2019年8月25日 (日)

服にFOLスタンプ

Image_20190825160701

インナーなどの衣類に、布絵の具でスタンプしました。

白のヒートテックの胸元に シルバープラチナム。

エアリズムを洗濯で色物と洗われて、うすく青灰色に染まってしまったのですが、それには右裾にスタンプ。

Image_20190825160702

薄いピンクの長袖Tシャツの胸元には、少し濃いめのピンクをスタンプしました。

エスニックとアジアン雑貨の店で買った、綿の自然な白の服にも、裾に1箇所 シルバープラチナムでスタンプ✨ 薄い生地の部分に押したら、柄は薄く見えるけど少し透けたような、元からそのデザインだったような良い感じになりました。さり気なくて、気付く人も少ない様な😊 地色が無いくらいに薄い絵の具を使ったので、本来はもっと多めに塗り付ける使い方なのでしょう。

ボチボチ思い付いたら、他の布物にもスタンプします☺️

この図柄は、ハガキサイズの消しゴムはんこの素材に合わせてあるので、横幅9.7cmで、縦幅は成り行きです。 二重の円に入ったデザインよりも縦に並ぶ円の数が多いので柄は小さいけど、全体サイズとしては、そんなに小さくは無いですねぇ。

最初に作ったTシャツが、何処かにしまい込んで出て来なかったので今季は着てないけど、他のにもスタンプしたので、色々着れるようになりました✨ 出かける時に着て行きます👚

|

2019年8月23日 (金)

何やら、と消しゴムはんこのフラワーオブライフ

Image_20190823231701

新たに、消しゴムはんこでは作っていなかったデザインのを彫りました。掘る、彫る、どっちが良いのやら😊

30cmの布にスタンプしていたのと同じデザインだけど、線の太さは太い所無しで同じにしました。

Image_20190823231702

こちらは、乾パンの缶の蓋があったので、それに合わせて作った、グルーガンで描きながら厚く高く盛った物です。

作ったあとで蓋の内側に両面テープで貼っています。

コースターでも面白いけど、厚みを付けたら反ってしまったので、テープで貼ってても浮いて来る😅

これ、土の地面や砂地に押すと面白いと思うわ〜🌼

|

2019年8月 9日 (金)

飾れるように

Image_20190809011401

シール色々と 飾れる物との合わせ技で作りました。

表にして半分に折って、そのまま立てて飾ることも出来るし、イラストの部分を切り離しても使えます。

シールの粘着強度が違うのを 3種類7枚セットを、アートとして楽しめる台紙にテープでちょっとだけ貼って、説明書きを入れて、何処に貼るかは その方次第、自由で😊

イラスト部分だけのポストカードも作りました。

数枚セットのシールは、他にもあります。

FOLのコースターは、あまり数は有りません。

持って行く荷物の整理をしないと落ち着かないですね😅

|

2019年8月 1日 (木)

剥がしやすく

Image_20190801013201

31日は、夕食後から シールの追加を作ってました。

切り取りラインに出っ張り部分を追加して、剥がし口を付けておくのです✨ 位置も揃うように製図段階で書き込んであります。 先の記事の図柄をご利用の方は、ご自身で使い易いように余白ラインや剥がし口を追加しても良いので、使い易く工夫してってください😊

最初に作ったシールには剥がし口がないので、まぁ何とか剥がしてください。

ダイソーの、剥がせる 方じゃない5枚入りのシールシートが薄くて剥がし難いのですが、自宅にある使い残しのワープロにも対応のB5サイズのシールシートの方が薄そう? なのに、隅っこから剥がすのは難しくはなかったり。 古いので粘着が落ちてるのか、ほぼ元々なのか、弱粘着で剥がせるタイプっぽいようになってるので、これは自分用にしておきます。 紙が薄くて、貼っても段差が少なくて良いのですが。

マイタックラベルと 他の光沢紙もあって、今回はマイタックの マットな普通紙系を使い、サフるか OPP貼りのどちらにしようかを考え中。

OPPを貼ると厚みも増えて防水になって光沢にもなります。 サフだと微妙に紫外線カットで 紙自体が若干防水になって、少しくらいの曲がった所にも貼り易いかな。 携帯サイズのスプレーボトルに貼ると、剥がせるタイプにOPPコートでは、剥がれて浮いて来ちゃいました。

|

2019年7月23日 (火)

