« 2018年4月15日 - 2018年4月21日 | トップページ | 2018年4月29日 - 2018年5月5日 »

2018年4月27日 (金)

ガチャガチャの天然石ライト

Image
近くの商店にガチャガチャが置いてあって、残ってるかを横から見たら1個だけ残ってるようなので回しました〜✨
小さいライト付きの台座と、天然石のセットです。
商品見本の写真に何種類か載ってたけど、欲しいのが出て来て嬉しい〜💕
ローズクウォーツです。
ちょっとした天然石のお店でタンブルや握り石と書いて売ってる物だけでも200円はするので、同額でライトが付いてるとお得😊
記事がライト続きになったけども。

Image_2
その台座に、同じくらいの大きさの石を乗せました。
以前に博物館のお土産店で買っていた“オブシディアン オパール” です。
人工石ね。
でも、この写真には明るく写り過ぎている石ですが、肉眼で見ると 綺麗なオパール色をしているのが判ります。
こうやって照明に使うのには良いなぁ、と思った次第です。
今やっている瞑想の内容にある、あの光と炎の共演みたいです✨💖✨

Image_3
今度は 水晶のピラミッドを乗せてみました。
後ろの平面から光が投影?投光?していますね。

Image_4
次は、100均で売っているガラスのオブジェです。
光のライトグリットは見たことないけど、こんな感じかな とイメージ出来るような、綺麗な模様が映し出されています。
Image_5
真上からの1枚。

小さい灯りグッズは結構好きです。

| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

星いっぱい の ライト

Image
昨日、ミカヅキモモコで見つけたので購入。
スターマスター という商品で、何種類かの絵柄があって、店頭には2種類あったようですが、星が細かく沢山あるのにしました。
中にシート状の物が巻いて入れてあって、部屋中に届くくらいの明るさはあるようです。
まぁ、影絵的に 遠くになるほど星型や丸の輪郭はボケますけどね。
シート全体が薄っすら透けて見えるので、ルームライトとしても使えますね。
単三電池3本でも使えるし、USBの電源取れるようにコードだけ付いています。
星柄に色は付いていないし、白い強めの電球とLEDを両方点しても 壁に映る星が色付くまではありませんでしたね、直に見て楽しむ範囲なのかもね、点滅が忙しいので落ち着かないけど。

シートのツルツル面に、水性マーカーや他のペンで少し色を付けました。
セロハンの色付きなどを好みに配置して貼ったシートを作って、間に入れても良いし、自分で好きな柄を作るのも良さそうだと思って、半分工作を楽しめて良いね。
このままでも、沢山散らばった星のイメージとしても面白いです。

Image_2
LEDを点けると、このようになります。
室内灯りついてるけど。

ーー追記ーー

ネットで調べると、もっと高いのもあるし、本体の色やデザインが違う物もありました。
デザインシートの柄や感想を探そうと思ったのですが、Amazonでも価格がまちまちなのとか、レビューも良くないし、正規品とバッタもんが あるのかな?
デザインシートによっては、本体に書いてある月ごとの記しは無意味だし、何かしらハテナ?な要素ですが、私は300円ショップで買ったので、特に損はしていないから良しです。
回転などは、全くしません。

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

古いプロテクションの祈りの記事に検索で来るので、

Msimg
 過去記事の、瞑想前のプロテクションというのに検索で来る方がいらっしゃるので、そこに新しく書き変えるのもなんですので、HPの方の読み上げ音声で掲載している部分を少し変更しておきました。
 合間に記号が入ってて、ひらがなや漢字が入り混じってますが、読めない事は無いので、そちらを見ていただければ、と思います。

http://fairylane.art.coocan.jp/dollp/fairylane-yomiage.htm

 短縮版の内容だけ、ここにも載せておきますが、必要な方はリンク先を読んでください。

 ここには、ライトワーカー、ライトウォリアー向けの文章を掲載しています。(訳が分からない方は退出で)
毎日声に出して読む もしくは心の中で読み上げる ものです。
  私が毎日一度は行っている、文面の内容を ソフトークで音声にして読み上げるための原稿を 記号入りで掲載しています。

