« 2017年11月5日 - 2017年11月11日 | トップページ | 2017年11月26日 - 2017年12月2日 »

2017年11月25日 (土)

猫草えん麦、青虫に先を食われる

Image
何日か前に水をやり始めて、育てていました。
日に日に伸びて来て、10センチに届いたから猫に与えてみようと思ったら、葉の先に細い物があって、その下に穴が開いてる… 縫い針みたいになってました。
先の細い物は、小さい青虫でした。
ちょんと触ると、クニャッとうごいたんで、メダカ水槽の掃除用に使っているお箸で つまんで外にポイしときました。
先に写真撮影しとけば良かったかなー、濃いめの緑色で、頭の所が少し違う色だったかな。
玄関先ですが屋内なので、栽培キットの中に潜んでいたのか?
再度現れるかもしれないね。

チモシーなどの乾燥したのを、げっ歯類などのペットの敷き藁やエサにしている方は、自宅で育てている事もあるそうですね。
私も以前はハムスターを飼っていたので、その時に育ててみたら良かったのかな、と思いました。
前の猫の時に1度栽培したけど、食べなかったので、その後に どうしたかを忘れた。

今日は、先ほどから猫に差し出してみても、匂いを嗅ぐくらいで食べませんねぇ😅
あちこちを舐めてしまうので、その対策に用意したけど、まだ早かったかも。
ネット情報では、1歳頃から与えると書かれている所もあったので。

うちの猫は、パンが好きみたいで、1ヶ月弱の野良子猫の時に 近所の人に パンをもらってたのかな?と思いました。
人が食べていると、しつこく近寄って来て肩に乗るので、食べ難いどころか食べられないんです。
昨日からは、8分粥くらいのご飯を食べるようになりました。
それに猫缶の魚を添えて、今の所は 柔らかめの食事です。
猫缶魚ばかりだと、イエロー・ファットも気になるし、鶏肉も ブロイラーとはかいてないかもしれないけど、国内の何とか鶏として売られてる物も、薬品は気になるし。
偏らずに食べさせるのも気を使うけど、アレルギーにも気を付けておきたいね。

|

2017年11月22日 (水)

次々とまぁ…

耳ダニ、それによる耳の奥の炎症など、猫カビ、の治療をしてきた飼い猫ですが、やっと耳だけの症状になるかと思ったけど、同じエサでも下痢続きになったので、その薬をもらって3日飲み、顕微鏡での検便検索をしてもらったら、回虫の卵があったので、その後に虫下しをもらい、様子を見ていました。
成虫が出るかと思って、初めての事なので少々観察に興味もあったけど、それらしき物は出てきませんでした。
間で2回、点検しないで母が普通に処理してしまったそうで、1日半以上過ぎてた頃だったので、まぁ、大きいのは居なかったのかな?
その後も短時間の合間で下すし、昨日は朝から3回ほど吐き戻していたので、今日は早めに動物病院に連れて行きました。
少しずつ食べていても、その前に食べた分も含む程の量を全部吐いてるようで、エサが無い状態の少しだけの時は、黄色っぽいのと透明な物だけです。
獣医の話では胃炎を起こしているそうで、今日は注射2本をされ、耳に薬液を入れてから拭き取る処置とで、終わったらすぐにケージに入り込みました。
下痢止めの薬を1日2回×5日分を処方されましたが、吐くのが治ってから飲ませられるので、まだ様子見で、水以外のエサは軽く絶食にしてます。
尻からは、回虫は出てこなかったけど、髪の毛が出て来て連泥ウンチになるので、困ります。
いつ何処で食べてるんだろうかと考えると、2箇所かなぁ(~_~;)
明日は掃除をしてから買い物に行かねば。
いつもの缶詰を食べなくなってきたので、缶詰は1種類固定で減らして良いなと思ってたら、また飲み薬が始まってしまいましたが、自宅で作った鶏肉の煮たのと混ぜる事にします。
猫が食べたくなくなった物、それが原因の場合もあると、獣医も言ってました。
最近は鶏肉と野菜のを煮たのばかり欲しがってたけど、消化のためにもっと細かーく肉も切ってたけど、すり鉢で擦っときます。

|

« 2017年11月5日 - 2017年11月11日 | トップページ | 2017年11月26日 - 2017年12月2日 »