« 2018年10月28日 - 2018年11月3日 | トップページ | 2018年11月18日 - 2018年11月24日 »

2018年11月 9日 (金)

集う事で、コントロールや憑依に遭う

まず、日々プロテクションしていますか?
Image

ーー11/18追記ありーー

C情報を信じて行動する場合、自身の活動領域などにも関係するでしょうけれど、どんなライトワークをするにしても、大きな覚悟と共に、自分と関係者を守る事が必要です。
この身を守る方法、どれだけ知っていますか?

Cの記事をほぼ全て読んで、活動に必要な部分は間違わずに記憶しておかないと、自分を保護しながらライトワークをする事は難しいと思います。

Cの記事の中で紹介されているのは、主に、基本の ミラーシールド、ピンクの光の卵型バリア、自分の意識と振動周波数を上げる、テレパシーで光と繋がって保護してもらう範囲の事、闇との契約解除宣言文、ディマニフェステーションの宣言文、ライトマンダラ、チェンバー、タキオン鉱物類、タキオン製品、です。
高額なライトマンダラとチェンバーは無理でも、他の事は可能ですよね。
私は日々のプロテクションとして、闇との契約解除宣言文とディマニフェステーションの読み上げと、ミラーシールド、これだけでも必要最低限、毎日続けないとなりません。

あとは、この宣言文の応用で 個人に合った内容を付け足しても構わないのですが、個人の欲望ではないポジティブな事である事が肝心です。

このディマニフェステーション文が記事に出て以降は、契約解除宣言文の応用などを含めて、毎日読み上げるように 宣言文を作って紹介してくれた仲間も居ます。
これまで、その方のブログなりに行き着いて そこでの交流のあった人達には、以前の内容でもやってきている分、自分での応用文作りでプロテクションが細かく出来ているでしょうか。
私も長い間それで続けてきたので、以前からの祈り文の合間にディマニフェステーションを追加するパターンで長文を作っています。
⚠️大雑把よりも、細かく指定する方が良い部分もあります。
何故なら、闇の勢力は ずる賢くて、文脈の裏をも突いてくるからです。
⚠️一連のプロテクションは、毎日続けて、その効果を延長・強化する必要があります。
やり始めの時は、1ヶ月くらいは日に2回以上は 読み上げた方が良いかも。
何故なら、作ったバリアを、ネガティヴな干渉によって壊されるため、強化と効果の延長が充分に出来るまでは、確実に構築し続ける必要がある為。
という所のようです。

ここまで読んで、薄々気付いたお仲間さんも居ることでしょう。
どのくらい、周りの仲間が自分の保護を出来ているか。
集まって交流が進むと、格段に狙われやすくなるし、各人の弱い部分と、ネガティヴな要素、好みを突いたコントロールから始まり、洗脳、依存、憑依、攻撃と進むのでは有りませんか?
コントロール以降の部分は、物理的な仲間が仕掛けてくる場合も多々あるという事です。
背後で何者が操作しているかも関わるし、そうじゃない場合もあるかも。
ある意味、仲間を食い物にしているネガティヴな行為です。

ハッキリ書くと、今の段階で Cの記事をほとんど読んでいないし半疑な新人を、女神瞑想グループに入れたり、もしくは一時的にでも参加させるのは、その人たちに危険が及ぶ場合もあるし、瞑想本来のエネルギー部分では 不安定だったり、邪念により台無しにされる事が有るのでは無いでしょうか。

この女神瞑想のグループは、Cが監修開設しているようなもんですから、まずCに賛同もせず信じてない者が 参加する資格は無い筈ですよね。
幾つかの記事をパラっと見ただけで面白がってるだけの人とか、逆に利用しようとする人も、資格が無いでしょう?
人数合わせの頭数を集めた所で、弱い防御者は 憑依やコントロールに遭いやすく、途端に闇の勢力の手先になります。

