« 8月4日の雲 | トップページ | 原因は意外な所だった話し »

2022年8月 7日 (日)

レムリアと アトランティスについてのCOBRAの記事から

数年の間にCOBRAインタビューの中で語られた、アトランティスと、レムリアについての内容を探して部分転載させていただきます。
最初はそれからさらにまとめて書こうと思ったのですが、インタビューの質問に対する内容なので、そのまま抜き出して掲載する方が間違いが無いですね。
カンファレンスなどノートのまとめ記事は、数人が記録した物から集められていますので、直接喋ったのを翻訳された物ではないことをご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

地球の歴史~コブラ・カンファレンス・ノート2012 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2012.11.23~25に開催

質疑応答

闇の三日間はもはや起きないだろう。
アルマゲドンのシナリオに関して言えば、そのタイムラインが作られたのはアトランティスの終わり頃だった。
私たちが滅ぼされることは二度と起きない。
でも、人類は惑星地球にあまりにも多くのプレッシャーをかけてきたため、彼女(地球)はそのプレッシャーから解放される必要がある。

📎銀河戦争

8百万年前に、非常に強力で高い意識を持った大天使の集団がいた。彼らは好奇心一杯で新しい挑戦をした。
そのうちの一人は、ソースから切り離されたら、どんな感じになるのかを試してみたいと思った。
もし自分が地面の床になったら、樹木になったら、物体になったらどう感じるのかを試してみたかったのだ。
彼は自分をあるチェンバーに入れた。それは彼らの技術で作った、強い電磁力をもった次元のチェンバーだった。
彼はこの電磁場に身をさらして、その感覚を味わうことにした。
ソースから切り離された瞬間、後悔の念がすぐに生まれた。
でもこの大天使はその状態から抜け出せなくなって、元の自分に戻れなくなったのだ。
彼はほかの大天使の助けを引き出そうとした。
結果的に、ほかの大天使や存在も同じ窮状に陥れられてしまった。
自分たちに何をしたのか、それを悟ったところで、もはやその状況(自分が闇になった状況)から抜け出せなくなったのだ。
結局、このグループは銀河を征服することに決めた。
彼らは惑星を侵略して、闇をまき散らした。これが闇の始まりだった。宇宙には1千億個の銀河がある。

光の勢力がこれに気付いて、すぐに行動を起こして、この堕天使たちの乗っ取りを防いだ。
大天使ミカエルは、堕天使の影響を受けた地域の周りにエネルギのバリアを築いて、闇の拡散を防いだ。
ほかの光の存在は闇の勢力に侵略された惑星を解放するための軍勢を立ち上げた。
これが銀河の光の勢力の始まりだった。銀河戦争はこうして始まった。
その最中、多くの惑星は破壊された。銀河艦隊は、堕天使に奪われた惑星を奪い返すために戦った。
私たちは自分の意識の中でこれらの記憶をもっている。
映画スターウォーズに描かれたのも、実は数百万年前の実際に起きた物語で、私たちの古い記憶だったのだ。
銀河のセントラル・サンは銀河の中心に位置するスターゲートだ。魂はここで作られて四方八方に広がっていく。
ワンネスに気付いた存在達が中心になって光の同胞団を作った。
この光の同胞団がワンネスのメッセージを拡散していった結果、やがて複数の文明が進化して、光を広めるためのセントラル文明が生まれた。
銀河は二重らせんの形をしていて、1千億個の星々からできた渦のように見える。
この渦から光の銀河ネットワークが出来て、様々な種族に広がった。銀河を闇から解放するという共通の思いを、彼らは持つようになった。
光の勢力は常に勝ち続けているが、守りや助けを必要とする惑星の数は何十億個もあるのだ。

約25000年前に、光の勢力から逃れるために、闇はある狭い領域に集結した。
結果的に、彼らの総本部はオリオン星系と地球に置かれた。
近くの惑星や星系は彼らの主要な砦になった。
彼らは人類を人質にとって、隔離区域を宣言した。事前の許可なく、宇宙船の着陸は許されなくなった。
25000年前、アセンデッドマスターが撤退して、ほかのETも地球に入ってこなくなった理由はここにあった。
多種多様の生態系をもっているため、地球は非常に高い価値をもった不動産だった。
彼らは核戦争を脅しに、地球の人々を人質にとって、光の勢力の進入を牽制した。
そのため、この隔離された地球にはほかの地球外種族は近づけなくなった。
いま、そういう時期も終わりを迎えた。隔離状態を解除し、闇を取り除き、銀河連合に再び合流する時がやってきたのだ。
私たちは一つのアトランティス・サイクルを終えようとしているのだ。

📎アトランティス

最初のアトランティス
最初のアトランティスはプレアデスにあった。物質的な世界ではなかった。
エーテル界の惑星であり、プレアデスの天使の故郷だった。
彼らの目標は物質の波動や、意識の様々な次元、男女性の融合についての探求や発見でした。
天使達は惑星の密度を濃くして、より物質界に近づけようと決めた。
でも、惑星が爆発して、モルダバイトの破片があちこちに散らかって、地球にも落下した。
その多くは今のチェコ共和国の領内に落ちた。

第二次アトランティス
10億年前のアトランティスは大西洋の中の島だった。そこに先進的な文明が栄えていた。
90万年前に、オリオンからきた闇の勢力がインプラントを導入した。
彼らはインプラント植え付け用の治療椅子で、電気やメンタルのプログラミングを施した水晶インプラントを埋め込んだ。
これが人類に対するマインド・コントロールの始まりだった。すべての信念体系の始まりでもあった。

信念体系のプログラミング
主な信念体系プログラムは二つある。
1. 人間とソースは切り離されているという信念プログラムだ。これが「エデン」という楽園からの堕落だった。
それによって、私たちの意識は、より高次元の意識とつながらなくなっている。
2. 男性と女性の分離を作り出す信念プログラムだ。それが、男女間の心理面と身体面の性差として反映されている。
本来、人間の体内にある魂は、両方の性を使うことで、意識を成長させているのだ。
このプログラムで、女性に男性と異なる心理プログラミングが施された。
でも、体は私たちの意識の成長に必要な道具にすぎないのだ。
この二つの信念体系プログラムによって、私たちが抱えている問題の大半が作り出された。
(※訳注は割愛しました)
多くのプレアデス人やシリウス人がこの分離を修復するためにアトランティスを訪れた

