大きな物でなくて良いし、昔から持ってる石付きのアクセサリーで良いし、安くていいんです。
天然石を使用した物ですよ、ガラスやプラスチック製品ではなくてね。

ここで一息、プロテクション!
Image_3

|