ついでに書くと、一見 人格もしっかりしていて、エネルギーにも敏感のようだと周りに思われていたり、何らかのヒーリング能力があるとか、グループの中でも目立って人気を集めていたり、色々と情報を知っている(つもりも含む)人物でも、憑依やコントロールを受けるという事を忘れてはいませんか。
その人の強いこだわりを強くぶつけて来る相手も、操られポイントを持ってます。
特に、見える、見えないもののエネルギーが分かる等と得意げに自我の強い人は、特に憑依されやすいと思います。
何も感じない人よりも、本当は高次ではない所に繋がりやすいからですよね。
分かるから跳ね除けられる、自分は大丈夫って言うけど、、、それホント?
子供の頃から見えてたら、既に、闇とも光とも識別がつかない内に、コントロール用のスイッチがいつでもON出来る状態でくっ付けられてたような事も、ゼロではないかもしれませんよ。

⚠️このイベントに向かっての活動で、特にスターシードが やってはいけない のは、今の所思いつく限りで以下の事だと記載してみます。

📎闇の勢力の側に就く事
📎光の存在を忘れる
📎ネガティヴにコントロール、憑依され、自身が気が付かない事
📎異性問題ドロ沼
📎憑依された仲間に従い、洗脳され依存する事
📎ツインソウル、ソウルメイトの幻想に陥る
📎他人の持ち物の石に触れる
📎嘘の情報を流す
📎仲違いした仲間を名指しで攻撃する(特にネット上)
📎自分のネガティヴな趣味思考を浄化・解消しようとしない
📎ネガティヴな絵や物体、ワークを広める
📎グループの私物化、仲間の囲い込み
📎お教祖様化
📎信者化
📎仲間の個人的な事柄への干渉
📎仲間と関係者への洗脳や攻撃
📎仲間の家族や関係者に、物理的・非物理的な危害を及ぼすこと
📎やめる気のない無い過度の肉食と悪い食生活
📎害のある嗜好品の摂取(喫煙、飲酒、不法薬物など)
📎ネガティヴなテレビ番組や事象を好む
📎過度のお喋り、他人の陰口などの世間話し
📎生き物の虐待
📎家族や近い親族への虐待、無関心

ざっと このくらい出て来ましたね。
このような事の1つでもが、国内外で蔓延してるとか、スターシードの恥でしか無いわ😓
元々の性格にネガティヴな問題や不安を抱えている人は、イベントへの活動で足を引っ張る立場になりうるので、気持ちが変わってきたり、自分で気付いた時点で辞退するのも利ではないかな?
一度離れて、シャキッとして戻って来れば良いんだから。

danger仲間を増やしたり、失いたくない気持ちは分かります。
ですが、誰か他人や事柄に対して悪意で行動したり、ネガティヴな感覚で仲間に接したり、干渉して浸潤しようとするのは、とても危険な行為だと思います。
映画だと、エイリアンに卵を産み付けられている人😈、、嫌でしょ。
その様な仲間が出てしまった場合は、まずグループごとに すぐ対処をしていかないと、他のグループや仲間を巻き込んで事が片付き難くなってきませんか。
普段から常に、自分の感情にも気を付けて、このように問題を起こす事が無いように自分も、そして相手も見ておかないと、持続は難しいのだと思います。

愛を持って接するのは大事ですが、それが通じない状況では、防御と厳しさも必要ではないでしょうか。
疑いすぎると信頼関係が壊れるとか、ダメになるとか、復帰出来なくなるから可哀想とか、もう一切関わりたくないとか、色々意見もあるでしょう。
突き放せと言ってるのではありません。
ここで読むのを やめないでください。
その個人の内面のデトックスで乗り越え中?で目立つ程ネガティヴになっているのだとしても、それを自分以外の人に押し付けたり、囲い込むのは度を超えています。
泥酔で記憶が無いから「私やってない」と後でしれっと言われた職場関係とか、比べてみたら分かりやすい。
無意識=憑依したモノが楽しんでいるだけで、宿主には全く責任が無い、とは言い切れません。
もし、自分が憑依されて仲間に迷惑をかけていた事に、後になって気がついたら、と考えてみたらどうです?
「どうして その時に教えてくれなかったの!?」
「もっと接して気が付かせてくれたら良かったのに」
と、事後に言いませんか?

