« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月21日 (木)

ワークショップに行って来ました(2/9~10 関西方面)

と言っても、手作り雑貨とか、ハンドメイドのイベントにではありません。
スピリチュアルのワークショップなんです。

私が参加する事に決めたのは、開催からちょうど1か月前でした。
地域の仲間の一人が都合により参加出来なくなったため、その分代わりに行くことになったのです。
ありがとうございます。
参加が決まると、やはり待ち遠しくて楽しみでした。
地域の仲間と車で行くことに決めて、私は乗せてもらう側なので、長時間運転の方には大感謝です
近い地域のうち6名が参加していたのですが、それ以外の数十人は初対面です。

さて、日ごとに順番で進めていきます。
実は 昨日書いていたのですが、当初にあった守秘義務という部分で…あれっ?と思ったので、念のために削除してしまいました。
再確認してみて大丈夫との事なので、個人名称は伏せさせていただいた上で、当日のメモから箇条書きで記載していきます。
講師が誰というのは、仲間内では分かりますよね。

自分の為に記録しておくことと、PFC-JAPANオフィシャルの活動中の仲間とのシェア、Cの記事を信頼して読んでいる方で自分の進化に理解のある方へのシェア、これを目的としています。
なので、全く関係の無い、Cの記事と方向性のズレているスピリチュアル関係の方が 私の記事から 無断転載やリブログ、部分引用、間違った解釈での引用やヒントにする事は、お断りさせていただきます
―――――――――――――
2/8の早朝、外は真っ暗です。
開催時間に合わせて、前乗りで行く為に出発です。

Aws19020805
高速道路からの風景、夜明け前

Aws19020808
朝いちばんの日の出~

Aws19020811
早朝なので開店前… 慌てて取り付けたみたいね。
SAでの発見、1枚。

Aws19020813
次の休憩場所。

Aws19020815
表側から写すのを忘れていた、サムハラ神社。
車で同行させてもらったので、私も行くことが出来ました。
有名な指輪のお守りは売切れてて、2月下旬に入荷と書かれていました。
御守りは買いましたよ

Aws19020817_2
現地に向かう途中、おやっ?な雲が

Aws19020818
右側、並んでます?

宿泊場所に行く前に、道の駅2か所に寄りました。
苺とみかん、お菓子などを購入。
最初の道の駅で買った苺とみかんは甘かったねぇ
そこのレジは“ぷち漫才”でした。
さらに近い所には大きい道の駅があって、食堂とお土産その他が充実していました。
夕飯は、そのあたりのお店にて、4人でお寿司を。

宿泊場所に到着。
お茶休憩して、心地よいひと時があって、お風呂へ。
夜はみんな早めに寝ました。



2/9 早めの朝食へ。

Img_20190209_073735_2019022_2
私が 獣鳥肉類と卵と乳製品が食べられない事を伝えていたので、部分的に減らして、付け合わせの野菜とフルーツを少し増やして対応してくださいました。
ありがとうございます、美味しかったです。

チェックアウトをしてからワークショップの会場へ行きます。

机を壁際に移動し、部屋の中央は空けて周囲に椅子を並べて輪になって座りました。
ワークショップの内の、話題になった部分のメモから抜粋していきます。
体を動かす事もありましたが、それはメモの手間が無かったので省きます(*´Д`*)

