« フラワーオブライフ瞑想をやりませんか〜? | トップページ | 薔薇の姉妹団の記事からの必要記事抜粋(2) »

2020年8月27日 (木)

現在の女神瞑想グループの起源について

以下の記事からの部分転載です。
概要だけ分かりやすく説明するために、合間を省略していますので、全文はリンク先の記事で お読みください。
※注意※ リンク記事の中のリンク先には、現在はページが無くなっている所があります。
ーーーーーーーーーーーー
薔薇の姉妹団
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2014/05/blog-post_27.html
●2014年5月27日 に翻訳・掲載された記事です。↓

アトランティス時代女性祭司たちは平和と調和のエネルギーを降ろすために12の輪をつくって集まっていました。
彼女たちは薔薇の姉妹団と呼ばれていました
彼女らは後に古代エジプトのイシスの女性祭司として再び現れ、薔薇が女神イシスの神聖シンボルになりました。
十字軍の時代では薔薇の姉妹団は(男性の)テンプル騎士団と対になっていました。
第二次世界大戦中は、ナチスの幾人かのトップたちに影響を及ぼそうとし、時には彼らにもっと平和的なやり方をするよううまく説得し、大勢の命を救いました。

2004年、2012年の金星の太陽面通過は、空に現れたコード化されたサインで、薔薇の姉妹団を再び活性化しました。
Venus1

人類の歴史は女性原理の抑圧に覆われています。
アルコンが女性性のエネルギーを支配し、操っていたためです。
女性性解放の鍵は、女性たちが自分の女性的エネルギーを感じ、それをハートに同調させ、それを自分なりのやり方で表現することです。

光の勢力から要請されていたのですが、女神と内的に繋がっている男女たちがグループをつくって集まり、薔薇の姉妹団再び活性化してほしいとのことです。
これらのグループは少なくとも週に一度集まって、それぞれのグループ独自のやり方で、地球惑星の平和を求めて女神のエネルギーを祈願する必要があります
そのようなグループは、女性性の側面を持ったサポート役になり、イベント時に地球惑星の移行を助けます。
片やイベントサポートグループは男性性の側面を表しています。

イベント時に薔薇の姉妹団の全グループが会って瞑想し、平和的な移行と、愛と調和に満ちた女神のエネルギーを祈願するように、光の勢力から要請されております
ーーーーーーーーーーーー

いま最重要の課題は、実際に会って活動する薔薇の姉妹団を出来るだけ多く設立することです。
これらのグループは、毎週実際に会って、女神のボルテックス(渦)瞑想や女神の帰還瞑想を行って地球のエネルギーグリッドに女神のエネルギーを定着させることにあります。


ーーーーーーーーーーーー
PFCのコブラインタビュー
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/2015/08/pfc.html
●2015年8月30日 に翻訳・掲載された記事です。
この記事は PFCがコブラと行った、第1回目のインタビューなのですが、今読んでもとても重要で、大切な内容です。
是非とも、リンク先の全文をお読みください、初めての方も、興味を惹く部分が多そうですよ。↓

〇男性性と女性性

リン:さて、これからは主に私たちの歴史に関する質問をしようと思います。
スピリットとソウルという、少し深い話題にも触れることになります。それでは質問を続けましょう。
男性性と女性性のエネルギーについて説明してくれますか?
両者の違いと、どのように、その両者を私たちの内側に持っているのかを。

コブラ:オーケー。男性性と女性性のエネルギーは、宇宙が創造されたときからこの宇宙に存在しています。
男性エネルギーは電気エネルギーで、女性エネルギーは磁気エネルギーです。
そして両者は常に相互作用しています。この宇宙に顕現した全物質は、女性エネルギーと男性エネルギー間の力強い動きの結果なのです。
そしてまた、私たちはこの二極性を内側にも持っています。
私たちがその両者を完全にバランスさせると、私たちのアセンションのとても重要な局面になります。
この惑星では、カバールが人工的に女性原理、女性的側面を抑圧してきました。
彼らは、そうすることでずっと楽に人類を支配できることを知っていたからです。
今は、そのバランスをとるために、銀河の中心から非常に強力な女性エネルギーが放出されています。
女性性と男性性の、この新しいバランスは、私たちが今経ているプロセスの、非常に重要な相の一つです。

