« バラの姉妹団の存続について考える(2) | トップページ | 状況報告短信 2018.11.30版 (転載記事です) »

2018年11月28日 (水)

グループの存続について考える

Image

 

ザ・イベントに関して、目覚めた仲間が集うこと。
ずっと昔から決まっていたのであれば、当然の事なのだと思います。半疑なうちは、そう言われてるから そうなのかも、くらいかもしれませんが。
今日までのグループ全体や 周りに起きた事は、、、考えると大体似てますね。
どんな事があったのかは、知る人のみでいいと思います。
途中で加わったり、その当時に居なかったり、居ても関わらなかった人は、始終を聞く必要は無いと思うのです。
余程必要でない限りは。
解決した事を掘り返されると、当事者だった人達を再度気に病ませてしまう事もあるでしょうから。
どんな事情も、正確に伝えてほしいものですけどね。

 

グループのいざこざも、個人の価値観の問題で生じたりしますが、勘違いなら和解すればいいですから。

 

1番問題なのは、メンバーの中から 豹変したようなネガティヴな人物が出る事でしょうか。
そのようなのが地域ごとに色々あった事と思います。
その人物がどの様にザ・イベントを知ってグループに加わったかも、やはり気にしておいたほうが良いのではないかと。
1番外側範囲に居て、参加してる意味もなさそうなら影響は無いかも知れませんが、中心的な活動の邪魔をしてくるのは、闇感染などをしている人物の場合があるでしょうから。

 

元々の参加動機が趣旨に合わない。
自己利益と優越感のような満足を得るために、面白半分。
スターシードであったとしてもネガティヴ嗜好が強い。
スターシードだが闇の強い操作で動かされている。
ガチで闇からの間者。
こんな感じでしょうか。

 

ガチな闇の間者以外なら、その人物がスターシードで、ソウルファミリーなら、仲間内で救えるかも知れませんよね。
今生では損な役回りとして、仲間に合うと闇の操作を受ける契約をさせられたのかもしれませんし、違うかも知れません。
でもそれが、他のスターシード仲間が乗り越えなきゃイケナイ成長や気付きの為の試練であると、言って認めてしまっても良いものなのかは疑問点だと思うのです。
闇が勝手に決めつけたモンに対して、私達は責任を負う必要が無いから、闇の契約を抹消する宣誓文を読んだり、毎日やっているのでは無いでしょうか。
ネガティヴ思考や操作の深度によっては、地表の仲間内だけでは解決するのが困難かも知れませんが、初期のうちなら何とかならないかな、とは思います。
その人物が、自分の本来の大事な物を切り捨ててネガティヴ思考や孤独を大きくすると、闇が入る部分を作ってしまいそうだから。
それに対処しようとすれば、仲間に被害が出る事もあります。
優しさだけでは対処出来ない場合も多々あると思います。
その人物から完全に狙われて、落ち込んだり、その邪気にビクビクしている心理状態で“真の愛のエネルギー”を体現して抗えるでしょうか?
それでどうにもできなかった場合は、その人物からは離れる事になりますが。

厄介なパターンの1つは、何に意気投合したのか、気があう趣味や興味の場合もあるでしょうけれど、その事で ライトワーク以外の場で共依存がネガティヴな事に結び付くことだと思います。

 