 ある程度 聞きやすい範囲の記号は 入れてあります。
ご自身でも 好きな声で読ませたい時に ご使用ください。
※合成音声で読ませているからといって、自分はボーっとしていて良いわけではありません。
ソフトーク内での 各設定音声にも、それぞれ イントネーションなど発音が変わる部分があるようですので
録音前に 全文を読ませて確認すると良いです。

 ソフトーク内の録音でデータにすると、モノラル録音・息継ぎが ほぼ無くなりましたので、私はAudacityを起動して、オス・オス(イヤホンジャックと同じ差し込みが両端に付いている)のコードを使って、外部マイク録音として、パソコン内で録音しています。
※その方法だと、ある程度のステレオ録音になります。
各自 持ち合わせの録音方法で 試してみてください。
一項目ずつ 分けてデータを作る方が良いです。

 主な部分は、仲間たちの所で公開していた内容で、それに 公開可能範囲の情報交換の内容と、私の個人的な追記部分を、合わせた範囲で記載しています。

それぞれに必要な項目を 追加して、より安全にしていきましょう(´▽`)
※半疑・短気・嫌気・攻撃的 では 効果が無い事も理解してください。

※これらの 宣言文や 祈りの文面は、信頼する仲間たちが、考えたり 翻訳してくださった物を 使用しています。
さらに 私自身が追加した部分もありますので、他と 全く同じというわけではありません。

―――――――――――――――――――――――――――
当方での使用音声
【女声(f1c)、速度98~100、音程90~91】、
【男声(m4b)、速度95、音程100】

音読の為の設定
【 。(句点)間隔 1200~1500ミリ秒/ 、(読点)間隔 500~700ミリ秒/ その他間隔 50ミリ秒】

[' →ア'クセントが付く]、 [; →次のアクセント句が高い音で始まる]、
[/ →区切りが明確]、[+ →区切りがあいまい]、[, →短い間]、[、 →間
]

長文制限は500にしてあるけど、あんまり関係ないかも?
ピッチを下記の方法で変えると、声が若干 落ち着いた低音になります。
Audacityの録音ボタンを押して、ソフトークの画面で再生を押して 録音し、Audacityで音声にリバーブをかけ、それからピッチの変更にて、項目選択のある所をAにして、440Hzの範囲から 432Hzに変換して書きだし、freac - free audio converter でMP3(mp3)に変換して使用しています。
―――――――――――――――――――――――――――

本文続きをご覧ください。↓
 

続きを読む "古いプロテクションの祈りの記事に検索で来るので、"

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

Tシャツにスタンプ

Image_4
昨日購入した白いTシャツに、混色したソーソフトのお試しも兼ねて、消しゴムはんこでのスタンプ印刷をしました。
Tシャツはユニ○ロの新発売品で、透けにくい厚手の綿100%です。
綿麻のストールもあったので白と紫の2色デザインのを購入しました。

ソーソフトは、白として 色を薄める・明るくするには、パールホワイトじゃなくて、ウルトラホワイトの方が効果ありのようです。
ピーチピンクにパールホワイトをどれだけ入れても、ピーチピンクのままでしたわ😅
ライトティールが 他のよりも少し固くなってるようで、購入時からそうなんだけど、容器を振っても振れてる音がほとんどしないのですよ。
ラメと分離してくるのだと思うけど、容器から出しにくかったのです。
固くなったのを薄める=元のように柔らかくするのに混ぜる物があれば良いのですが、その様な説明や商品も見当たらないんですよねぇ。
なので、ドールメーク用に使っているアクリル塗料(リキテックス)を薄める溶剤があるので、それで試してみようかと思ったり。
水で薄めても判子に乗らない感じなので、、、使用後の水洗いの時に 柔らかめの歯ブラシを使って水洗いする時に、ベタベタ感までは取れないから、多分 固くなったのを柔らかくするには、ソーソフト自体の溶剤と同じものじゃないと変質しそうだと思いますよね。
トランスペアレントメディウムの説明を見ても、私の希望する用途じゃないな〜と。
ソーソフトは色数が少ないそうですが、混色が可能なので便利です。