それでも、対処するうちにネガティヴな影響を受けてしまわないように。
『その様な人物からは、離れてください』が、まず必要。
離れて状況を整理した方が良いでしょ。
私たちが排除するべきなのは、仲間を操って苦しめている"闇の操縦者"なのであって、仲間本人ではありませんから、それを忘れない様に!
どうにもならない相手なら、イベントまで離れている方が良いでしょうけど。
仲間を無事に取り戻せたら、その仲間に対してグループ内全体で『許して、許して、許してください。』が発動するんだと思うけどな。

仲間内で救うという援助が届かなかった、段階として届いていない相手に対しても、許して、がCの記事で使われているように読み取りましたがね。
離れて と、許して、の合間の待機スペースもあるってことよね。
だからと言って、悪事や悪意を 許して良いわけでもない。

干渉、憑依されている仲間を自由にさせて、グループを壊されるのを黙認・許していると、闇の勢力の行為自体を許している事になりますよね。
そのような相手に対しては、しっかりと光として叱る、気付かせて喚起させる事も有効なのではないかと思うのです。
それで戻れる相手限定ですから、見極めて離れる事になるね。
これも識別力、この先もどれだけそれを使わないといけないのやら💧
どの様な対処をするにしても、対策を考える時には、疲れていたり、面倒ごとは嫌だな、丸投げしたい、などの感情では良い策も浮かばないと思います。
出来れば3人以上で相談して策を練ることかな。
1人の意見が とても良いものなら問題解決に繋がるでしょうが、迷いがある意見に引きずられても判断を誤りますよね。

あと、Cの バラの姉妹団の活性化 についての記事(2018年6月の)と、リンクの女性神殿の所も、再度よく読む方がいいんじゃないかな。
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/06/sisterhood-of-rose-planetary-activation.html

オオゴト を 大事(だいじ)=大切なものに戻すのも、当事者に任されるものだと思います。
だけど、助けが必要な時は 仲間内で対処出来る部分もあると思います。
信頼している仲間内であっても、プライベートを全て捧げるのは良くないと思います。
逆にしつこく聞き過ぎや、対処度合いも気を付けないといけないし。
誰の手にも負えなかった場合は「退却!退避!」を決断する事になるけど、残りメンバーの正気を守るにはそれしか無いのかな。

誰かがリーダー面し始めて気にくわないとか、あいつはボス猿だとか、ネガティヴな思考をする前に、自分も意見交換に加わる努力が必要でしょう。
それと、メンバーが話している時は途中で遮らないで、ちゃんと聞いてあげる事も大事だと思います。
喋るのが得意ではなかったり、順立てて話すのが遅かったりしても、根気強く聞く耳を持ってください。
話を聞いてもらえないと疎外感が生じます。
複数人集まっている場では、いつも決まった人ばかりが喋り倒していませんか?
離れていて聞こえない事も多々あります。
この前話した時に居たよね=全く聞こえませんでした。

Image

| | コメント (0)

デルタ選択肢(転載記事です)

以下は、転載記事です。
PFC-JAPAN オフィシャルより
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/11/delta-option.html

転載部分の下に、色々書いてます。

――以下転載部分↓―――――

2018年11月6日

デルタ選択肢

Delta Option
http://2012portal.blogspot.com/2018/11/delta-option.html


地上の状況は、沸点に達しました。

(図:システム崩壊の流れ)

闇の勢力が、地上でほぼ無制限に自由に振舞っている一方で、光の勢力はトップレット爆弾をすぐには除去できないという大問題を抱えています。

闇の勢力は隔離崩壊への計画を妨害しており、すでに70年前から宇宙旅行の技術は公開されているのにもかかわらず、商用の宇宙旅行計画が開始できません。

https://www.theguardian.com/science/2018/oct/21/space-travel-is-not-a-matter-of-genius

一部情報開示ということでは、もはや不十分です。

https://edition.cnn.com/2018/11/06/health/oumuamua-alien-probe-harvard-intl/index.html

https://arxiv.org/pdf/1810.11490.pdf

地上にいる覚醒した住人は、ついにイベントを待つのをやめて、自分の人生を自分の手でつかもうという行動にでています。

https://spearoflight.blogspot.com/2018/10/adressing-delay-of-ascension-issue-how.html
日本語訳2012年12月22日から始まった、アセンション遅延による問題

イベントは、起きる時には起きます。それまでの間は、自分と大切な人がより良い生活ができるようにして、自分の持てるパワーを何でも活用して地球解放の過程を加速化することが重要です。



真実は、カバールにやりすぎの行動があること、そして光の勢力がそれを十分に阻止していないということです。

同盟とアガルタの一定の派閥が、しびれを切らして、軍事行動によって地上をカバールの手から奪還しようとしています。これが起きると深刻な結果をもたらし、潜在的には人類が滅亡し、地上は居住不可能な場所となってしまいます。

これを防ぐために、レジスタンスムーブメントは、デルタ選択肢という緊急計画を策定しました。デルタ選択肢について出来るだけ開示します。

トップレット爆弾を除去し、非物理層のアルコンを除去するという最適条件を待つのではなくて、一定の「特殊部隊」が、米国内に限定してカバールのいくつかの派閥の排除を実施します。キメラ、アルコン、黒い貴族、イエズス会の構成員は、この作戦に関与しないでしょう。彼らは、目立たないようにして、友好的な態度を保つはずです。米国内にいるカバールのその他の全派閥については、対処します。「特殊部隊」は本作戦実行のためにポジティブな軍に対して戦術的な支援を提供します。マスメディアは、ロスチャイルドの支配から解放されて、米ドルは崩壊します。限定的な情報開示が即時に開始されます。

米国内でのこの変化は、国際的に強い反応を引き起こします。イベントに向かって、不安定で混沌とした移行期に入ります。世界の金融システムは、きわめてボラティリティ(乱高下)が高い状態となりますが、おそらく崩壊にまでは至らないでしょう。カバールの下層部員が世界中で追放されます。世界のマスメディアは、徐々にいろいろな情報を出してゆきます。私たちが置かれているマトリックスについての情報も、確実に出てきます。

https://www.livescience.com/61087-jesus-forbidden-gnostic-text-discovered.html

全体の状況は、まずはゆっくりと、次にイベントに向かって加速化して行きます。

キメラ、アルコン、黒い貴族、イエズス会の構成員の排除については、一切申し上げられません。上記のカバールの派閥の排除と、情報完全開示については、トップレット爆弾を除去したときに初めて起きます。

デルタ選択肢は、デルタタイムラインではありませんのでご注意ください。

デルタ選択肢の計画については一つ重大な側面がありますが、現時点では開示できません。

デルタ選択肢の実施についての最終決定は、まだ行われていません。米国内の状況が、不安定で悪化すると、デルタ選択肢実行の可能性が高まります。イエズス会は、政界を左派と右派に故意に分断して対極状況をつくろうとしています。ここ数か月間のイエズス会の行為は、地球の状況の進展を決める重要な要素の一つとなります。イエズス会の行為は、よく監視する必要があります。

軍事面では、レジスタンスは地上での騒乱に備えて、ここ数週間で地下にある太陽系全体の基地からの援軍を得ました。現時点では、1億4000万人の部隊ですが、この数は大幅に増加する予定です。

以前は、レジスタンス部員は、地表から30メートルの位置まで接近することを控えていました。今回の進展で、レジスタンスの特殊部隊は、地表から5メートルから10メートルに近接して駐留しています。

イベントの作戦に関するミッションの一部に参加の意向を有するライトワーカーとライトウォリアーは、自宅の下にレジスタンスの小基地を設けるようにレジスタンスにテレパシーで伝えてください。絶対に声に出したり、何かに書いたりしてはいけません。レジスタンスは一定のセキュリティーのかかった通信を通して、ライトウォリアーの地下に基地を設けるとの要請を受けて、大方の場合にそれを承認します。これらの小基地は、イベント作戦で一定の役割を果たします。

これ以上の内容は申し上げられませんが、何かが沸騰しつつあります。

それが沸騰するまでの期間、皆さんの記憶喚起のためにこちらのビデオをご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCGa2Dkz6-O78YjrMWTrGs7A

Victory of the Light!


翻訳:Terry

――転載ここまで↑――――――

確実に光の進展は あります。

目覚めて 活動している皆さん、あきらめ時なんてありませんよね。

スターシードたちが この移行を信じなかったり、馬鹿にしたり、邪魔したり、嘘の情報を流したり、あきらめたり、何もしないようでは、光の勢力も力を貸す事が出来ない部分があるという事でしたわよ。
その事は、ずーっと前からCが記事に書いています。

ネガティブな操作に負けて、行動しなかったり、邪魔をしていると、自身の後悔だけでは済まないかもしれませんよ。
それは多くの人を巻き添えにする悪意的な行為じゃないの?
以前のあなたは、そんな人だった?