第三次アトランティス
16000年前に、星の教団と呼ばれる特別部隊ができた。
144,000 名の存在がボランティアで、この分離を修復し、闇を光に統合するために結成された。
彼らはこの協力のために繰り返し生まれ変わった。
代表的な著名人はブッダ、キリストやテンプル騎士団などのライトワーカーだ。
私たちが惑星を解放したら、地球は第三次アトランティスの時代に入っていく。それは地球上の楽園になるだろう。
この新しいアトランティスの中で、かつてあった先進的な技術が甦り、光の都市が次々と造られていくだろう。
ファーストコンタクトが始まる時こそ、新しいアトランティスの始まりだ。

隔離された地球
25000年前に、闇の勢力は地表の人々を人質に取り、光と地球の前進を阻むために隔離状態を作った。
地球とのコンタクトに、光の勢力は極めて慎重でなければいけなくなった。
地上のスターシード達は、地球外からの介入を望んでいるが、闇の勢力は核戦争の脅しでこれを防いだ。
でもいま、このファーストコンタクトを望む人数がクリティカル・マス(臨界数)に達している。
コンタクトを受けた人達もいるが、それを理由に彼らは危険に晒される可能性がある。
それを回避するため、彼らはコンタクトを思い出せないようになっている。
イベントが起きれば、私たちはその記憶を取り戻すだろう。
銀河法典の中に、人々の願いを聞き入れると規定する部分がある。
だから、彼ら(銀河連合)はコンタクトの願いに応えようとしているが、でも私たちの安全は確保されなければならない。
カンファレンス現場の真上に物理的な宇宙船がある。いま私たちのいる建物の14km上空の宇宙ステーションにある。
星の兄弟姉妹はいつも私たちと共にいることに気付いていて下さい。

介入とコンタクトの条件
自由世界に関する偽情報が大量に出回っている。私たちは皆、介入とファーストコンタクトを望んでいる。
でもその実現のためには、次の条件が必要だ。
1) 望む人数がクリティカル・マスに到達していて、なおかつ
2) コンタクトは私たちが有する神聖な権利だと認識していること
3) それが銀河法典の一部であると認識していること
ファーストコンタクトがカバールを刺激しかねないため、危険をもたらす可能性がある。
私たちの安全を確保するために、ファーストコンタクトがなかなか実現されないのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-05 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2013.05.03掲載の記事

A: 興味深いことです。それに、そこはレムリア大陸があったところでしょう?


C: はい、ハワイは遠い昔、レムリア大陸の一部でした。

A: 私の研究では、確か、平均的なレムリア人の精神は14歳の女の子くらいだけど、サイキック能力など霊的にはとても発達していたと聞いたことがあります。
(C:その通りです、はい。)
興味深いです。私達は同じ周期を回っているのですね。


C: 本当に様々な物事が、今終わろうとしています。
――――――――――――――――――――

アレクサンドラのコブラインタビュー 2013-10-01 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2013.10.01掲載

A: シェルダン・ナイドルが言うには、私達は古代レムリア人がほとんど成し遂げそうだったことを達成しようとしているそうです。何のことを話しているのだと思いますか?

C: 遠い昔、光の勢力がこの惑星上に楽園社会を作りだそうとした計画がありました。
そして、
レムリアアトランティスの一定期間中にその楽園社会は創られました。
しかし、
住人の意識が幼稚だったという問題がありました。現代人の14歳と同じくらいの知能しかありませんでした。ですが今回は、全く新しい楽園を作りだそうとしているのです。
ーーーーーー
A: 地球温暖化の話題です。一年で北極の氷の量が60%増加したという証拠が出ましたが、これは光の勢力の介入がありましたか?

C: 地球温暖化は全て偽情報です。本当は、地球は小氷河期に入ろうとしています
お気づきになられた方もいるかもしれませんが、私達は数百年前に西洋で小氷河期を引き起こした太陽極小期と同じ周期にいます
そして、それはあと数年で起きます。そして地球の気候は、銀河のセントラルサンの活動と密接に関係しています。
私達は特に今、25,000年の銀河セントラルサンの鼓動が起きる周期の真ん中にいます
この鼓動は物理的な太陽に作用し、地球の気候にも変化を与えています。

ーーーーーー
A: ニュー・アトランティス島が、このように海から浮上してくるということはありますか?

C: いいえ、新しい島が浮上してきて、それがアトランティスになるということはありません
ニューアトランティスは物理的な「社会」のことを指します。
――――――――――――――――――――


ロブ・ポッターのコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2014.06.17掲載

〇144,000

ロブ:kauilapeleが質問を寄せてきました。そのうちのいくつかは、彼のリスナーからのものです。
1番目の質問。
144,000とはそもそも誰のことなのか、スターシードなのか明らかにしてください。

コブラ:こう言いましょう。
あらゆる闇を自分の光で変容させるために地球に来ることを自ら選択した、
スターシードからなる核グループです。
ある特別な任務部隊を表現している象徴的な数です。この惑星の歴史上の様々な局面を通じて、この惑星に来ました
そのほとんどがアトランティス時代にやって来て、様々なキーポジションについたり、歴史のキーとなる時代に転生したりしていました。
そして今このグループは、地球惑星の変容と解放を目的としてここにいます


〇スペースファミリーとの接触

ロブ:どうすれば、地球の周りにいるスペースファミリーの宇宙船とサイキックなコンタクトができるのですか?

コブラ:オーケー。それはトリッキーなことなのです。こういう言い方をしましょう。
あなたが自分のハイヤーセルフと繋がってからでないと、光の勢力とは接触できません
あなたのハイヤーセルフを通してのみ、このような勢力、光の勢力と接触できるのです。
もしあなたが自分のハイヤーセルフと繋がっていないまま光の勢力と接触しようとするのなら、ほとんどの場合、アストラル界かエーテル界に繋がってしまいます。そしてもちろんアルコンが干渉するでしょう。
まずは皆さん一人一人が、直接かつ強固に自分のハイヤーセルフと繋がることをお勧めします。


〇アセンション

ロブ:質問です。―地球は今アセンションしているのですか?(※2014.06.17掲載当時)

コブラ:地球はまだアセンションしていません。アルコンとアルコンの技術の支配下にあるからです。
アセンションのプロセスはイベント時に始まります


私たちが今いる段階をはるかに越えて、途轍もなく進化していきます。
イベントは進化の終わりではありません。イベントは本当の進化の始まりです。ものすごいことが私たちを待っています。


ロブ:そうですね。質問です。―私たちがアセンドしたら、肉体はなくなるのですか。私たちは体を変化させることができますか?

