« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月29日 (金)

前の記事の画像の文章

翻訳してくださっているので、掲載しておきます。

「私は光の勢力に対して、地球の現状に公正なる裁きを下し、癒しを提供することを求めます。
私は、プレアデス人、アークトゥルス人、シリウス人、エンジェル、アガルタ人に求めます。
もう限界です。我々人類は物理的介入を求めます。
  そうあらしめたまえ。そうなります。」

多くの方が、このように表明してくださると 幸いでございます😊

‼️もぅ、とっくに限界です😤‼️

|

ガンマタイムライン2018.06.27 (転載記事です)

以下の記事は、転載です。

こちらから
http://prepareforchange-japan.blogspot.com/2018/06/gamma-timeline.html

現時点での可能な範囲の情報ですが、とても重要な事だと思います。
すでに、この大きなイベントについて充分に承知の上で活動している仲間の皆さんは、この内容だけで、今後の自分たちの活動の仕方が変わって来るのを考えたり、自分の準備をするところだろうと思います。

何も活動していない、もしくは加わる事を辞めてしまった元お仲間さん方も、もう少し自分の事だけでいいので考える時期に来たと思います。
「置いていかれた」のではなくて、「自らが動かず、知ろうとしなかった」と、考え方を変えるだけでも違いますよね。
それに、RVと言われている事は 残り猶予の時間を考えたら、イベント後の後々に変えてく時間も無いし、やった所で意味がない事になりそうだと、単純に思います。

~忘れないで♪2025♪アセンションの窓が閉じるよ♪~

以下は転載部分です↓―――――――


2018年6月27日

ガンマタイムライン

Gamma Timeline
http://2012portal.blogspot.com/2018/06/gamma-timeline.html?m=1


この数か月間でタイムラインが劇的に移行して、地球解放計画に大幅な変更がありました。

変更点の大半は完全非開示情報とせざるを得ませんが、できる点についてはお話しします。

5月にベータタイムラインからガンマタイムラインに移行しました。この新規のガンマタイムラインは、トップレット爆弾が起動されないようにしつつ、できるだけ早期に光の勢力による直接の物理的介入を行って地上のライトワーカーとライトウォリアの生命を救出するものです。

イベント前にライトワーカーの一部は、接触の受け皿の手順に従ってプレアデス人との物理的な接触があり得ます。それ以外に少数のライトワーカーですが、参加手順に従ってレジスタンスムーブメントに受け入れられる者もあり得ます。初期グループの参加後にしばらくして、別の一群のレジスタンスへの受け入れがあり得ます。こちらは自分のペットを連れてゆくこともできます。




この第二群は、レジスタンスの社会に統合されるのではなくて、地下の一定の場所に特別の入植地が用意されます。

ある時点でレジスタンスは、地上にいる一定のライトワーカーと物理的な接触をして支援を提供することがあり得ます。

物理的介入があるまでの地上の社会は、閉鎖系のエントロピーは常に増大するとの熱力学の第2法則に基づいて完全に崩壊してゆきます。

この地上社会の崩壊は、多くのライトワーカーの肉体が状況に耐えられなくなる崩壊点に達しています。奇妙な病気の発生や、体機能の崩壊、(指向性エネルギー兵器に関連する)心臓麻痺、異常な臨死体験などが多発します。

物理的介入がなければ、地上の崩壊は後戻りできない状態となることを光の勢力には理解いただきたい。リスクを取って、自由意志を発揮して、物理的介入してください。

本件についての地上の住民の意思は明確です。

http://2012portal.blogspot.com/2013/12/event-developments.html

https://www.thepetitionsite.com/576/357/913/planetary-liberation-now/

物理的介入があるまでは、ライトワーカーとライトウォリアは、以下の行動により光のグリッドをできるだけ維持してください。

a)チンターマニグリッドの構築
b)タキオンチェンバーグリッドの構築
c)ソウルファミリーのつながりのグリッドの構築
d)直接会って行うバラの姉妹団の構築
e)内なる導きにしたがって光の勢力との物理的接触に備える
f)他人に反応せずに、反応ではなくて意識的に前向きな行動をとることで、個人的対立を控える

Victory of the Light!

翻訳:Terry

転載ここまで↑――――――

自分がホントに本当に大事な物だけ、持って行けます。

|

2018年6月26日 (火)

フラワーオブライフの布、蓄光も試しに作りました

iPadで写真撮ってないので後日に掲載します。
以前に、マニキュアトップコートの透明なのに蓄光の粉を入れて自分のトートバッグに塗ったのですが、付属の筆で塗ったら美しくは塗れなかったです。
普通の絵筆だと勿体無いので、細い100均の沢山入ったのとかなら使えるかも。
やはり夜光も面白いよね、という話もあったので、レジン用に買ってた群青のパウダーを使います。
で、おとといは、ソーソフトに直接混ぜてスタンプしました。
はんこを洗う時に粉ザラが残っているので、少しずつ捨ててるようで勿体無い気持ちが😅
絵の具に混ぜて、最初は振ってもパシャパシャ音が聞こえてたのに、何回か押した後にはモッタリとしてくるのか、パシャパシャしなくなって、合間で溶剤を足して使いました。
スタンプして乾燥後は、粉感手触りでは無いので、石を置いて使う分には問題無いけど、他のと違って 洗わない方が良いかも知れない。
そっと水洗いなら大丈夫そうだけど、粉が多いと絵の具での布への定着が追い付かなくて取れるとこがありそうで。
白い布に水色で押してるのが蓄光にしておけば、他のと違いがあって分かり易いよね。
粒子は、水晶の粉の方が細かいみたい。
蓄光(PPLS)を混ぜたらザラザラが気になったので、多分そうかと。