身近では、このような事が起きています。
中心的な活動グループに、他の地区の仲間からの伝手で、身近なグループの1人に連絡があり、途中から1人加わりました。
最初に会った時は、Cの記事は少ししか読んでいないようでした。
別のスピリチュアルの師などが数人居て、よく喋るし、話題はそちらの話しばかりをします。
近くで瞑想出来る仲間が欲しかったそうです。
私は数回会いましたが、その間に 一対一?で他のメンバー(異性)としょっちゅう会っていた様子。
そのうち、もう1人の異性とも会合の日以外にもあっていたような会話をしている事がありました。部屋の隅に白いモヤみたいなのが居るよね、とその2人は少々見えるタイプの様だと、その時初めて知りました。
会合の約束事、複数で会います を無視しているのが気になっていました。
会合の日に会ううちに、石とエネルギーの話題が増えて来て、皆関心があるので楽しい事ではありました。
しかし、他人の石を触る のがあまり好ましくないと思っていたので、私は ほぼ見るだけにしていました。
好意で石を貰う事は有りましたが、それはこれから個人の持ち物になる石なのでオッケー。
会合に人数が集まるのが難しい日が続くなか、事前連絡も無く「瞑想やりました」がチャットに書き込まれるようになりました。
私の地元の山に行く前にも連絡が無く、私が参加しなくても声かけしてくれたら「宜しく頼みます」くらい返事出来たのに と、後で聞いて思いました。
その様に、会合の声かけが無いし、メンバーで会ってても事後報告にも誰が参加したのかすら書いてないのです。
その人物が参加している時は、その様に不明な点が増えて行きます。
その後、ひと月ぶり?くらいで会合をしました。
集まって、瞑想し、ランチ。
ランチの間に、その人物が中心になって喋り続けています。
ランチの途中で、瞑想には来れなかった1人が合流。
その後解散ですが、その人物と、合流した1人は 同じ方に移動していきました。
その時は 相談事かなと思っていたのですが、違う様な気もしていました。
それから全く会合の連絡が無くなり、2週間ほど?経ち、他のメンバーから少し事情を聞きました。
私の知らない事ばかりでしたが、その人物が仲間のプライベートに踏み込み過ぎているような内容です。
あの時に相談事かと思っていた2人が、すでに一緒に居ると。
それが始まった時から、その人物が豹変したそうです。
聞いた範囲、闇の操作を受けているとしか思えないような。
女神瞑想の帰還はやるけど、渦のほうはやらなくていいよ と言いだしたそうです。
これじゃ、完全なる妨害ですよね。
その人物から 私も久しぶりに個別チャットが来たので返信しましたが、その間も後も、ハートあたりに嫌な強い違和感があり、咳が出るし、ヒーターの側に居るのに寒くてしばらく震えが止まらなかったです。
文面が酷いネガティヴで、仲間の実際には無い悪口ばかりを連ねてどんどん送ってくるんです。
囲い込みに来たのがわかっていたので、その人物の気を損ねないように、グループを抜けるように勧めました。
私個人とのやり取りは今の所ここで終わっていますが、他のメンバーには連絡をしているかも知れないけど、それは個人の問題なので、各自が対処していくでしょう。

 

今月25日に数名で集まり、瞑想の後で 落ち着いて話をする事が出来ました。
現状では、その人物と、とり憑きこまれてしまった1人のメンバー、その2人が グループから離れて?いる状態。
相談も無く勝手に地区を分断してきたのですが、私達には壁も何も無いですから。
しかし、その2人が共通の破滅のビジョンを見ているそうなので、そこはヤバイままなのです。
数日経って、どう変わったかは不明ですが。
会合の重要性を尊重しつつ、残るメンバーで やって行く事は今まで通りなのを確認しあいました。

 

豹変した人物の前に、とり憑きこまれてしまったメンバーを助けたいのですが、まずは当人に気付いてもらわないといけません。
そうしないと、こちらからの支援も届かないかも。

しかし、難しいことなのでしょうね。

共通の破滅のビジョンを見ているのかも知れませんが、自分の高次の魂と繋がっていたら、そんなモノは見ないんじゃないかと私は思います。誰かと同じビジョン(瞼の裏映像とでも言いましょうか)を見てるなんて、同じアングルとカメラワーク的なもんだったら、それって作られた映像なんじゃないかと… いつも一編の映像のどこかの一部分を見て、それが繋がってて同じ1つの映像・動画だったら、怪しいと思わないかしら。

こんなの見るのもチャネリングの内だとしたら、これは未来予知では無くて、大人しくさせる為に 子供に 毎回同じDVD見せてるのと同じことなんじゃないのかなぁ。

ーーメッセージ ーー
Cの記事に会って活動を始めた頃の、活気のある 貴方を思い出してください。
仲間と物作りをしたり、ミッションをこなした時の 貴方に戻ってください。
貴方の大切な繋がりを 切り捨てられるものではありません。

|

« バラの姉妹団の存続について考える(2) | トップページ | 状況報告短信 2018.11.30版 (転載記事です) »

●仲間内で傷ついたら読む」カテゴリの記事