カスれても使えるのよー

Image_20190723000601

普通紙のシールシート(A4)に、みっちり並べてプリントしています。図側の直径が26ミリで、その外側1ミリ幅の余白で切り抜きラインを付けてます。 このサイズだと1シートに70枚並びます。今日は、手作りシールのヒントを色々書いていきますよ☺️

自宅でプリントしました、しかし、横線カスれで薄くなった所があるので、その色だけは商品に入らなくなります💦 その分、自分で使うのと、知り合いにあげるのに使いますので無駄にはしません。 我が家も全ての部屋と家電などの安全な場所に貼りました✨ 火元がある近くには貼りません。

自分の部屋とメダカの水槽には、シールではなく、3年近く前からプリントしたのを壁などにテープで貼っております。メタトロンキューブの図形もね。

なので、普通に飾れるのも良いな、と思うのです。アンクの布は壁掛け仕様だから、この方法も…✨ふふふ。

シールは、自分で全部切ってから商品にしてるので、チャック付き袋に 大きさと加工具合とシール紙の質ごとに分けて、枚数ずつ入れて、値札を付けたら完成です。軽い興味で手に入れても、切ってから使うまで長い人も居ますでしょうから、それが勿体無いので切ります✨✂️  同じカーブを切るのに便利かとおもい、眉毛用の少しカーブした小さいハサミを使っていますが、私には使い易いです😊 刃先が細いので、切るラインも見易くて。

その他の色々なシールと比べても高すぎないようにしてますが、量産品ではない点は考慮しますよ(*^_^*)

市販の同じサイズくらいの金色シールの価格が、私が購入した物だと25mmのが30円、36mmが60円の1枚当たりの単価なので、それよりも安価でね。 じゃないと、自分で作る意味が無いじゃない?

今の所、うちのシールシートの色は白です。 白は、DAISOには3種類 フリーカットの物があります。手持ちにハガキサイズの透明のはあるけど、レジンアクセサリー封入用に使って残ってたかなぁ? 白地を目立たせずに貼るのには透明シートにプリントしたのが良いですが、上に保護シートを貼る時にシワになったらショックですよね。 それをなるべく防ぐのに最近のは保護シート部分が厚いのかな? 

まぁ、自宅にパソプリ投資してある方は作ってみたら楽しいですよ♫ 何らかの描画ソフトが無いと画像素材も扱えないですが、透明シートに印刷する場合は、薄い色だと見えにくいので気を付けてね🌟

 

さて、22日は、新たなUVレジンを開封しました。 極みという 漢字がボンっと書いてある商品。 100gでさらさらタイプ。

今まで使っていたレジンとは違って、独特な臭いする(・・;)  硬化中は、樋屋奇応丸や仁丹のような臭い+墨汁 っぽい臭いとともにスーッとした刺激がメントール?で、、、そこまで嫌な臭さでは無いけど、濃い臭いでした。しかし、気泡抜けは良いです。反りはレジコよりも反りましたが、使ったライトの違いもあるかも知れません。

商品の説明には低臭気とありましたが、レジンキャストと比べたらそうだろうけど、と言うくらい、同様のUVレジンよりもキツイ臭いでした。 さらさらタイプだからなのか? ぷっくりとさらさらでは臭いが違うのか? と思ったけど、さらさらタイプを初めて使うので比べようが無いです。

今まで使ってきた “クリアdeco(UV)”と“レジコ(ハイブリット)”が 少し酸味系の似た臭いで低臭気、清原の黄色いパッケージの“UVレジン”は さらに微妙に甘さのある低臭気です。

高いだけあって、清原のレジンは使い易いとは思います。 今の所、そんなに変な1液性のレジンは使ってなかったですが。レジコは使いやすかったです、粘度も程よくあって。しかも硬化が早め。

小さいアンクを作ってましたが、裏半分は清原のが足りなかったので、極みを使ったのですが、さらさらなので盛り盛りには出来ませんでした。 一応厚みはあるので良しです。

6月から沢山作ってたので、100gなんてあっという間に使い切ってしまいました。 アンク追加だと、粘度が高いレジンが要るわ。

あわわ…

|

2019年7月21日 (日)

アートとして飾る

Image_20190721234102

FOLを、自宅でアートとして飾るのも とても良いと思います。

写真の布は、試作でステンシル形式で作った、麻100%の生地に 白い絵の具か…シルバーだったかな。 ステンシルだと線が途切れてしまうので、試作で終わりました( ̄▽ ̄)  何たって、後で途切れた所を手描きしていくのがメンドクサイの。

