« 2024年4年17日の雲 | トップページ | 2024年4月7日から5月5日の雲 »

2024年5月 2日 (木)

何の石か分からない昔の指輪

今年の COBRAの状況報告や、各地カンファレンスで記録されたノートの内容では、いくつかの石の事が紹介してありました。

読んでいて思ったのは、黒く見えるテクタイト系のもの以外は、緑色の石が多い?という事。

今の時期に 少しずつ活性化されてきている石も記事にあったので、自分用の手持ちの石 というか 部屋に保管してある石を、ひと月ほどの間に 出してみて 何が有るのかを整理している所です。

バブルが終わる頃か、過ぎて数年後か、その頃に ショッピングセンターに来ていた物品の催事で買った記憶がある物の1つが出て来ました。

色は、緑濃い翡翠や アベンチュリンのような感じだけど、光に透かすと内包物などが分かりますね。

アベンチュレッセンスのようなのは 表面には見えないんですよねぇ。

何でしょうね〜? 接写レンズを装着して写しています。

Img_3192

5/2追記ーー

Img_3227

再度よく見たら、表面に小さいキラキラが散らばっていました。やはりアベンチュリンのようです。

コンタクトレンズを外した後で裸眼の ど至近距離で見たらキラキラが見えました🟢✨

ーーー追記ここまでーーー

もうひとつ、その前に ネックレスのエメラルドの様なのを購入していたけど、それは入れ物が違うようなので まだ見つかっていません。

↑の指輪も、探し出していないネックレスも、どちらとも 当時1000円程で購入したものなので、土台は刻印も何も無い メッキの安物でしょうけどね。

ぼちぼち片付けている間に出て来ればいいけど。

さらにその後に、どこだったか忘れたけど、ピンキーリングが流行ってた頃に購入した物は出て来ました。

Img_3217

石部分の幅は2mm程で、よくこんな小さい物を作った物だと感心します。

ボールチェーンは当時から付属の物です。

Img_3221

安物だけど、石物を扱う雑貨店か、あの当時には地方のショッピングセンターにも よくあった宝石店の店頭か… どこかで。

ごく小さいから、値段的にも安かった記憶。

キュービックジルコニア という名称が書かれたポップを よく見かけた時代だったね〜、近年はジルコニア表記かな。

今は視力矯正で小さいのが見辛いので、接写レンズを付けて写したので確認。

もっと見やすい拡大ルーペが必要そう🔍👀 

含浸処理してあるけど本物、のようですね。

ちっちゃくて 外れたら 見つからないやつ💦

緑色の石は、いくつか持ってるわね。

他は、ビーズのアベンチュリンとか、小さいタンブルの天然石の緑があります。

 

エメラルドの、宝石質 からもっと安価に パワーストーンの範囲で探してみると、色が明るいのもあるし、地の色が黒っぽいのもあるんですよね。

色が緑濃い方がグレードが高いようだけど、色は産地でも違うし、成分の違いでエメラルドに入らない物もあるとか。

地元のショップで展示してあった8〜10mm丸玉のプレスレットにエメラルドと表記してあったけど、よく見ると 薄〜い黄緑色で透明感もあって、内包物の感じがモルガナイトと似てる気がする、って事は? と帰ってネットで検索したら出てきたのが “グリーンベリル” ですよ。

ネットショップでも 似たようなクリア感のものが掲載されているので、ほぼほぼ グリーンベリルに入るのかもしれないですね。

微妙な成分の違いで、どちらに入るのかは鑑定士次第でもあるそうですが。

分かり難いのが、微量の透明感が写真だけでは判断出来ない 明るい緑色や、もう少し青みがかった ビーズ連売りや ブレスレットの見分けです。

店によって 記載が違うので、同じように見える物が名称違いなんですよね。

わからない物は買わない、です。

 

今すでに所持している 安価な天然石も、イベント来たら活性化されると良いですね〜。

その時のためにも、出しやすい所に保管しておきます。

|

« 2024年4年17日の雲 | トップページ | 2024年4月7日から5月5日の雲 »

○天然石・スピリチュ・&関連」カテゴリの記事