次の大物に取り掛かる前に、パソコンで製図と色の配置を考えます。

|

ドール服では使う人も多い、ほつれ止め液

Image_2
最近作っているフラワーオブライフの敷物の淵の布端の処理に、ほつれ止め液を使っています。
今までは セリアで売っている1本10g入りのを使っていたのですが、それ1本では30cm角の布端を節約気味に9枚しか仕上げられなかったので、2本あったのがすでに使い切ってしまい、最後は容器を蓋を閉めて振り振りして使いを繰り返して すっからかんの100%使いきりました。
容器を振ったら意外と貼り付いて残ってたので、気が付いて良かったです。
UVレジンも容器の中にかなり残るから、蓋を開けて細い棒などですくい取って、小さいのを作る時や気泡の修正などに使えますよ✨
で、写真のヘムロンは、小さいドール服の布端のほつれを防ぐのに使っている人も多いのです。
たっぷり500ccの業務サイズです! 塗布用の詰め替え容器が付いています。
セリアで同様のを見つけて、私もその為に買っといたんだけど、もう無くなっちゃいました。
少しだけ作る→使う、なら充分なのですが、市販のピケを買うと結構高いのですよ、容量的にセリアの倍価格だし。
セリアの容器は、まぁ使いやすかったし、今の所 セリアのほつれ止め液は、かなりの狙い目商品だと思います。
次の作業が出来ないので、電車で店舗まで行こうかと考えてたけど、行って見て売り切れかもしれないし、何か探してみようと思って見つけたのが ヘムロンです。
ドール関連のトコで見る名称だったわ。
使用感を検索して見つけられたし、ありがとうございます👍
液が付いた容器などは 水洗いしない!ようにします👍
〜の、たっぷり、セリアの10gが10ccとしても×50本分あるので、少しずつ小さい方の容器に詰め替えながら使います。
使い切れないくらいありますね、でも割安なのが良いです。

Image_3
一緒に綿麻の布も購入しておきました。
近くの100均で売ってる インド綿のランチョンマットは織り目が詰まってるし厚めで良い生地で、それと比べると100均の混紡のエプロンに似た織り目具合だったので、同じくらいだろうと思って、試しに2メートルを。
正に思ってた通りの布で、手触りは少し硬い質感だけど、織りの具合で柔らかく感じます。
少し灰色がかった白ベージュです。
水通しして直線出しをしたら、160幅×190長さ(cm) になりました。
洗う前から長さは微妙に1cmほど足りなかったけど、濡らして縮み、干してる時に半分折りで95cmになっちゃいましたが。
アイロンかけたらもう少し伸びそうだけど、それで引き伸ばす訳にもいかず。
ちょいちょいカラフルな別の糸が入り込んで織り込まれてしまっているので、海外製品だと思います。
綿80%、麻20%の生地です。
ナチュラル感はあって、そこそこの商品でした。
小物作りには丁度良い感じでね。
11号帆布にすると、日本製もあって、ほとんど綿100%のしか無いけど、丈夫な整った生地なので使い易いですよね。
絵の具も裏に出難いし、やはり帆布だけで作る方が良いのかな。

先に試作用で準備していた麻100%の布は、70×100cmくらいあるので、大きくそのまま1枚に 6色のスタンプで作る事にしました。
同じサイズの柄を単体で並べるか、各色をバランス考えて混ぜた多連配置、くっ付けて隣接、まだ考え中✨🌈✨

|

« 2018年4月15日 - 2018年4月21日 | トップページ | 2018年4月29日 - 2018年5月5日 »