7/14(土)、かなり久し振りに手作り雑貨イベントに出展します。
以前の在庫は、、、持って行くものを、もう少し減らした方が良いのかな、と考え中です。
オルゴナイト類もあるし、紫外線硬化樹脂を使ったアクセサリーとか、少しだけ選んでケースに入れてるけど、逆に色々あり過ぎてもブレてると言うか🙄
高額商品は難しいので、ドールは小さいのを1体だけにしようか。
何よりも、重い荷物は足にも腕にも負担…石も色々持って行こうとすると、確実に荷物総量が5キログラムを超える。
そんなに歩かないからマシではありますが。
今回、設置はラクな仕様で。

|

2018年6月22日 (金)

7月の、サニーサイドモール ストリートマーケット

――追記――
受け付けメールが来たので、出展出来そうです
週明けに手続きをして、その間には在庫の点検をしておきます。

Stone18031403

この前の日曜に、地元の手作り雑貨イベントを見てきました。
その時は二つの主催で別々のイベントをやっていて、一つは音楽演奏も有りの、初めて知ったイベントでした。
見に行った目的の所は、思ってたよりも出店数が少なくて、今回は少なかったと 出店していらっしゃった方に聞きました。
直参イベント自体が しばらくぶりなのですが、このイベントの出展を予定しました。
今日申し込みをフォームから送ってみたのですが、届いているのかが分からない…
英文が出ていたので自動翻訳してみたけど、伝わる文章になっていなくて分からず。
…しまった、他の翻訳の所も試せばよかった。
結局、同じ内容で、iPadからと パソコンとで 2回送ってみたけど同じだったので、返信があれば出展可能だという事だろうと思うのですが。
今までの大きなイベントだと、審査後に合否メールが返信されてきて、それに振込先が書いてあるパターンだったのです。
数日待ってみて、振込み期限内に返信が無かったら出店は お流れです

さて、その審査をするにも、出店のページも写真を削除してて無いので、ここに掲載出来る分だけ載せておきます。

Oriji14030508
【にゃこま】
在庫のみ、いくつか持って行く予定。

Acce13113004
【ストラップなど】
在庫があれば、何か持って行きます。

Ppls04
【夜光砂】
いくつか持って行く予定。

Fl10bz02
【天然石ビーズセット】
在庫の何かを持って行く予定。

Stonbres0603
【天然石ブレスレット】
こんな感じのをいくつか。

Zero14031802
【キャストドール・ゼロ妖精】
在庫から 2種類・各1体…か 1点のみ持って行く予定。

Flometafairylane
【神聖幾何学模様】
このような柄の小さい 布敷物や シールなど。色々。
この商品が一番多いです。

一番上の写真の布を含めて、今の所は、だいたいこのくらいです。
写真の天然石は 私物なので、別の石を持って行く事になります。
ブレスレットの現地注文は、受け付けておりません、展示現品サイズのみ、サイズ調整も不可です。

参加が決まり、正式に申し込みが済んだら、イベント前に商品の写真を掲載します。

|

2018年6月11日 (月)

あまり聞き慣れてない遺跡

4月か5月にテレビで見たのだと思いますが、海外の古い遺跡の“ギョベクリ・テペ” の話題をやってたんです。
微妙に聞いた事あるような、無いような。
🐟君が喋くりまくるような名称なので、覚えやすいなとテレビを見ながら思ってました。

今日、Cの過去記事を読んでいて、質問に答えているのを見つけました。
記事は1度読んでいたようで、記憶にある質問回答も有りましたし、ネガティヴ寄りの遺跡のような説明、というのも読んでた記憶があり、これだったのかと繋がりました。
テレビに映っている石像などが、光と女神などのポジティブな感じでは無い印象で見ていたので、感覚的にも当たってたのね。

以下 記事抜粋転載↓

ギョベクリ・テペ (訳注:「太鼓腹の丘」。シリアに近い、トルコ南部の新石器時代の遺跡)

ロ:ギョベクリ・テペの重要性について話してくれますか? アレッポから100マイル以内のところにあるので、J.J. ハータックは、戦争で破壊されなければいいと願っています。

C:アトランティス崩壊直後に急成長を遂げた社会がありました。残念ながら、平和な女神を崇拝していた人たちの社会ではありませんでした。ドラコの大君主たちと強く繋がっていた人たちです。彼らは世界中に、非常に印象的なモニュメントを残しました。このうちの10%が発見、発掘されていると思います。

転載終わり↑

と、いう事ですって。

6/15追記。
やりすぎ都市伝説で やっていましたね。

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »