« いい内容だったんだけどね | トップページ | 信じるには、キッカケと思い »

2017年10月22日 (日)

アンタリオン転換、読み終わりました

日付は変わってたけど、昨夜のうちに「意識の量子飛躍 アンタリオン転換」という本を読み終わりました。
1回目の通し、という所ですが、328ページから、薄く鉛筆で線を引き始めている半端ぶりです
次に読み返す時に 最初から線を引きながら進めます。

一番気を惹かれたのは、「一なるものは 次の宇宙サイクルに進化していくための宇宙であり、驚くほど美しい虹として現れます。」の所です。
今の段階で行っている集団瞑想の中で、ソースの光を定着させ〜とか、ソースの光をイメージするところがありますよね。
その時に 自分のイメージするのは、虹色のキラキラや、地表から吹き出す虹色の光や、光が描く植物や小動物、宙に舞う花や 小鳥や キラキラした星、女神のような 妖精のような舞踊る姿、なので、これが同じ虹色という表現がされているのが嬉しかったのです。
次元が違うと、虹の色も違いそうですけどね

本の内容は、全てが興味深いものでした。
特に繰り返し出てくるのが、アセンションのファーストウェーブから第3ウェーブの所で、最終的に避難の部分。

それと、過去のアトランティスに関する事柄が何度か出て来ます。
本によると、アトランティスは、過去に4回沈んだとあり、最初と2回目は自然災害で、後の2回は クリスタルの実験とあります。
で、白魔術団と黒魔術団の熾烈な戦争のせいでアトランティスは沈んだと

この辺の内容だと、戦争の為にクリスタルを使った兵器を開発して、暴走や失敗で自滅したようにも受け取れますよね。
私が以前に調べた、オルゴナイトに水晶を封入するのは 良いことか? の関連の事で、その時に見つけたスピ関連ブログに そのあたりの記憶のある方々が集まってて、読ませてもらった内容も照らして考えると、水晶は特別な物なので、それを知らない人があれこれ加工するもんじゃないと思えます。

今は 市販の安い天然石でも、タキオンが地上に届くようになったら、それぞれの本来の意味合いのエネルギーになっていくのではないかと、期待も込めて思っています。

|

« いい内容だったんだけどね | トップページ | 信じるには、キッカケと思い »

天然石・スピリチュ・&関連」カテゴリの記事