コブラ:アセンション後は肉体を持たなくなります。三次元を越えているからです。
もちろん、ホログラムを三次元に投影できますが、そのホログラムに自己同一化することはありません。
それはこの次元への、あなたの意識の投影物です。


〇魂の年齢

ロブ:少し形而上的なことに入っていこうと思います。魂に年齢はありますか。魂の年齢はどうすればわかりますか。
悪い奴らはより古い魂で智恵もあり、良い人たちに光の存在という経験を積ませてあげているのですか?


コブラ:魂の年齢という概念自体が見当外れです。
魂は、直線的な時間を通して経験を積むのではありません。私ならむしろ、それを魂の智恵と呼びます。そしてそれは魂の年齢とは関係ありません
それから、闇の勢力は賢くありません。彼らは実際は未熟で見当違いをしている魂です。


〇私たちの起源

ロブ:一般的に、地球上にいる私たちにとって、起源となる惑星または銀河は一つだけですか。
それとも私たちは魂のさすらい人ですか。私たちの故郷が光の宇宙船ということもあり得るのですか?


コブラ:ほとんどの魂がこの銀河系のセントラルサンから生まれています
他の銀河系のセントラルサンを起源とする魂もいます。
それからもちろん私たちは、様々な恒星系、惑星、母船での経験を積みました
もちろん、人類の大部分はこの惑星で生まれ育ち、この惑星で進化しました


ロブ:ええ、でも魂の起源はグランド・セントラルサンですよね。
魂はそこで過ごしたことはあるのですか、それとも、そこは生まれた場所に過ぎず、どこかの惑星で初めて姿を現したのですか?


コブラ:セントラルサンは、魂にとって誕生のスターゲートです。
魂はギャラクティック・セントラルサンから出現し、旅をし、経験を積みます。
最初は銀河の中心の領域で、その後はさまざまな方角へ踏み出します。


〇カルマ

ロブ:いまだにこのような質問を寄せてくる人がいるのですが、多分その人たちはあなたのグループに、あまり慣れ親しんではいないのでしょう。
繰り返された質問ですが、はっきりさせておくことが大切だと思います。
―今回の人生で、私たちに苦痛と悲しみを生み出す人々がいますが、これは私たちが積んだカルマのせいですか、それとも、前生でも同じようなものだったのですか。


コブラ:カルマという概念自体がアルコンの作りものです
彼らは、あなたがしてもないことに対して、罪を感じてもらいたいからです。
そしてカバールのネガティブな行為に対して、あなたに抵抗してほしくないのです。
私たちが何か悪いことをしたとか、私たちが罰せられるとか、私たちがレッスンを学ぶ必要があるとか、そんなことではありません。
私たちが唯一学ぶ必要があることは、「ノー」と言うことです。
このような作りものに対して、アルコンに、カバールに、イルミナティーに「ノー」と言って惑星を解放することです


〇アセンションとは何か

ロブ:アセンションについて誤解している人たちがいます。この質問で、あなたが明確にしてくれると思います。
―アセンションした人たちは自分に仕えるようになるのですか、他者に仕えるのではなくて?


コブラ:オーケー。アセンションというのは時空連続体から解放されることです
自分や何かのために仕えるというような、すべてのマインドの概念を超えています。
それはシンプルに、光と愛を生き、放射するということなのです。


〇オシリス、ラー、トト

ロブ:オシリス、ラー、トトについて、あなたに少し話してもらいたがってる人がいます。
当時の本当の歴史を教えてもらえますか? ポジティブな存在か、ネガティブな存在か、実際に何が起こったのかを。


コブラ:それらの物語はアトランティス時代―彼らが実在の人間、ヒーローやアンチヒーローとして、地上を歩いていた時代―集合的記憶です。そのほとんどはポジティブな性質でした。
オシリス、トト、ラー、イシスは光の存在です
ネガティブな性質の者もいました。セトは当時、闇の勢力のリーダーでした。
彼らはみな、シリウス、オリオン、プレアデスなど、別の恒星系から来た存在でした。
ハトホルはプレアデスです。彼女は光の女神でした。彼らはエジプトの民衆の集合的記憶の中で生きていました
理由は単に、大洪水の前は
エジプトがアトランティスの植民地だったからで、エジプトの人々は、当時の集合的記憶を有していたのです。

〇レムリア、アトランティス

ロブ:レムリアとアトランティスについて少し話してもらえますか? 高度な文明をもちながら、衝突して滅んでいった様子などを。

コブラ:レムリアはアトランティスよりもはるか昔に存在していたので、レムリアとアトランティスの間で戦争はありませんでした。
人々はそのままの事実を受け継いでいません。ずっと昔のことなので、記憶は薄れてしまいました
アトランティスに起こったことは、闇の勢力がオリオンからやってきて、人間とアトランティスで暮らしていた存在が許可を与えました
彼らを招き入れることに承諾したのです。
闇を経験したことがなかったので、好奇心からそうしました。それは賢い選択ではありませんでした。
マインド・プログラミング、マインド・コントロールの実験がたくさん行われ、人類が落ちるところまで落ちてしまいました
そのことは、この惑星を
隔離状態に導きました。

ロブ:異種間の遺伝子実験も行われていましたね。(C:ええ、その通りです)。有り難う。こういうことを言っている人たちがいます。
―アトランティス時代、人々は力を誤用したので、人々は力を恐れています。
この全システムが、アトランティスの再来です。これは私たちが当時の過ちを正したり、学んだりするための機会なのですか?―この人はカルマのことを考えているのですね。


コブラ:完全には同意しません
ええ、アトランティスの状況と似ている点はありますよ。しかしこれは新たな物語です。
アトランティスのような終わり方をしません。人々には、この大破壊の集合的記憶があります。
そしてそれは二度と起こりません。ええ、同じ事を繰り返している者たちもいますよ。
例えばカバールのリーダーは、当時もカバールのリーダーでした
しかし今は、集合体として私たちにはもっと多くの力があり、結果を変えることができるのです。
これはカルマの話ではありません自由意志についての話です。私たちの決意、私たちの集合的な決意についての話です。
そしてまた、新たな黄金期の宇宙的変化についての話なのです。
天の川銀河のこのセクターを再構築することで、この惑星はよくなり、解放されます。
――――――――――――――――――――


アントワインのコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2014.11.05掲載

アントワイン:それなら、イシュタル、アフロディテ、ビーナス、イシスはすべて同じ存在なのですか?