〇薔薇の姉妹団

リン:薔薇の姉妹団の歴史を少し教えてくれますか? 起源と誰がメンバーだったのかを。

コブラ:基本的に薔薇の姉妹団の起源はセントラル種族、セントラル文明です。
それはこの銀河の中心領域で進化し、最初に高度な精神性を発達させた文明です。
そのセントラル文明に属している存在が、銀河中に女神の光と知識を広めていました。
そのうちの一人が、アトランティス時代に地球にやって来て、薔薇の姉妹団を結成しました。
アトランティスには女神の寺院がたくさんありました。
その目的は、女神の存在を地球に定着させることでした。
カバールがそれらの寺院を破壊した後は、バランスが崩れてアトランティス崩壊という結果を招きました。
その後、薔薇の姉妹団のグループは多くの国々に散らばって存在していました。
薔薇の姉妹団のミステリースクールでは、できるだけそのバランスを保とうと試みていたのです。
今こそ、私たちが再び女性性の存在を目覚めさせ、新たに薔薇の姉妹団のグループをつくる時です。
なぜなら、これはイベント時にとても重要なものだからです。
ですから、できるだけ多くの人たちが世界中でそのグループをつくって、定期的に身体を運んで会合に参加し、女神のエネルギーをできるだけたくさん地上に定着するようにお願いします。

リン:有り難う、コブラ。
prepareforchange.net は、ヒーリンググループに薔薇の姉妹団を組み入れています。
私たちは現在、世界中に薔薇の姉妹団のグループを結成しています。
興味のある方はwww.prepareforchange.net で署名登録してください。次回の活動をお知らせしますので。

ーーー転載ここまで↑ーーー

🐈 上記のアドレスは英語サイトなので、その点で遠慮してしまう方もいらっしゃいますよね。
なので「良く分からない登録をしなくても、地元で活動したい意志が有る」方は、日本のEVENTサポートグループ である、以下のリンク先へどうぞ。
COBRAの記事を日本語に翻訳・掲載しているのはこちら↓
PFC-JAPAN OFFICIAL (※オフィシャルのほう)
https://prepareforchange-japan.blogspot.com/
↑THE EVENT の情報の多くは ここにあります。
新しい記事は、その都度、有志の個人ブログにも掲載されています。

COBRAのブログ
http://2012portal.blogspot.com/

世界の薔薇の姉妹団グループ(英語)
https://www.sisterhoodoftherose.network/groups

ーーーーーーーーーーーー
🐈 地域の仲間と繋がるのは、COBRAの記事を多く読んで、地球の背景を理解して、COBRAの情報の趣旨と グループの活動に賛同し、意志を持って行動を起こしたいと決意してからにしましょう✨。
まずは、主だった個人ブログで、どのような活動や発信をしているかを読み、理解して、それから地域の仲間を探す事になると思います。

※女神瞑想グループ(Sisterhood of the Rose = SOTR)は、互助会 や、単なる婦人会 では ありません。
特定の瞑想を 会った時にだけ 行えばいい だけでもありません
日々にいくつも 行われている、他の瞑想にも出来る時間には参加し、重要な世界同時瞑想にも参加し、毎日「闇の契約解除の宣言文」「プロテクション」「ミラーシールド」「紫の炎をイメージしての浄化」を最低限続けないと、闇からの攻撃や憑依、コントロールを防げません。
強い意志が必要です。
他にも「ブディック柱瞑想」「アイアムプレゼンスと繋がる瞑想」などがありますが、これは自身の判断で行います。

薔薇の姉妹団=現在では “女神瞑想グループ” と呼ぶ事が多いですが、起源としての部分は、この二つの記事の抜粋部分だけでも、伝わりそうですね(*´ω`*)
リンク先では色付けしていませんが、起源というところで明記したい所の文字に、薄い黄色で背景色を付けています。

イベント時に薔薇の姉妹団の全グループが会って瞑想し、平和的な移行と、愛と調和に満ちた女神のエネルギーを祈願するように、光の勢力から要請されております。】
の部分で気になるのは、世界の全グループが1ヶ所に集まるのか、各国ごとに国内で全グループが集まるのか、各グループごとにメンバー全員が地元で集まるのか…、どうなんでしょう。
まず急ぎで、地元メンバー全員集合 という気がしますよね。
その後は 国内、世界規模、の集まりになるのかも知れないけど。

より良い 移行となりますように
(人''▽`)✨

|

« フラワーオブライフ瞑想をやりませんか〜? | トップページ | 薔薇の姉妹団の記事からの必要記事抜粋(2) »

●女神瞑想グループ(SOTR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラワーオブライフ瞑想をやりませんか〜? | トップページ | 薔薇の姉妹団の記事からの必要記事抜粋(2) »