自分でやらなければならない事は自分でやる。
 今日から始めましょう。
それぞれが与えるものをもって存在している。
 自発的に何かを開発してください。
 生活の中でそれを掘り出す、考えを実践する。
愛するとはどういう意味? 統合意識って何?
 2日間のワークでの場に安心・安全という感じを持つことをしました。
 エネルギーの放出→ 不要なもの、必要なもの、固有、各自が個人として必要。
 良い・悪い概念→ 存在しない。(※解釈間違いに注意)
 グループとして安心感を持つ。
 各自がジャッジしないスペースを保つ。
何かチャレンジをはじめたら、のめり込んでみる。
 それが良くないな(不要?)と感じるのも良い事。
 安定に到達するには不快を無視しない→ そうしないと辿り着けないから。
 経験が必要なら経験する。
私たちが(講師と参加者、ライトワーカーなど)特別(優越)というわけではない。
 光の存在です。
 分離している(現社会3次元要素)という事を学びなおす必要がある。
 私たちはONEです。
普段、会っている人をよく見ていない。
 神聖なる人間(私達)→ として相手を見る。
 相手をそのまま受け入れる。
 重要→ 相手の目を見る→ 1分
 けっこう難しい――見る⇔見られる
 実際どうなるのか→ だいたい目が泳ぐ。
 心の中でフィーリングが出てくると、止めようとして目を逸らしてしまう。
 (※フィーリング の意味を調べてみてください、これも発見)
 フィーリングは感じているだけでいい→ 無くなっていく→ 押し戻そうとしない→ 止めなくていい→ 目を継続して見る。
 親密さ・繋がり。
 練習を継続してみてください→ そのように挨拶が出来るようになる。
自分の(に?)注意を向け、それを良くしていく→ 自己ヒーリング。
 シフトする事に対して、自身のヒーリングとなる→ 意志を持ってやる。
 私たちが存在しているのだとしっかり意識する。
ワンネス→ 1つのエコシステム→ ワンネスとして私たちは存在している。
 宇宙の中の細胞、全体として動いている個別のパーツ→ ソースとして動いている。
 ハイアー、ソース→ 1体。 調和→それを感じる。

お昼休憩です。
ヴィーガン弁当を頼んでいたので、安心して食べられました。
3回分のうち最初の2回は写真撮るの忘れていました
初対面の方のいくらかと挨拶を交わしたり、そのような時間でもあります。

愛と親切心
嫌な相手へのバリアが出来てしまう。
 どうするか→ オブザーバーとして見る
 インナープレゼンス→ これが本当の自分
 インナープレゼンス→光を通る→ネガティブな思考を受け流せる。
 ※オブザーバーとは、スピリチュアルの中でも考え方が存在する。
 1歩さがって自分を見る事→自分の中のソース
 (※マインドコントロールの部分に重きを置くのは違う)
過去の経験に基づいて来る考え考えと、今の考えは違う。
 まず、自分に対して判断しない事→自分を大切にする
エネルギーフィールド自体は生命体ではない。
間を空けない(息止めをしない)呼吸法。
 短く(少し強め早く) 吐く・吸う→ エネルギーを取り込み、インナーエネルギーが大きくなる。
 長く(ゆっくりソフトに) 吐く・吸う→ インナーエネルギーを出して、リラックス。
 吸う、吐くの間を空けない→ エネルギーの流れを作る

ワークショップ初日はここまで。
合間で、自分のトラウマやネガティブな経験などを解消する、体を動かしたり、声を出したり、自由な方法で感情を開放するワークが数分間ありました。
我慢して溜め込むのではなく、こうしてストレスを開放する方法。
相手に不満をぶつけたり、仕返しをするものではありません。
文面では伝わりにくいと思いますが、記録しておきます。
お昼休憩前だったか、呼吸法の後だったと思います。

夕飯も、ヴィーガン弁当です。
お昼は大根ステーキでしたが、夕方のは車ふのカツでした。
美味しい
宿泊部屋に戻ってから食べました。

この日は、近くの温泉に行く方も居ましたね。
私は宿泊場所のお風呂を利用し、その後で ドール撮影をしておりました。

Aws19020909

Aws19020910

Aws19020923

部屋でお茶してから、寝ます。



2/10 朝食
Img_20190210_075053_2019022
この日は、前日と部屋の予約者が違うので、食べられない物は誰かにあげれは良いやと思ってて、朝食は昨日のようには お願いしていなかったのですが、申し込み後の人数追加時の、部屋の移動の事などを聞いていたので、それで対応していただいていたのです!
細やかなお気遣い、ありがとうございました