コブラ:基本的に、アトランティス時代の後期に生きていた同じ存在を指します
その存在に様々な文化で異なるアプローチをしていました。異なるやり方で繋がっていたのです。


アントワイン:オーケー、それならアシュタルはオシリスやアポロでもあるのですね?

コブラ:アシュタルはオシリスです、ええ。

アントワイン:アポロは違う存在ですか?

コブラ:アトランティス時代の後期には、他にも地上で暮らしていた光の存在たちがいました。
そして多くの古代の神々たちは、そのような存在についての遠い記憶を表しています


アントワイン:オーケー。オシリスが殺されてばらばらに刻まれた話についてコメントしてくれますか、本当にそんなことが起こったのですか?

コブラ:それはアトランティス時代の後期、特に惑星地球がアルコンの支配下で隔離状態になったときに起きていた戦争を象徴的に反映しているものです。ですからその話は実際にその時間枠での記憶なのです。

アントワイン:それならそれは比喩的な話なのですね?

コブラ:はい。起こったことを正確に描いているのではありませんが、その時間枠で起きていた争いを象徴的に表しています。

アントワイン:今はイシスとオシリスはたくさんの場所に同時に臨在しているのですか、それとも、彼らの意識の中心地となるような場所があるのですか?

コブラ:主にシリウス恒星系に集中していますが、もちろん地球の周りにいる母船にも意識を投影させています
そしてもちろん地球表面にもたくさんのエネルギーを送り、解放のプロセスを支援しています。

アントワイン:オーケー。あなたは以前、アイルランドはアトランティスの一部だったと言っていました。(ええ)。他にもヨーロッパでそういう場所はありますか?

コブラ:フランスの西海岸はアトランティスの一部でした。アドリア海もそうだし、地中海沿岸はほとんどアトランティスに属していました。エジプトはアトランティスの植民地です。

アントワイン:そしてハワイはレムリアの一部ですね?

コブラ:はい。

アントワイン:米国とカナダの西海岸もですか?

コブラ:はい。

アントワイン:頭髪が神経系の延長みたいなもので、環境を感じとったり、サイキック能力を高めたりするのを助けるというのは、本当ですか?

コブラ:まさに頭髪はアンテナのようなもので、私たちが高次のスピリチュアルな次元に繋がるのを助けてくれます

アントワイン:オーケー。だからカバールは人々、特に男性に短髪を促しているのですね。

コブラ:ええ、だからできるだけ髪を切るのが主流になっているのです。
カバールは人間をスピリチュアル的なものから分離させ、抑圧したいからです。

アントワイン:この太陽系には、他にも物質的な生活が営まれている惑星はありますか?

コブラ:この太陽系内にも、地下で生活が営まれている惑星や衛星はありますよ。

アントワイン:物質的に? (はい)。 でも表面では暮らしていないのでしょう?

コブラ:ええ、条件がふさわしくないので。火星の表面にはバクテリアくらいなら見つけられるでしょうが、それだけです。

アントワイン:オーケー。イベント後、私たちが二度と闇を経験しないとどうして言い切れるのですか?

コブラ:単純なことです。この宇宙は十分目覚めに満ちた状態になるからです。
それに光の勢力には、そのようなことが二度と起こらないようにするだけの技術力があります。

アントワイン:オーケー。宇宙は再び収縮し、その後再び拡大しますが、この記憶は保たれていきますか?

コブラ:一切の目覚めは保たれますが、高められたあり方で、もっと洗練されたあり方で保たれます
――――――――――――――――――――


PFCチームによるコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2015.02.22掲載

Q:シャスタ山の地下にあるテロスの都市や、他のレムリアの都市に近づくことはできるか?

A:イベント前は不可能だ。
――――――――――――――――――――


ロブポッターのコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2015.03.16掲載

〇ファーストコンタクト後の選択

ロブ:ETには様々なレベルの者がいますから、ファーストコンタクト後に人類は一致団結して、交流する種族を決めなければならないのでは?

コブラ:人類にネガティブなアジェンダを提示するような種族はいないでしょう。
それに人類一人一人が、誰と、どのような条件下でコンタクトするのか、自分で決めます
ですからファーストコンタクトというのは、個人的な出来事であり、大衆として経験するシナリオではありません。
ある意味で大衆のシナリオではありますが、それでも各自で選択しなければなりません
自分は繋がりたいのか? 他の種族と交信したいのか、したくないのか? 交信を強いられる人は誰もいません。
誰もコンタクトを強いられません。コンタクトは行われます。
そしてそれはマスメディアを通じて知らされ、人々は情報を得ます
そしてもちろん、どのようなコンタクトをするか、各自がそれぞれの選択をします。


〇トリノの聖骸布

ロブ:面白い質問が来ました。「トリノの聖骸布に関する事実を教えてください。それは本物ですか、偽物ですか?」

コブラ:13世紀に作られました

ロブ:どういういきさつがあったのですか?

コブラ:あるテンプル騎士団員が作りました。お察しの通り、聖物や、その断片を作るような商売が繁盛しており、とても儲かる商売でした。あらゆる教会とモスクが、キリストやマリア、あるいは他の聖者の縁の品を欲していました。
この聖骸布もその流れにのったものです。というのも、そのような物のなかには、神秘的な儀式に使われていたものがあり、非常にパワフルだったからです。


ロブ:アンダリアン・レムリアン・クリスタルというものを見せてもらいました。レムリアの破壊された寺院群のものだそうです。人々は、それが単原子だと言うのです。コメントをもらえますか? 見たことありますか?

コブラ:ええ、見たことがあります。それらは一種の黒曜石で、それほど珍しいものではありません。売れば良いビジネスになりますよ。

ロブ:では、それは自然にできた黒曜石なのですね? (そうです)
――――――――――――――――――――

(質問する側の方の喋りが多いのが気になりますが↓)
E.M.のコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2016.03.15掲載

EM:大昔、レムリア時代に、ロード・オブ・ファイアの一人が人類を個別化に導いたと言われています。
今でもその存在は、人類をこの時代のイニシエーションの道に導いており、将来、その存在は同一化プロセスの中心になるということです。
なぜ魂の発達にとって個別化がそんなに重要なのですか? そして命の意味に関して、「自らをもっと知るために、万物は存在する」とは何を示唆しているのですか?