それから、日々、自分がネガティブな考えや感情になる事が どのくらいあるか、どんな時に起きるかなど、自分を客観的に観察しておくのも必要じゃないかと思っています。
ちゃんと自身に光を持ち、照らし、そのうえで客観的に見るのがポイント。
3次元常識で見てしまっては、判断を誤る部分よね。

――悪魔の三次元常識――――
(1)他人の目に合うように、腐れ社会に併せて 自身をも腐った思考と行動に陥らせる事。
(2)肉食が 生活水準の見栄であり、食品添加物と 原材料の事は考えない。
(3)物理的・非物理的な相手(者)からの、憑依、操作、マインドコントロール、洗脳、干渉、各種秘密裏にされている兵器での攻撃の全てを受け入れ、それを自身の性格・病気として受け入れる。
(4)目に見えない存在、宇宙人など、宇宙について考えたり、それらの存在を信じてはいけない。
―――――――――――――――――
っていうのかもしれない(;´Д`)

まともに活動中の仲間は、この常識を逆転して頑張っていると言った感じです。
最低限、この4項を考えて、逆転して信じられる心が無いと、自分の魂に繋がらないし、行動出来ないような気がします。

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

他所のネット記事を見て咳が出る

以前から思ってたと言うか、体感していた事なんですけど。
ネット上での、ネガティヴな ブログやツイートを見ると、急に咳が出ていました。
タバコやホコリ等の空気の汚れは喉や鼻に刺激が出るけど、それとは違う感じに。
まぁ タバコは、ネガティヴで物質体を持たない寄生生命体も寄り憑いて来るそうなので、ネガティヴな空間やら場を作ってしまうから、同じ事なのかも知れませんが。

ツイートは自身では やっていませんが、仲間のアカウントを見つけたり、リンクで見る事もありますよね。
荒れている対象の人達の所を、そういう時に見た事は無いのですが、その様な時は分かりやすいくらいに相手を怒らせていたり、挑発しているとすれば、ネガティヴだと判断が誰にでも分かりやすいでしょ。

そうではなく、誰か個人が 個人的な事と軽い気持ちかも知れないけどツイートしたものが、サラッと見ただけで隠れた部分までは読んではいない時でも、見た人に違和感を起こす事があるんです。

私は、胸から胃の辺りに まずモヤッとゴソッとした刺激がきて、急に咳が出るんですよ。
その状況から離れても数分は咳が続きます。
まず、チャクラで言うとハートに違和感があって、その刺激で咳が出ます。
ネットで探してみると、邪気払いの為に咳が出る(自分に来たものを追い出している)と書いている所も有りますが、そうかも知れませんね。
多くは、記事や人や場が 自分と差があって合わないのが原因という事ですよね。
咳が出るのも、違和感を感じ取った=ネガティヴなエネルギーに襲われるのを体感したからだと思います。
自分との差、と書くと、逆パターンも存在しますが、その場合はどの様な感覚になるのかは分かりません( ̄▽ ̄)

他人が読めるツールに、この記事は毒吐きです、と書いて読む人を限定しても、結局はその人が使うツールのその場=ツイートやブログは、全てがネガティヴになる様な気がします。

日頃信頼している(た?)仲間の記事に、その様な攻撃的な書き込みがあると、不意打ちですよね。
それまでにも、たまに文面が誤字のように意味不感があったり、やり取りで即勘違いでの返答やら、人の話聞いてるのかイマイチな事とか、自身の周りにもちらほら居るし、それ以上の状況が起きていた事もあるから。

ちなみに、私のこの記事は そのようなネガティヴ攻撃をする事を目的とはしていません。
このような事例もあるのだという体験談を紹介しておいても良いかと思いましたので、記事にしています。

ネガティヴな記事を書く側は、意識的か 無意識か、テキトーか、憑依かは分かりませんが、書く事を止めて記事を全消去でもしてくれない限り 広く読まれちゃいますから。
読む側が 充分に気を付けておかないとなりませんよね。

早く、何処で何を見ても読んでも、真実で健全な物だけになる世の中にしたいものですね。

| | コメント (0)

« 2018年10月28日 - 2018年11月3日 | トップページ | 2018年11月18日 - 2018年11月24日 »