最近は、スマホやiPadなどに貼れるようにシールしか作ってなかったので、自宅に飾ってても違和感の無い、というか変ではない、アートな物を作るのも良いなと思いまして。

ポストカードなら飾りやすいし、もう少し大きくして凝ったものでも良いし、、、ハンドメイド出店で売れるかは分からないけど。

しかし、プリンターが不調なのか、詰まりか、インクが少ないか、カスれるので それはプリントしてません。

紫色と黄土色に近い色の所に、かすれて横線が入ってしまいます。 ヘッドの掃除をしてもインクが無くなるだけなので、新しいインクに交換した後でやった方がいいよね。

 

1液性レジンの硬化の違いも、あちこち見て調べました。

●UVレジン● 反りにくい、黄変する、硬化時間が長い

●UV+LEDレジン● 黄変しにくい、硬化時間が早い分 少し反りやすい

簡単にはこのくらい。 反りは、元々UVレジンからやっていたので 直ぐに気がつきました。 小さい薄い物でも、円・楕円・六角形のセリアのモールドを使ったのは反らなかったけど、パジコのフラットの四角が沢山作れる物は、完全に反りましたね。 パジコのシリコンモールドは底が浮いてるからかな? それと、枠1つで単体の型だと、型の柔らかさによって反るようです。 サイズ感同じ位のフラットの薄型でも、質が硬いモールドは、反りが出来ないのです。

硬化用のライトも、ハイブリットのレジンを多く使うようになったら、レジンに使い易い物が良いと思いました。 ネイル用だと、タイマーが長くても1分から90秒程で、5分くらい続けて照射したい時に 何回もスイッチを押さないとならず、不便で。 使ってるのがLED6灯のものなので、紫外線も出ているのでハイブリット対応なんだけど、時間がかかるのですよ。 何度も切れて入れて だと、電気代も心配になります。 こんな小さいのにもそんな事があるのかどうか。

なので、もう少し大きいハイブリットレジン用のライトを用意した方が良いのかな?と思ってます。 タイマーしか無くても、最低でも2分のタイマー付きで。 常灯が無いんですもん。 安全の為でしょうけどね。 UVライトのボックスはあるけど、それで試す前にレジン液を使い切ってしまいましたが。 そっちでしっかり固まれば、特に必要はないので、急がずにで考えます。

|

2019年7月18日 (木)

手作りシールに加工

Image_20190718002901

アクセサリーを作る為にプリントした小さい図柄を並べたものが、色が薄かったり、かすれ や インク足らずで失敗したりで余分にあって、もったい無いのでシールに加工しました。

元々シールシートに印刷したシールも作って、ハンドメイドの出店でも出してましたが、コピー用紙には粘着がありませんよね。 お手軽な作り方で、裏に両面テープを貼り、表には透明の梱包テープを貼り、少々丈夫なシールが出来ました。 1番小さいのは14mmか15mmの直径です。 小さいシールですねぇ、指先に隠れる大きさ。

レジンに封入する時に、液の染み込み防止に何かを塗るのですが、それは今回作るものには やらないので、薄い色だと図柄が見え難かったから濃い色でプリントし直したりで、捨てるのも勿体無いのでシールにしたというわけです。

金色の立派な市販のシールも少し買いましたが、必要な色は金色だけじゃ無いですよね。 手作りでは作り難い色の物は市販のでも良いけど、無い物、欲しいのは手作りも良いもんですよ。 3年ほど前に作っていたシールが、何だか 今 必要になって来ましたわ。 布絵の具での布コースターの作業も少しだけ進めてます。

市販の金銀色のスタンプインクも試してみました。 油性の清原の商品の溶剤が買えたので、copperも使えるようになりました。 無駄にならずに良かった✨ 程よく濃い色なので、白い紙の上でもちゃんと図柄が見えるけど、乾燥しても細かいキラキラが、少々手に付きます。 透明の梱包テープを上に貼ったらメタリック感が無くなったので、表面コートは他の物にしてみようか、どうしようか。 パステルの定着スプレーの残りがあるけど、使えるかな。 セリアで見つけた金銀セットの紙用水性顔料スタンプインクは、色は まぁまぁでしたが、細かいキラキラが完全に取れまくるので、表面コートしないと使い辛いです。 手持ちで1番良いのは、布用絵の具のソーソフトを紙にも使う方法です。 それだとメタリックな色が幾つかあります。水性のスタンプインクで押して作るよりは、普通のカラーで良いのならパソコンでデザインして シール紙にプリントした方が良いです。

メタリックで偏光色のインクがあったら良いなぁ、と思って、その様なパウダーを混ぜてみたけど、イマイチだったので、結局は多色の極細かいラメ入りの“ミックスシルバー”という感じのが出来ましたね。 パウダー、レジンには良いんだけど、平面シールに綺麗に反映されないのですよ。 たっぷり混ぜても固着しなくなったらダメだから、分量調整が必要。

とりあえず、私は 布物とアクセサリーの方を作ってった方がいいかな。

 

|

2019年7月11日 (木)

図形と花のアクセサリー

Image_20190711004101

9日と10日に作った分です。

上の2つは、市販の35mm程のシリコンモールドを使っています。 古いiPadのカメラなので画像が荒いけど、左下はシュリヤントラのトップ、右下2個は19mmの半球にフラワーオブライフ、どちらも 私が製図してプリントしたのを入れてますので市販のシールや印刷物は使っていません。

紙の状態を活かして、裏から細工をして、図柄以外にも楽しめる要素を盛り込んでいます。次のマーケットまでに色々作れたら良いのですが、日程的に出れるかどうか分からないので、用事が入り難い曜日に 先に申し込むしか有りませんね。

以前に作ったレジンアクセサリーでは、自分で草花をドライフラワーにして使っていたのですが、月日が経つと花の色が抜けてしまうんですよね。 形は見えるし分かるんだけど、色があった時と比べると、寂しくなってしまうのですよ。 その点、市販のドライフラワーは何か処理や着色してあるので色はキレイなままですもんね。

久しぶりに、ドライだけど お花アクセサリーを作ってます。 まずは自分用のシンプルな小さい球体で、イヤリングに加工しようと思ってて、昨日やるのを忘れていました😅 出来る時にやります。 自分用でイヤリングを作るのも初めてだと思う。

|

2019年7月 8日 (月)

フラワーオブライフ、帆布のコースター

Image_20190708193802

布のコースターも作りました。

布の織りの糸目に沿って縦横、ともに真っ直ぐに裁断し、少しフリンジにしてから、ほつれ止め液で処理してあります。結構手間のかかる作業です。 それからスタンプを押しますが、絵の具の乗り具合では、かすれや 色の薄さが出るので、手描きで修正する必要があります。

一度でスッキリと押せたのは、全体の3分の1くらいで、あとは、ほんのちょっとでも気になるところがあるので、手直しです。 ラメでの金色ですが、発色良く組み合わせて混合し、メタリック感は出せる絵の具なので気に入ってます。

材料はあるので、コルクのコースターも作れるけど、コルクってカビてこないかな。

Image_20190708193801

少し違うサイズのアンクも製図しました。

ご要望で 少し大きくしたので、それならと、卵形の上部が広いデザインにして、“持つ”というのに対応出来るように。

最初の試作で18センチのを作ったのと同じくらいです。

その後で、輪の部分の大きさや、全体のサイズのバランスをどのくらいにしたら良いかをネットで色々見て、輪が小さいのや、下の縦線が長いのとか、色々あるなぁ、と思いながら、有名な壁画のバランスと同じくらいで作っていました。 でも、これだと 今作っている13センチよりもかなり大きくしないと、指3本で輪を持ちにくいので、最初の試作でじぶんの手感覚で作ったのと同じくらいに戻しました。

製図してみたらかなり良い感じになった❣️ので、早速、銅線で枠を2つ作りました。 2本作っておきます。 もしかすると、以降はこのサイズで落ち着くかもしれないですね。 手の大きさも個人差なので、人によっては 大きい、小さい、かもですが。

沢山試作出来るほど材料は安くないので、全て丁寧に作っています☺️

 

分割で送られる荷物は、今日で全部届きました。 肝心の材料が、遅れて最後の2日に来るという… これから色々作ります。

今月の地元のストリートマーケットは、結局 出店無理でした。 15日(月)は、出かけるし、あとはほぼ締め切りでしたからね。大事な用事の前日に大荷物で移動して遅くまで外出だと、次の日起きれないと困るので、マーケットは見に行くだけにするわ。

