« 仔猫のトイレトレーニング、一旦上手くいってたけど | トップページ | 満月に合わせての瞑想をやります »

2017年11月 1日 (水)

C情報の過去記事2014年から、私のおすすめです。

私が気になった部分や、当ブログに検索で来られる方たちにも、読んで知ってもらう切っ掛けになるような、興味を引く記事を選んで紹介します。
インタビュー形式の記事では、宇宙や世界の背景や出来事について、「イベント」に関する質問への回答もあるので、知りたかったことが見つかるかもしれませんよhappy01

まだ過去記事から読みなおしながら進めているいる途中なので、過去の記事から順番になりますが、後の記事の中では 説明が増えたり、状況が変わっている部分もあります。
なので、順に読んでいても 気になるズレが少ないように、掲載されている日付を順に、2014年頃の記事から選びました。
この記事には、2014年日付のものを紹介していますので、15年度以降の記事も順に読んでいくと、進展具合を確かめながら読めると思います。


2014年6月14日付 宇宙女神の活性化
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/06/blog-post_14.html

2014年6月18日付 ISIS?
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/06/isis.html

2014年8月1日 RのCインタビュー①
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

2014年8月26日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/08/blog-post_26.html

2014年9月23日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/09/blog-post_23.html

2014年9月24日 ウンタースベルク山/Vril Women of WWⅡ(参考記事)
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/09/vril-women-of-ww.html

2014年9月30日 UのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/09/blog-post_30.html

2014年10月20日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/10/blog-post_20.html

2014年11月5日 UのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/11/blog-post_5.html

2014年11月23日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/11/blog-post_23.html

2014年12月23日 RのCインタビュー
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2014/12/blog-post.html
【この記事の抜粋】↓
〇睡眠障害/睡眠中の行き先

R:一時間しか眠れない女性がいて、その友人が心配して質問してきました。深い睡眠を取れなくなっている人に、あなたはどんなことを勧めますか?

C : オーケー。それが示している一つの可能性は多大なストレスです。過度にストレスがかかると、眠りに入ることが出来るほど十分にリラックスできないことがあります。別の可能性としては、スカラー・ネットワークや非物質的エンティティの干渉があげられます。自然の中に入っていき、何日か過ごしながら、電磁気の害が及ばないところで眠ることをお勧めします。

R : ええ、素晴らしい提案です。気に入りましたよ。電子機器がないところで寝起きすることなんてなかなかないですからね。もう一つ質問が寄せられており、アストラル界が一般的な回答になるのですが、「寝ているとき私たちはどこに行くのですか?」

C : 肉体をそのままにして、あなたのエーテル体が肉体から抜け出ます。そして時にはアストラル体で周りの環境を探ったりもします。ですからどこへ行くかは、あなたの意識レベルと眠りの深さによります。あなたの意識の焦点が物質的身体から高次の非物質的身体に移ります。もちろん再び目覚めるときには元に戻っています。

R : すると、意識は地球惑星を越えたところに行くかもしれませんね。

C : 意識が十分高くてベールを突き抜け、プログラミングから抜け出ることができれば、その可能性はあります。

(転載元 NC)

【記事抜粋終わり】↑

年代が進むごとに、以前の記事に書かれている事が進展し、状況が変わっている部分があります。
当方の このブログ記事に紹介している内容は、2014年の時点で公開されたものである事をご理解した上で、読み進めてください。
上記の抜粋のような回答も記事の中にありますので、興味のある部分を探しながら読むのも いいと思います。

|

« 仔猫のトイレトレーニング、一旦上手くいってたけど | トップページ | 満月に合わせての瞑想をやります »

●コブラ情報.過去記事(私のおすすめ)」カテゴリの記事