食後にフロント横のお土産コーナーを見てから、買い物。
これで現地のお土産確保( ´∀`)bグッ!
チェックアウトしてから、ワークショップ会場へ。

この日だけ参加の方の為に、目を見ての挨拶をもう一度やりました。

朝起きてから、録音でも良いので、自分が持っている思いついた事を5分くらい書く。
 (夜でもいつでもオッケー)
 自分への 否定的・肯定的(要は○×)判断をしない→ 今まで習慣でやっていたことに気付くため。
 (※解釈を間違えないでね)
 この考えが自分にそぐうものか、進化に必要か?(99%は そぐわない?)
 内観する時に使う方法。全ては過去の経験からの反応。
 新しい思考・感情のパターンを作る→ 新しい状態になる。
ハイアーとソースは同じ(1体)
 私たちはソースに動かされている→ 心拍・呼吸
本当の意思は、ONE(ワンネス)に繋がる
 自分の中のソースが、自分を監視している。
プロテクション
 自分の周りにタキオンの防御膜がある事を視覚する感じで。
 攻撃が何であれ、自分の中にそれに繋がる物が無いと 攻撃は受けない。
 磁力のように引き寄せてしまう。
 自分なりの正常(静状?)を保っていれば防げる→ ソースの光で。
 ~~
クンダリーニ→ 脊柱を中心に体を動かすと、上下に流れるようになる。

お昼休憩、ヴィーガン弁当
Aws19021002
最後の分だけ撮影

パラドクス(?)
 私たちは分離されている、私たちは1つである→ どちらも正しくはある。
 必要性、関係性――水・光もそう、生命――エコシステム
 種が居なくなると崩れる。全ての種が必要。
 全てが1つの体(たい)――生物。
 人――並行関係――植物
世界大戦での猛毒兵器→ 戦後現在、農薬
金融→ 目的を持ったコントロール
 エコシステムから切り離されている。産業重視へ。
 自然を見るには森。
 世界で作物が採れなくなっている。
 現代→ 人間が作った“物カルチャー”
子供には元々インナーガイダンスが居る。
ハート→ インテリジェンスの器官。
地面を触ると、自分の電磁場が整う、良くなる。
小さなアクションで世界を変えられる。
相手の自由意志の尊重
 自分が必要とされているという必要性、ニーズ
意識を持った共同体
 意図をもって行う、相手に対する。
セクシュアリティ――エネルギーを使う行為。
 大きな影響を受ける(ポジもネガも)
 意図が大切。他の人との出会い。
 チャクラの繋がりを感じる。
 セントラルサン(チャンネル)からのエネルギーと繋がる。
 意図をもってヒーリングを行うようなこと。
 身体・エネルギー的にも 意図の設定(最中に)。
 妊娠の瞬間に意図を設定する。
 どのようなエネルギーフィールドをもっていたいか?
 新しい人間を作る→ エコシステムの1つ
 意識をもって妊娠する。誕生の瞬間にも意図を使う。
 ~~
音楽、建築も性的なエネルギー。宇宙のエネルギー。
 性的エネルギーは性行為に使うためだけのもの→ 嘘。

目をとじて(周囲確認でたまに開けていいよ)、ゆっくり自由に動きながら、みんなで一つになったのを感じてみるワークをやりました。

最後に、人数半々ほどで分かれて向かい合い、相手(みんな)に感謝を伝えるワーク。
動きと声(表情も、かな)で伝えるのですが、徐々に声も大きくなり、重唱・和音になり、「アーーーーー」と、素晴らしく美しい歌声のように、部屋中、さらに外に届くくらい、高鳴り、響いたんです。
もう一度聴きたいわー 感動の締めくくりでした。

ワークショップはここまで。

詳しく書きすぎたかな? 大丈夫かな(;^ω^)

交通機関の事もあるので、挨拶も早々に 会場を出ました。
最寄り駅までの方を送り、それから高速道路を走って帰ります。
運転も長時間は大変です。
途中のSAで休憩しながら帰ります。
普段見れない場所、情景、凍結防止剤を道路に散布する車、色々見る事も出来ました。

誘ってくれた仲間と乗せていってくれた仲間に大きな感謝

お土産の1つ
Img_20190212_131500_2019022
買っちゃうよねぇ~

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

COBRAアップデート 宇宙のセントラル種族 【転載記事です】

Cの記事更新です。
いつものように【転載記事】として掲載させていただきます。

こちらのブログからの転載です。
働かなくてもいい社会を実現するには? さん↓
http://paradism.hatenablog.com/entry/2019/02/cosmic-central-race.html

