« 日差しが強くて外出が難しい | トップページ | レムリアと アトランティスについてのCOBRAの記事から »

2022年8月 7日 (日)

8月4日の雲

昼間と夕方に、雰囲気の違う クラウドシップのような雲がありました。

汗だくの昼間↓
これは現れそうだ!と、しばらく観察。
写真の中央より左上にある黒っぽい丸は、カメラレンズに入ってるゴミです💦 中に入ってるから取れないので仕方がありません(;'∀')

Sky22080401

この日は午前中からヘリが飛んで巡回してるような音がしてたので、おとが聞こえてから探すと、丁度いい位置に来ました。↓
黒い点
Sky22080403

拡大↓ 軍仕様の輸送機でしょうか?
Sky220804032


スマホでの写真↓ 形に特徴が出て来ました。
Img_20220804_142514_2022080

その後
Sky22080405

夕方になって↓

今度はしっかりした厚みのある雲が。
Img_20220804_192744_2022080

別方角にも見えています。↓

Img_20220804_192804_2022080

山側の拡大↓
Img_20220804_192619_2022080

Img_20220804_192309_2022080

この日は、昼と夕方で ちがう雰囲気の雲がありました。
長い時間同じ所に留まっているので、クラウドシップだと思います(⌒∇⌒)



これを書いている自室、エアコンは斜め向こうの部屋らしかないので、部屋の入り口からサーキュレーターで送風してても、室温が35.1℃になってます。
パソコンの廃棄熱は当たってないけど近くに置いて見ている温度計。
風に当たっているから辛抱して過ごせてますけど、今年は異常に暑いですね。
部屋を移動すると、私には冷房が冷えすぎるし(゜.゜)

↓  COBRAインタビューから

ロブポッターのコブラインタビュー ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com) 2015.03.16掲載

〇巨大宇宙船

ロブ:少し前のニュースになりますが、巨大宇宙船についての情報がたくさん出ました。
どれくらいの大きさなのか、何をしているのか、何が進行中なのか、話してくれますか?


コブラ:オーケー。
基本的に銀河連合は巨大宇宙船を持っています。
巨大宇宙船は、太陽系の内側にも、太陽系の近辺――オールトの雲より内側――にもあります。
それらの宇宙船の目的は、銀河の中心から来るエネルギーの流れを振り向けることです。
なぜなら銀河のセントラルサンはますます活発になっており、地球の生命を守ったり太陽系のバランスを保ったりするために、それらの宇宙船が、エネルギーの流れのバランスをとる必要があるのです。
太陽活動をモニターし、太陽活動のバランスをとります。
そして小さめの母船もまた惑星地球の近くにいて、構造プレートの活動をモニターしています。
もちろん、すべての核兵器もモニターしています。
キメラグループの活動もモニターしており、もしも危険な状況になれば、彼らは介入します。

PFC コブラ・インタビュー 2017年2月 ~ PFC-JAPAN OFFICIAL (prepareforchange-japan.blogspot.com)

COBRA – これはクラウドシップですね。クラウドシップはエーテル母船の周りに集まる雲のことです。
物質界でエーテル宇宙船を視認できる方法の一つです。
これはいま進行しているソフト開示の一つの形態です。

Lynn – この丸い物体はかなり長い痕跡を引きずっているようですが、宇宙船と関係ありますか。排気でしょうか。この痕跡は何ですか?

COBRA – 雲の形は母船の形を完全に反映しているわけではありません。
雲の形は、自然の力や湿度、風の方向など他の要素によって決まります。
母船の基本的な形状はそれでも識別可能です。
(訳注:つまり、長い痕跡は風や湿度・慣性などによるものという意味だと思います)

|

« 日差しが強くて外出が難しい | トップページ | レムリアと アトランティスについてのCOBRAの記事から »

空の不思議な雲と飛行機?など」カテゴリの記事