コブラ:個別化することで、転生した魂は自らを知るようになります。
万物が存在するのは、偶発性による事象に対比して、自らを知るためです。

ーーーーーー
EM:この非常に重要な張り詰めた時期に、ある人たちは、自分に強く共鳴するようなチャネリング・ストーリーを見つけ始めています。
彼らがそのようなストーリーを読むとき、鮮やかな記憶がどんどん蘇ってくるのです。思い出すことは良いことです。
似たような体験を分かち合える自己の一部を見つけて統合するのですから。
とは言うものの、彼らは過去のトラウマも思い出すようです。
なぜなら彼らは何度も地球に生まれましたが、圧倒的多数の人々の目覚めに関して、ほとんど変わっていないのですから。
どうしてこのような人たちは、まさにこの移り変わりの時期に、
記憶が蘇り始めているのですか?

コブラ:人々が思い出し始めているのは、私たちがこの移行期を完全に目覚めたまま通り抜けるしかないからです。

EM:過去の記憶を思い出すのが早すぎると、マトリックスのせいで再び忘れる危険があります。
それに周りの人たちは、自分たちが「ただの」人間だと常に思い込ませようとします。
そしてもし遅すぎれば、特定のレベルの意識には到達できないかもしれません。適切な時期に記憶は蘇るのですか?


コブラ:そうです

EM:この変容を経験中の人たちに何か言うことはありますか?

コブラ:変容が起こるにまかせてください。ビジョンを保持して光の勝利に焦点を合わせてください。
ーーーーーー
EM:アトランティス崩壊の時代にまで時計を巻き戻しましょう。
あなたは以前、当時の人たちが闇を招いたのだと言っただけで、細かいことには触れませんでした。
分かっている事実として、当時、ある人たちはお金と権力に取り憑かれて、他の人々に豊かさを分かち合うのを嫌がりました
その後、この人たちは次第に闇の存在に協力して、全人口を支配するようになりました。しかし平均的な人たち、大半の人たちはどうなのですか? このようなことが進行中なのに、彼らは戦って抵抗しようともせず、放っていたのですか?

ーーーーーー
コブラ:普通の人たちはほとんど受け身で、抵抗もせず闇の進展を受け入れていました。今と同じです

EM:プレアデス星団は7姉妹として知られています。7姉妹が狩人に永遠に追いかけられているという神話は、何の史実を表しているのですか?

コブラ:狩人はオリオンで、リゲルからの闇の勢力を表しています。その勢力は常にプレアデス星団に侵略したがっていました。
つかの間、それに成功したことさえあります。1996年から1999年までのことです。


EM:この神話に対応する時代はいつですか? アトランティスにまで遡りますか?

コブラ:およそ20万年前のアトランティス時代です。

EM:女神メローペが、死を免れない人間と結婚した話は、どんな事実を表しているのですか?

コブラ:転生したスタービーイングが地球の人間と結婚したことです。これはアトランティス時代にたくさん起こりました

EM:プレアデス史上いつでも7姉妹は、人体に宿ってプレアディアンと交流していたのですか? それともガイアが(人体をもたない)存在に留まっているように、高次の界層だけで働いていたのですか?

コブラ:彼女たちはプレアデス星団の7つの星のロゴスを放射しています
――――――――――――――――――――


コブラ&コーリー共同インタビュー Part1 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2016.05.13掲載

COBRA:
地球のアトランティスはいくつもの波の、様々な宇宙種族によって種をまかれ、(入植を)推奨されたグローバル文明のようなものでした
20万年前に、プレアデス人の入植によってアトランティスが絶頂期を迎えました。

7万5千年前にも、シリウス星系からの入植で文明のピークを迎えました。
これらの種族はそれぞれ多くの技術とスピリチュアル知識をアトランティスに持ち込みました
彼らはそれぞれ独自のネットワークを作りました。
地上の都市から、地下都市、トンネル網、地下ピラミッド、水晶、地殻の安定化技術まで。

しかし不幸にも約11,500年前に、オリオンからやって来た集団がアトランティスのネットワークに侵入し、技術を悪用しました
その技術の悪用が大洪水を起こしてアトランティスを海底に沈めました。それらの古代技術の多くはまだあちこちに散らばっています。
海底に沈んだものもあれば、地下に埋もれたものもあります意図的に破壊されたものや隠されたものもあります
それでも、まだたくさんの機械や技術やクリスタルが残っていています。一部の地下組織はこの古代の遺産を見つけました。
イベントが発生したら、その多くは主流メディアで報道されるでしょう

Rob:
ありがとう。コブラ、シャスタ山のグループについてコメント頂けますか?南米のコンタクティーのルイスや他の人の話でも、シャスタ山から中南米までのグループもあります。それについての情報はありますか?

COBRA:
シャスタ山にいるのは、グローバルのアガルタネットワークです
彼らは25,000年前のアトランティス時代に、アルコンの侵略から地下に逃げました
彼らは地下都市と地下トンネルを築きました。
トンネルの一つはアラスカを通って、ワシントン州、北カリフォルニアでシャスタ山を通り、南カリフォルニア、メキシコ、中米、
そして南米まで。
もう一つの主要トンネルはペルーの地下からカリブ海、大西洋、モロッコ、エジプト、そしてチベットまで続きました。
これらはすべて同じネットワークに属します。この非常に善良な文明を私はグローバルアガルタネットワークと呼んでいます。
地表はこのグループの情報をいくつかのチャネルで受け取っています
シャスタ山に住んでいる一部の人は彼らとも接触したことがあります。
それらの情報の8割は正確だと思います。
でも彼らは古代レムリア人だとは思いません。
彼らは昔の良きアトランティスの子孫です
ーーーーーー
COBRA:
アカシックレコードはエーテル・マトリクスの中の出来事の痕跡です。
実体の土台自体のエーテル構造の中にあります。
相応の技術があれば、その痕跡に保存された情報を読み取ることが出来ます
光の勢力の先進的種族は、エーテル物質から直接にレコードを読み取る技術を持っています。
クリスタルはその情報を効率的に保存できます。
クリスタルはコンピューターのハードディスクのずっと先進的なバージョンと言っていいでしょう
クリスタルはもっと多くの情報を多次元に渡ってずっと効率的に保存できます
基本的に、アカシックレコードはエーテル次元から特定の技術を使えば直接アクセスできます。
さらに進化した存在だと、意識でアカシックレコードに直接アクセスできます。
――――――――――――――――――――


PFCのコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2016.08.25掲載

霊・魂

Lynn -
霊は人間の目を通って身体に出入りするって本当ですか?

COBRA -
霊は身体にある多くのすき間やチャクラから出入りできます。
目は魂の窓と言われますから、霊の出入り口の一つです

Lynn -
身体に魂が住み着くのでしょうか?
それとも身体が魂に住み着いているのでしょうか?

COBRA -
魂は身体の中で生まれ変わりを体験します。
魂はその実体を身体に投影したとでもいいましょう
ーーーーーー
Lynn -
イエズス会と黒い貴族は、古のアトランティスにいた黒魔術師の一部でしょうか?

COBRA -
ええ。

144,000 人による集団瞑想

Lynn -
144,000人が同時に瞑想するとどうなるか、もう少し教えて下さい。

COBRA -
それだけの人数が瞑想すると、クリティカル・マス(臨界量)に到達します。
彼らが一つの瞑想を共同で行えば、それが地球の周りに共鳴域を作り出します。
それによって、彼らがその瞑想で目指す目標の顕現化がより実現しやすくなります。
作り出された強力な共鳴域は惑星の状態に影響を及ぼすことが出来るのです。

Lynn -
これは相転移と考えていいでしょうか?

COBRA -
相転移を助長することができます。相転移の一面と考えていいでしょう。

Lynn -
もし、ウィークリー瞑想で 144,000 人を動員できたら、地球上の状況に関わらずイベントが起きるのでしょうか?

COBRA -
すぐに起きるわけではありません。
でも、イベントを大きく早めて、もっと起きやすくなるでしょう。
ーーーーーー
Lynn -
私の理解では、魂の重さは21グラムです。
魂を構成している物質はなんでしょうか?

COBRA -
それは魂の重さではありません。
それはプラズマとエーテル・ボディの重さで、実際はもう少し軽いですが、大体合っています
プラズマ・エーテルボディと高次元の身体が肉体から離れる前後の重さを測定する実験が行われていて、これがその時に出た重さの違いです。殆どの場合はたった数グラムです。

Lynn -
続く質問ですが、質問者は彼ら自身をビュペルボレオス人と呼んでいます。
つまり、地球上で彼らを見つけることは不可能ということです。
ビュペルボレオス人ってどういう意味ですか?

COBRA -
ビュペルボレオス人とは、古代レムリアとアトランティス時代以前の地球のエーテル面に存在していた、神話に伝わった種族のことです。
この呼び方はその種族への思いから、象徴的に使われたのでしょう。
――――――――――――――――――――


コブラ・インタビュー from Patrick/Untwine 16/9/28 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2016.09.28掲載

📎アセンションの兆候とスカラー波攻撃の違い
Patrick : 時々落ち着かなかったり、気持ち悪くなったりすると人々が感じると、それを「アセンション兆候」のせいにしますが、果たして「アセンション兆候」は実在するのでしょうか。それとも実はネガティブな勢力からの攻撃でしょうか。
Cobra : 身体が新しい周波数に合わせようとして、このような転換の兆候を現すことはありますが、スカラー波攻撃の場合もあります。両方とも起きていることです。
Patrick : では、どちらなのかを特定する方法はありませんか。
Cobra : 通常、スカラー波の攻撃は非常に不快なものです。これに対してアセンションの兆候というか、周波数合わせの兆候は違います。
決してネガティブなものではなく、無理強いされるものでもなく、ただの調整です。でもスカラー波だと、普通は不快になります。
Patrick : 非常に不快というと、例えばどんな感じですか。
Cobra : 心拍数などの身体機能に影響が出ます。身体中に異常な感覚を覚えたり、非常に強烈でネガティブな感情が湧いたり、頭痛だったり、いろいろと引き起こします。これはスカラー波攻撃で起き得る症状のほんの数例です。

📎地球の歴史
Patrick : 話題を地球の歴史に切り替えたいと思います。まず、ジュラ紀と、アトランティスと石器時代の時代順位を教えて下さい。
Cobra : ジュラ紀は何億年も前の時代で、アトランティスとは何の関係もありません
私たちが知っているアトランティスはおそらく百万年前から始まり、殆どの人がアトランティスと呼んでいるのはそのアトランティスの歴史の最後の一部分にすぎず、それがおそらく1~2万年前の時代です。
Patrick : 石器時代は?
Cobra : 石器時代は約 12,000 年前にアトランティスの大洪水とともに始まり、5,000年前の地殻大変動とともに終わりを迎えました
Patrick : 次の質問です。なぜ古代の人々が中国の西安でピラミッド群を作ったのでしょうか。
Cobra : 西安のものを含めて、すべてのピラミッド群は星々からの光を惑星周りのエネルギ・グリッドに定着させる目的で作られたものです。

📎ギザのピラミッドの冠石
Untwine : ギザのピラミッドの冠石(頂上にある石)に何が起きたのでしょうか。
Cobra : カバールに盗まれました
Untwine : いまはどこにありますか。
Cobra : いまはまだカバール所有下の貯蔵庫にあります。これは彼らの力の源泉の一つでもあります。
Untwine : その貯蔵庫はどこの国にあるか、教えて頂けますか。
Cobra : バチカンにありますよ。
Untwine : 冠石は何で出来たのですか。
Cobra : 石英クリスタルで出来ていて、金メッキされています。表面は固形の黄金です
Untwine : なるほど。

Patrick : 次の質問です。ソドムとゴモラで何が起きたのでしょうか。
Cobra : それは大昔の核戦争でした。
Patrick : それはアトランティスの没落とは関係ありますか。
Cobra : それはアトランティスの没落より後に起きたことです。
Patrick : では、イエスの本当の誕生日はいつですか。
Cobra : 様々な情報源によると、本当の誕生日は三月頃のようです

📎台湾の都市神話
Patrick : 都市神話についての質問をいくつかしてみたいと思います。
まず、台湾はレムリアの一部だったのでしょうか。もしそうであれば、それを裏付ける地理的な証拠はありますか。
Cobra : 台湾はレムリアの外れにありました。太平洋全体の海盆が広範囲に浸水した領域である地理的な証拠はあります。
その証拠は台湾にはありませんが、インド本土とスリランカの間にある歪みを調べると簡単に分かります。
その海底には浸水した橋があります。それは割とまだ新しい地表の一部でした。

Untwine : インドの叙事詩『ラーマーヤナ』の主人公であるラーマは誰ですか。
Cobra : アトランティス後期において、非常に精神性の高い存在について語った物語の英雄の一人です。