以下は転載部分です↓――――――

球解放を目的とする組織「レジスタンスムーブメント」の公式ブログ「The Portal」の翻訳記事を掲載しています。

                               

COBRAアップデート 宇宙のセントラル種族(2019/2/19)

      

2012portal.blogspot.com

 

光の帰還瞑想によって宇宙全体に首尾一貫した意識の信号が通り、それが宇宙のセントラル種族の注意をひきました。

宇宙のセントラル種族は、宇宙のセントラルサン周囲で進化をとげてきた種族で、進化が最も進んでいます。
いま宇宙のセントラル種族が、惑星地球とその解放に注目し始めています。
というのも、いま地表には、そのように進化した生命体と協力できるだけの意識が十分に存在しているからです。

f:id:paradism:20190118211615j:plain

この相互関係ができたため、中間段階の将来における地球解放計画の一面を、地上の住人に公開します。

私たちの太陽系には、いま宇宙のセントラル種族からの生命体がたくさん来ており、ジュピター司令官、アシュター司令官、アトランティス司令官、プレアデス人、シリウス人、アンドロメダ艦隊、レジスタンスムーブメント、ポジティブなアガルタ種族、サーファコム(SURFACOM)と呼ばれる特殊部隊からなる光の勢力の形成に協力しています。

宇宙のセントラル種族は、瞑想、夢、ビジョンで、地上の最覚醒層とも接触しています。

f:id:paradism:20190220092229j:plain
そこで、光の勢力の要請で、宇宙のセントラル種族とつながって協力するための瞑想を開示します。
 

1.自分なりのやり方で、リラックスした意識状態になります。
2.この瞑想を、地球解放の手段として行う意図を表明します。

3.宇宙のセントラル種族からの生命体が、宇宙のセントラルサンから発散されて、この宇宙の全ての銀河のセントラルサンを介して拡散されていく様子を視覚化します。
次に、これらの生命体が、銀河のセントラルサンを介して入ってきて、アルシオーネのプレアデス・スターゲートを通り、次にシリウスのスターゲートを通り、次にこの太陽系に入り、フラワーオブライフのマンダラ形でこの太陽系内に配置につき、地球の上空、地下、地表にいるすべての光の勢力とつながることを視覚化します。

4.宇宙のセントラル種族からの生命体が、この宇宙に残存するすべての闇を、光だけが残るまで変容させることを視覚化します。

ハンガリーにあるレンジェルの女神のボルテックスが、宇宙のセントラル種族のエネルギーの進入点として選択されました。

ここが選ばれた理由は、いくつかあります。
1996年のアルコン侵略、もっとも進化したライトワーカーの集団力学的行動パターン、後期アトランティス時代の地中海の居住地の外周縁の位置、レンジェル文化のシャーマンと天の川銀河のセントラルサンとの意識のつながりを持つなどです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Neolithic_circular_enclosures_in_Central_Europe 

f:id:paradism:20190220092151j:plain
宇宙のセントラル種族およびサーファコム特殊部隊との協力準備のために、地上の光の勢力のチームの大再編成を行っています。

これから裁きが行われます。
したがって、ある作戦の初期段階で、私の法務担当チームを拡張する必要があります。
少なくとも私のミッションを理解し支援する方で、国際法著作権問題、名誉棄損、中傷、いやがらせ、脅迫、ネットストーカーなどについての専門性を有する弁護士を求めます。
皆さんがそのような弁護士である場合には、

cobraresistance@tutanota.comに連絡をください。

 

やられたことは、すべて巻き返されます。

Victory of the Light!