それと、ミンネ通販は休み中ですが、今まで掲載していた素材類とブレスレットは削除しました。 直参に持って行く事にします。

昨日ユザワヤで買った 油性顔料インクのスタンプインクが、99%乾燥していました。 前日に買って来て開けたばっかりなのに、何て事でしょう…紙にぎゅーっと押しても四角く縁の方が薄っすら付いただけ…しょっちゅう行く距離じゃないので交換も出来ないし、物が物なのかねぇ。 溶剤があるようだけど、それで解消するレベルかな? 地元に有れば良いけど。 原料を見ると、グリコールエーテル系と書いてて、代用で何か使えないか調べようと思って見ると、グリコールエーテル系の物は塗料などの溶剤に使われているけど、毒劇物だと書いている記事を見つけました。 溶剤だとそうでしょうね、色々似たり寄ったりかもですが、乾いたスタンプパッド面に何滴も1度に垂らしては危険なのでしょう。 1滴たらして馴染ませて様子を見る、と書かれていました。 スタンプインク自体も、何か変わった臭いがするので、油性のを使う時は気をつけたほうがいいですね。小さいけど、そんなに安くはなかったので、勿体無いですが、1つは使えないかー…💧 こまけいこ さんのシリーズは水性だから臭い気にならなくて発色もいいけど、メタリックは無いからね。

|

2019年7月 4日 (木)

半球で UV-LEDライトのお試し

Image_20190705003902

Image_20190705003901

写真は、本日の試作品。

同じ日にAで頼んだ物がバラけて3つに分けて届くようなのですが、天候の影響でしょうか、1つは届きました。 急ぎで欲しかったのが2点届き、作業は楽になります😊 しかし、肝心のレジンと シリコンモールドが、まだ発送されてなくて、1日遅れで頼んだRショップからの物は発送されたようです。 後は、Aの残りの物が発送されるのを待つ事に。 市販の金色シールは6日中には届くかなぁ?

さて、紫外線硬化樹脂の、清原・UVレジンを、届いたUV-LEDライトで硬化させてテストしました。 一応固まるし、タイマーが1分までのが2段階あるのですが、このレジンは一応紫外線で固まる物なので、何回1分ずつ当てても、一気に半球の厚さは硬化させるには無理があるようです。 表面のベタつきがギリギリ無くなってるくらいで、6分ほどライトを当てました。 ちょっと黄色味が出た? かは分からないけど、安い方のスーパーファイン専用紙にプリントした図柄をコート剤無しで試しに入れてみたら、見事に染み込みますね、やっぱり。 黄色味の図柄が、一見しただけでは全く見えないので、濃い色だったら使える方法かも。 白い紙感が薄らいで良い場合に。

中心部分が硬化出来てない様なので、明日、日光に当てておきます☀️ 仮硬化用に使おうと思ってて正解の、小さい方のやつです。 薄くて小さく とても軽いですが、遮光する壁が無いので、そのまま使ってたら、周囲と収納式の脚部分が劣化していくのではないかと思うので、ちょうど良いボックスを作ります。 20秒だけ狭い範囲に当てるには、懐中電灯型の小さいのを使っています。

まだ来ていないレジンも、紫外線とLED両方で硬化する物なので、仕上げは、いつものネイリティを使います。

今までは、アクリル塗料をレジン類の着色に使っていましたが、UVレジンに使うと少々ムラになったり、水性ホビーカラーでも少し半透明感が出たりするので、専用の着色剤を準備しました。これも今日届いたので、使ってみるのが楽しみです😊

今日は、帆布を沢山裁断しました。コースターなのですが、12cmと13cmの2サイズで、それぞれに大きさの違うFOLをスタンプします。 ふちを少し解いて、ほつれ止め液仕上げまで完了✨ 明日はアイロンをかけてから 布絵の具でスタンプします。 小さいから押すのも1回で済んで楽ですが、真ん中に押せるように慎重にやるです。 図柄は全て金色で 良うございましょうか。

金色ラメなシールも少しずつ増やしています。どの位の大きさが良いのかな。

大きい3サイズの消しゴムはんこは自分で彫りましたが、3、4、5cmの消しゴムはんこスタンプは、以前に minneの作家さんから購入した物です。 念の為にスタンプした物を売り物にしても良いかを聞いて、フラワーオブライフなどの神聖幾何学のものに関してはOKとの確認済みです。 ありがとうございます😊✨ 私にはもう、こんな細かいのは掘れません…視力が悪いので焦点が合わなくて、細かいのが掘れない💧 購入したはんこは、感動物の美しさ・丁寧さ なんですよ💖 紙にスタンプするのに ちょうど良いです。

布にスタンプするには、ある程度多めに絵の具が版面に乗る必要があるので、隙間が多くて細すぎる線画は難しいです。

|

より以前の記事一覧