« 近所の話では聞かないけど、たまに救急車が近くに来てる音が聞こえる | トップページ | アルミ製の折りたたみミニテーブルがダイソーから »

2021年8月12日 (木)

腱鞘炎でした

昨日11日は、近くの整形外科に行ってきました。

7月中旬に右肘から手首近くまでの一部が痛くなって、腕を動かさなければ傷まないけど、遠くの物を取るときに伸ばしている状態だと痛くて、ペットボトル500mlなんて持ち上げられないくらい痛むし、たまに夜寝ている間にも鈍痛がしたりで、湿布があまり効果が無くて、痛みが続くので、行ってきたのですよ。

受付で「前回は左足の痛みでしたよね」、「今回は 右肘辺りが〜…」と言うやりとりのあと、お昼過ぎ午後からだから空いていたので、すぐに呼ばれました。

診断は、腱鞘炎だそうです。

手首あたりだけの症状の名称ではなかったのですね。

腕の曲げ伸ばしをすると、ポクって音と刺激があるんですが、腱鞘炎という事で 腱や筋というのが炎症で太く腫れている状態?で、動かす時に それが引っかかっているからなんですって。

治療としては、注射での痛み軽減という方法じゃないと改善するのは難しいという事でした。

先に赤い光のレーザーを、機械の先を患部に直当てして照射するのを5分やってくれました。コレは、押さえなくても1番痛い筋肉部分の場所にしてみました。人によっては痛いとか熱い感じがするらしく、その時は調節するので言ってくださいね、という事でしたが、不快感無く過ぎました。

その後で、肘の関節辺りで 押さえて1番痛い所に注射を1本、白っぽい薬剤でした。注入はゆっくりでも、それなりに痛みもありつつ。四角い絆創膏を貼って終わり。

湿布も残りが少ないので、処方してもらいました。湿布は市販で買うと結構高いので、病院で処方してもらうほうがいいですね。

右足土踏まず辺りの骨の1つが軽く壊死、左足の筋膜炎、今回は肘の腱鞘炎。随分前には別の病院で 左膝の半月板損傷の治療もしています。

スポーツもしてないし、重たい物も運んでないけど、そのような方がなりやすい怪我をしている不思議。勿論どんな人でも起きる可能性は有りますけどね。

注射のあと2時間くらい、手首側に向かって薬剤が広がっているような感覚もありました。

帰ってからは、最近の脳貧血っぽい症状もあるので、横になっていました。夜 日付変わりましたが、今の所は 体調の変化は無いみたい。

やはり、ステロイド系の注射なのでしょうけど、また痛みがぶり返してきたにしても、何度もそれを使うのは嫌だなぁと思います。

2、3日後に効果的に効くそうなので、それまでは無理に片付けなどはせずにいます。

帰ってからネットで調べると、同様の症状は“テニス肘 ”とも言うそうです。正式名称は、漢字が沢山並んでいましたな。

注射の方も調べると、効果は1〜2ヶ月続くそうな。

炎症が抑えられれば、上手く完治するような気もしますが、母曰く「腱鞘炎は1回なったら、ずっと続くよ。〜〜」という事だそうな。

でも、痛む原因が起きないように気をつけて居れば、それなりに改善するのではないかと思ったり。一旦、原因になっている炎症などを治してしまえれば、でしょうけれど。

 

部屋が片付かない事を気に病まなくても大丈夫なのだよ、というサインなのでしょうか(´-`)

それとも、片付けられたら困るので邪魔されたのでしょうか(゚ω゚)

どちらも無関係でしょうけどね(。・ω・。)

 

今みの要因としては、スチール缶を形状が違う鋏で切ったり、ペンチを使った事もあるかもしれないですね。その数日後に近くに買い物に行ったのも、そうなのかなぁ?

自転車を移動して出す時が1番痛むんですよね。ブレーキハンドルを握るのも。

ブレーキは持ち上げる重量がかからないのでまだマシだけど、ダイソーで売ってるマジックハンドを使って物を取るなんて激痛範囲です。この形状の握る物を扱うには 気を付けておきます。

|

« 近所の話では聞かないけど、たまに救急車が近くに来てる音が聞こえる | トップページ | アルミ製の折りたたみミニテーブルがダイソーから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事