 

翻訳:Terry

転載ここまで↑――――――

新たな情報の公開ですねぇ~
あまり長い文面ではないけど、これまた重要な事が書かれています。

| | コメント (0)

天の気泡更新 【転載記事です】

PFC-JAPANオフィシャルからの転載です。
こちら↓
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2019/02/bubbles-of-heaven-update.html

以降の新しい記事も掲載されていきます。
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/

以下は転載部分です↓――――――

2019年2月6日

天の気泡更新

Bubbles of Heaven Update
http://2012portal.blogspot.com/2019/02/bubbles-of-heaven-update.html


この更新の目的は、地上の住民に天の気泡の記事の内容を説明するためのものです。

まず、相転移の6段階の詳細を説明します。
各段階の相は、地球の完結したアセンションの段階で、数か月から数年の間継続するものと推定されます。
こちらのブログに寄せられる「いつイベントが起きるのか」という質問に対する答えがほぼ推測できるはずです。

相転移第1段階は、界面蒸発段階と呼ばれるものです。
この段階は、2012年に始まり、2019年1月21日に終了しました。
界面蒸発段階とは、熱流束すなわち、銀河のセントラルサンからのエネルギー)が、界面(すなわち、地上)に投与されて、界面上に対流電流が発生します(2012年から2019年の間の地上の住民の覚醒に相当)。

相転移の第2段階は、泡の凝縮の段階です。
この段階は2019年1月21日に開始し、現在継続中です。
この段階では十分な分量の熱流束が地表に投与されて、地表のごく小規模で独立した複数の地域において、液状水(マトリックス下にある社会)から水蒸気(銀河の社会)への純粋な相転移が発生します。
この泡凝縮段階では、イジングモデルに完全準拠して天の気泡が、発生し、再様式化し、再編成します。

https://en.wikipedia.org/wiki/Ising_model

https://www.researchgate.net/figure/Ising-model-simulations-of-a-dynamic-system-at-critical-and-non-critical-temperatures_fig1_24214223

この段階で天の気泡は、小さなエントロピーを伴ってゆっくりと徐々に拡大し、一方で周囲のマトリックス下の社会は、大きなエントロピーを伴って徐々に不安定化します。

これがまさに、外部的な日々の政治活動には目が向かなくなり内面的なスピリチュアル面での成長に関心が向かっているという方がいる理由です。

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/27/kp-message-1-27-19-a-few-notes-of-possible-interest-to-a-few/

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/29/kp-message-1-29-19-winds-of-clearance/

https://kauilapele.wordpress.com/2019/01/31/kp-note-1-31-19-timelines-levels-of-beingness-holy-crap-whats-going-on/



相転移の第3段階は、気泡上昇段階と呼ばれるものです。
この段階では、銀河のセントラルサンから熱流束が指数関数的に立ち上り、イベントの瞬間に熱流束がピークに達するまで天の気泡が活発に形成されて、マトリックス下の社会を積極的に崩壊してゆきます。

イベントの瞬間は臨界熱流束の瞬間で、マトリックス下の社会が崩壊し、宇宙人との接触があり、旧社会のエントロピーの要素は迅速に排除されて、第4段階に入ります。

第4段階は、不安定境膜沸騰段階と呼ばれるもので、天の気泡が地表で安定したネットワーク(膜)とつながり、それが新社会のバックボーンを形成します。
そこでは、社会自体が全体としては不安定ではありますが、処理を進め、統合し、安定化に向かいます。光の島(Islands of Light)が完全に形成されて、宇宙人との接触が積極的に起きます

第5段階は、安定境膜沸騰段階と呼ばれて、地上の光の島が活発な転換・反転区域となり、個人または集団のアセンションがそこで起きます。
アセンションの第1波は、数千人の規模となります。
その内から地上にアセンデッド・ビーイングとして戻ってきて、アセンション第2波として数十万人規模の方がアセンションする準備をします。
地上に戻った方の中で、人類の第3波の準備をする方もいます。

第5段階では、地上の住人は、新たな高度の技術を完全に取り入れて、全体として光を受け入れられるようにヒーリングされます。

第6の段階は、最終的なフラッシュの段階です。
相転移が完了します。銀河のセントラルサンが、ソーラーイベントを起動し、地球のポールシフトが起きます。
第3波では、数百万人がアセンションし、それ以外の人類は地表から銀河艦隊に避難し、そこから人類の新たな故郷となるプレアデス星団のなかの適切な星に輸送されます。