📎イベント後の PFC
Patrick : イベントの後、ある時期になったら、Prepare for Change を世界的な組織として登録すべきでしょうか。
Cobra : これをどこかで登録する必要はありません。Prepare for Change の目的は、イベントの前にいかに効率よく機能するかにあります。
Patrick : イベントの後は?
Cobra : イベントの後になると、Prepare for Change の目的は変わります。新しい社会基盤の一部となり、惑星の転換を助けることになるでしょう。
――――――――――――――――――――

中国PFCの初コブラ・インタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2017.1.11掲載

PFCC: 人類の肉体を最初に設計したのはどのET種族ですか。その後何回の改良加えられましたか。地球には何度の文明がありましたか。私たちの今の文明は何度目ですか。

COBRA: 人類の創造と設計には多くの種族が関わりました。レムリアとアトランティス以降、今の文明は主な地球文明として三つ目になります。
――――――――――――――――――――

PFC コブラ・インタビュー 2017年2月 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2017.02.09掲載

📎ボスニアのピラミッド

Lynn – 二つめの質問です。単なる好奇心ですが、ボスニアのピラミッドは何ですか?訪れてみて、非常にポジティブであるように思いました。
でも、(出来てから)大分後になって、そのトンネルは他のある文明に閉鎖されました。いまは掘られて自由に通れるようになりましたが。

COBRA – 元のボスニアのピラミッドは大昔のアトランティス時代に作られて、のちに様々な種族によって利用されました
新石器時代には、それに影響力を及ぼしたネガティブな種族もいましたが、そこにある主な勢力ではありませんでした。
ボスニア・ピラミッドは地表に残った希少な太古の遺跡の一つです。
完全な状態に保全されていませんが、本当は自然物を削って作ったものであり、その構造物の中には様々な種族の痕跡がかなり残っていました。

📎南極事情

Lynn – 南極にある古代文明と、その主張を支持するメディアの動きについて、何か教えて頂けますか。

COBRA – まず最初にはっきりさせておくことがあります。
南極大陸はアトランティスではありません。アトランティスはその名の通り、大西洋(Atlantic Ocean)にあった文明でした。
大西洋にはかつて島がありました。アトランティスには植民地がいくつかありましたが、南極にできた文明は遥かに古く、ETによるものでした。
南極にはまず、そこに住んでいたセントラル種族の基地がありました
後に訪れた他の種族も南極で足跡を残し、氷の下には未発見のものがたくさんありました。見つかったもののいくつかについて、一部の人が大々的に書きました
ここ数年間に何が起きたかというと、カバールはイベント前に南極へ逃げ延びる計画を立てていました。
もちろん、その計画は成功しないでしょう。

📎ニュージーランド

Aaron – ニュージーランドの原住民であるマオリ族はどこから来たのですか。

COBRA – 彼らはシリウス星系からやってきました。一部はさらに銀河の中心に近いところから来ました

Aaron – アトランティスから来たマオリ族はいましたか。

COBRA – もちろん。アトランティスの植民地だけでなく、さらに前のレムリア時代の植民地で暮らしていた人たちの子孫もいました
――――――――――――――――――――

国際黄金時代グループとアントワインによるコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2017.02.29掲載

U :
大元のヴェーダ(古代サンスクリット)の教えは、ETかアガルタもしくはその両方との接触から得たものですか?
C :
昔のスピリチュアル関係の教えは、ほとんどがミステリースクールから派生したものです。ですからヴェーダの教えも同様で、アトランティスのミステリースクールから出たものです。アトランティスが水没した後は、これらの教えが一定程度変更され捻じ曲げられた期間がありましたが、ある程度は温存されました。これがその流れの一部です。
U :
アトランティスの水没後のその期間に、ETやアガルタとの接触もあったのでしょうか?
C : はい。ありました。

📎地球の歴史
Jedi :
次は地球の歴史についてです。13,000年前に起きた銀河のスーパーウェーブはアトランティスの洪水を引き起こすほど強力でした。
なぜそれは地球周囲の全てのプラズマ異常とヴェールを排除しなかったのですか?
C :
銀河のこのローカル・クワドラントにおける当時の異常の量はかなり巨大で、そのスーパーウェーブは充分に強力ではなかったからです。
J :
遠い昔、日本、韓国、台湾はレムリア大陸に属していましたか?
C :
実際それらの国はレムリアの一部ではありませんでしたが、レムリアと強いむすびつきがありました
J :
OK、では台湾はかつてのレムリア大陸では無かったのですか?
C :
台湾はレムリアではありませんでした。
J :
OK。レムリア文明の崩壊を引き起こしたのは何でしょうか?
C :
当時の地殻プレートの変化の結果としての自然災害でした
J :
闇の勢力は関わっていますか?
C :
闇の勢力はそれに関わっていません

P :
伝説の動物、グリフィンは本当に存在しますか?
C :
それはアトランティスに存在していました。かつて遺伝子工学の結果として多くの奇妙な生物が存在していました。それらの種類の生物はまだ存在していますが、この惑星にはいません

 P:
なぜ黄金の林檎は多くの異なる神話で出てくるのでしょうか?
C :
黄金の林檎がソウルのシンボルであったアトランティスの時代からの単なるシンボルです。金属としての黄金はソウルのスピリチュアル的な光の結びつきでした。
ーーーーーー
J :
私たちはどのようにアセンショングループを創造するべきでしょうか?(※2017.02.29掲載当時)
C :
アセンショングループについて今話すのは早すぎます。というのも惑星地表において状況はまだ準備ができていないからです。
状況が準備できたとき私が指示を与えますが、私たちはまだそこに到達していません。
J :
では私たちはアセンショングループを創設するべきですか?
C :
いいえ、まだです。
J :
しかしイベントサポートグループはオーケーです。
C :
ええ、それは完璧です。
J :
ですからアセンショングループが次のステージですか。
C :
それは人々が準備でき、惑星周囲のエネルギー条件が準備できたときの次のステージです。
というのも適切な時期よりも前にそのようなグループを構築するとちゃんと大きくはなりません。
多くの攻撃や妨害があり、充分な効果は得られないでしょう。
それぞれの状況にはまさにその瞬間があり、この瞬間はまだやってきていません。
J :
ではイベントサポートグループは後にアセンショングループになるのですか?
C :
ええ。
J :
わかりました。
ラリマーに加えてアトランティス文明に一致する水晶や宝石の原石、隕石はありますか?

C :
アクアマリンはアトランティスのエネルギーの徴を運んでいます
ーーーーーー
C :
人々の95%はここ物質界に自分たちのツインソウルがいません
彼らは他の場所、宇宙船の中、地下、太陽系のどこか、もしくはプレアデスかどこかです。
ーーーーーー
J :
ブルーレイチャイルドもしくはインディゴチャイルドが意味することは何ですか?
C :
彼らはこの惑星に子供として転生してきた異なるスタービーイングの種類の異なる説明です。
J :
スターシードの起源は何ですか?
C :
それは基本的に天使の存在です。私たちも天使の存在として、違う星系からやってきてこの惑星に転生しました
J :
イベントサポートグループやアセンション瞑想に関わっているスターシードでない人々はたくさんいますか?
C :
いいえ。
J :
ではそういうわけで人々はそれほど多くないのですね。
C :
そうです。実際目覚めている人々の割合は現時点でそれほど高くありません
J :
スターシードにはこの最後の物質界での生活において自分のアセンションや惑星のアセンションのために独身でいることを選ぶ人たちがいます。
この主張には同意しますか?もしくはこれはスターシードたちが自分のソウルメイトやツインソウルと再統合することを妨げる生前のプログラミングですか?
C :
それはソウルメイトとツインソウルの再統合を妨げるプログラミングです。
ーーーーーー
J :
あるチャネリングメッセージがポジティブで高度なスピリチュアル的存在から得られたかはどのように確かめることができますか?
C :
あなたの識別力を使ってください。高度でポジティブなスピリチュアル的な存在は常にあなたをインスパイアし、決してあなたの意識の状態を下げません。常にあなたの条件を改善します。

J :
アカシックレコードを解読するために行わなければならないスピリチュアルなトレーニングはどんなものですか?
C :
それが本当に行えるほんのわずかな人々がいます。多くの人々は自分ができていると主張しますが、実際彼らはできていません。そのためあなたがアセンションを達成したとき、たいてい自然に、自発的にやってくることです。
J :
では現在私たちがそれを行うことはとても困難であると。
C :
それはとても難易度が高く、たくさんのトレーニングがいります。できたというほとんどの人々は、実際にはできていません
ーーーーーー
J :
1111、1212、222、333といった数字に私たちが繰り返し出くわすことにはどんな意味がありますか?
C :
それは宇宙のシンクロニシティの一部です。それはソースからの宇宙のウェブの一部であり、そのシンクロニシティを通じて人々を目覚めさせようとしています。

P :
イスラエルがアトランティスの光の重要なコードを保持している事実を踏まえると、ニューアトランティスのために私たちはこのコードをどのように活性化すべきでしょうか?
C :
まだそれを行うときではありません。というのもここは慎重に扱うべき地域だからです。そしてこれはイベント時とイベント後に基本的に起こるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
🐈
けっこう長くなりました。
アトランティスとレムリアの背景と、アセンション、スターシード、カルマ、アカシックレコード、ツインソウル、などの部分も抜粋しておきました。
ネットでも見かける、レムリア範囲の情報をチャネリングから得ている人と、それを信奉している人たちも多いので、その方たちにも読んでもらえると良いなと思ってます。

現在、チャネリングや前世記憶からのレムリア や アトランティスの情報は、おぼろげ・不確かで、かなりピースの足りないパズル状態のままのようです。
それに 嘘を混ぜて歪めてくる悪意でしかない(見えない)地球外生命体も実在します。
チャネラーに寄ってたかって操作・憑依している寄生虫のような闇の存在に気付かず、低級霊と"もしもし~"してる、すでに(完全に)コントロールされているチャネラーがほとんどだそうです。
レムリア情報に限らずね。

そういった方は大概、「闇は必要悪、闇があるから光が存在出来る、闇は学びの先生、自分の中の闇を捨てずに統合する」など、とにかく何に関しても「闇と光を統合する、闇と仲良くしてあげて、闇を認めて愛で包んであげる」とか書いてます。

各人が、自分の過去での"いじめ"をしたこと、誰かにわざと迷惑をかけた事、不慮の事故に遭わせてしまった事、不公平なことをしていた、勝手に理由なく誰かを嫌ったり 嫌がらせをしていた、など、個人的な事について反省して自分を知って許す事は、自分の影の部分を良心に変えていくということ、だと思うので、闇というのは違う気もします。

その時に出来る範囲で良心的に頑張ったのに失敗した事は、闇じゃないし。

地球の転換期に 光の勢力が排除しようとしているのは、闇の勢力です。上に書いてましたよね、最初の地球の歴史みたいなところ。
なので、闇は不要であり排除して セントラルサンで魂の分解・再構築となるのは、大昔に地球を乗っ取って 今も支配している 地球外生命体の魂が人間の肉体に転生している支配者的な人物と、それに関する闇組織のヒトたちということになります。その多くは地球人の魂ではないのでしょうから。
すべての地球外生命体が 闇 という事ではありません。ポジティブで友好的な種族の方が多いのですよね。
5b72cff81bfb4898a8b532cc5a5f2aaa

😱
例えば、「このヒトと仲良くしなさい」と 隣に連れてこられた知らない人。
そのヒトが、あなた(自分)に対して、個人情報を他所に売ってたら? 食品に毒を入れて持って来たら? 不快になる事ばっかりしてきたら? 面倒な事を全て押し付けてきたら? 噓つきだったら? ペットや家族をコロ(メ机又)したら? 後ろから付き飛ばしてきたら? 言動が異常者だったら?
そのヒトに対しての自分の評価はどうでしょう?
完全に心が病んでる、危険人物だと判断する範囲ですよね。そのヒトは 闇と悪意です。

闇を認めたいですか? 闇と悪意が存在する事を知ったら、それを自分の永久の学びとして、忘れずに 善と思いやり、愛のある人間になろうという感情・思いに至りませんかねぇ?

真実は そんなに分かりやすく簡単ではないけど、闇の存在を認めると言い切る事は、今後もっと最悪な ウソだらけ・管理監視・人類家畜化・地獄の社会になるのを見ぬふりして、地球全体のことに全く無責任になるという事につながりそうです。

|

« 8月4日の雲 | トップページ | 原因は意外な所だった話し »

天然石・スピリチュ・&関連○」カテゴリの記事

コブラ情報●」カテゴリの記事

コブラ情報のリンク●」カテゴリの記事

コブラ情報.過去記事(私のおすすめ)●」カテゴリの記事