その段階で、地上は津波が襲い、地球をきれいに洗い流されます
影響を受けない地域は、光の島だけです。
そこでは高度な光の生命体、多くはあなたのような方です。
次に、新地球でニューアトランティスが構築されます。

さて、全体計画を理解していただきました。
光の勢力は、台湾北部30億人を収容できる地下基地の建設を完了しました。
小規模な地下基地としては、中央ヨーロッパに1カ所南米でも1カ所あります。
アフリカでも1カ所計画されています。これらの基地は、避難場所の選択肢として使用可能です。

1月21日の達成は真に偉業でした。天の気泡は、新たな宇宙のサイクルに入る第一の兆候です。

光につながると、皆さんの人生はもっともっと楽になります。
崩壊する旧社会に目を向けると人生は元の木阿弥です。

時はいま、情報オタクに有利に働きません
自分の人生を自分の手でつかむ人に有利に働くのです。
いま皆さんの状況がどうであれ本気で真剣にやれば、イベントの時期に関係なく、数年以内に皆さんの人生ははるかに良くなります

前回の記事の内容の一部について、幼稚な反応やコメントがあると予想していましたし、それを回避しました。
ミッションは継続です。

レジスタンスの暗号についてわめきたてて、あいまいでナンセンスなyoutube動画をネット上で拡散したりしている輩は、自分が何を言っているのか理解できていないのです。
量子レベルの話は、そこらの赤毛猿レベルではわかりません。

プレアデス人は、地上の住人の最覚醒層の覚醒度を積極的に監視・評価・奨励しています。
そして、公平でありながら愛のあるエネルギーを誰にでも送っています。

今回の集団瞑想のちょうど30分前に、セムヤーゼが月に流星を送りました。
天文学者が流星の突入が「この時だと察知していて」、事前に天体望遠鏡を準備していました。

https://gizmodo.com/holy-crap-the-moon-was-struck-by-a-meteorite-during-th-1831950105

https://www.rt.com/news/449517-meteorite-hit-moon-during-lunar-eclipse/

https://www.newscientist.com/article/2191526-a-meteorite-hit-the-moon-during-mondays-total-lunar-eclipse/

これはセムヤーゼからの信号で、その意味は地上の住民にはまだ公表できません。

数日後に、アメリカ空軍の静止軌道宇宙状況認識プログラムGSSAP)衛星が、プレアデス艦隊の活動に反応して、監視用衛星の軌道を修正せざるを得なくなったということだけとりあえず申し上げておきましょう。

レジスタンスからの連絡では、トップレット爆弾についての全情報は現在完全非開示です。
トップレット爆弾について唯一申し上げられることは、まだ除去できていないが、徐々にパワーを失っているということです。

レジスタンスからのもう一つの連絡は、エントリープロトコールに応募した方の多くは準備ができている状態とはほど遠い状態なので、「社会力学」の記事とワークショップ地上の住民に提供して、準備を促すようにします

こちらは、天の気泡と光の島を作り拡大して行く準備のある方に提供します。

第1回目のソウルファミリー・ワークショップは、3月16日と17日にハンガリーのブダペストで行います。ぜひご参加ください。

http://portal2012.org/Hungary.html

ハンガリーは、レンギェルとチサの新石器時代の女神文明が生まれて以来、地球で最も重要な女神のボルテックスがある場所の一つです。

http://rolfgross.dreamhosters.com/Modern-Man-2012/ProtoEurope/ProtoEurope.html

ワークショップの準備中に、ハンガリーで光の柱が出現しました。

女神の統一がやってきます。

Victory of the Light!

翻訳:Terry

転載元:http://paradism.hatenablog.com/entry/2019/02/bubbles-of-heaven-update.html

転載ここまで↑――――――

この記事は、重要な事が書かれていますので、何度も読み返す事になりそうです。
この件(ザ・イベント)に関して詳しくしっかりと知りたい方は、翻訳記事を掲載しているフェブページを探してください。
※この記事の上にリンク貼ってますよ

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »