« アンタリオン転換、読み終わりました | トップページ | 書き取る時間が取れなくなった(猫のおジャマが入る) »

2017年10月25日 (水)

信じるには、キッカケと思い

Image
随分前のドール写真です。

アンタリオン転換の本を、前記事で少し紹介しましたが、私には とても良い内容だと思えました。
オカルト、UFO、宇宙人、ア◯ンション、スピリチュアリティー、瞑想、アトランティス、この辺のワードが好きな方は、興味を持って読めるのではないかな?

ア◯ンションという 1つの状況を表現する言葉として、この記事では例えておきますが、スピリチュアリティーを「やってますー」と銘打ってる あちこちの方々が書いている内容も、其々 根本や一部が違っていて、その言葉が何を指しているのかも 違っているように思えて来ます。

私は、C情報を知り、直ぐに信じるに至りました。
その中での多くの情報、現状の新たな進展具合、テレビでは全くやらない範囲の ネットで調べられる情報を色々と読んできて、色んな方向性というかジャンルから辿って来ても、確実に繋がってる部分を、知って気付いて来ました。
なので、情報の内容が それに符合するかも判断基準に加わります。

誰しも、その時点で自信が信じている、もしくは知っている程度、であっても それが基準になって、「信じるか信じないかは、あなた次第です!」なんて 真似して相手に投げかけている訳ですが。
でも、ちょっと友達から聞いたとか、自分じゃ印象程度にしか調べもしていないのに、自分が知っている事が一番正しい、あいつは黒だ、闇の手先だ と、堂々と言ってると、間違ってた時に恥ずかしいわよネェ。

真実の答え合わせは、C情報で言う所の「イベント」が 開始されてからじゃないと出来ないと思うのですが。
何もしないでイベントを待てと、言ってるのではありませんよ。

で、ア◯ンションの意味合いの違いは、個人に対してのものと、地球に対してのものと、宇宙規模のものの説明が必要なのですが、長くなるし、面倒だから書かない。
知りたい人は、その気になったら調べてますよね。
出来れば正しく知りたい、真実をね。

真実という言葉の奥に、もの凄〜く深くて広いのが隠されて来ているけど、信じられない!と言って壁を作るのは自分だから、信じられなくしちゃってるのは自分自身という、考えてみたら無駄な事やってた、そんな態度をとる事が当たり前にカッコいいと思うようになってたのかと、何か気付いたら突破出来そうだよ。

ア◯ンションと、カルマというのは、繋がってる話題だけど、それについてどの情報が 自分にとって腑に落ちるかが、一番重要です。
光の勢力と闇の勢力が存在するのを理解して信じられないと、これらは ただの妄想で 何も解決しないモンになると思います。
地球の中だけでずーっとずーーっと生まれ変わって、来世は何に生まれて〜、前世の罪で今生は惨めでしか生きられない〜、なんてのが続いて 嬉しいかしら?楽しいかしら?変じゃない?
覚えていない前世の罪まで背負えとか言われても無理!と思うのが現状でも普通。
カルマは、大きな罪を犯せば背負う事もあるのかも知れないけど、実際は無いものを罪に仕立て上げて持たされてるという事らしい。
そんな事をさせるのは闇のモノ。

現状維持なんてとんでもない! 地球は光と共に解放させていただきます。
より良い未来と、真実の中で生きる事、それが最高ですし、さらに探求して行けるそうですよ✨

さぁ、ア◯ンションと カルマ、その背景を、個人ブログや サロンのサイトで どう説明しているか。
個人セッションで、リーディングで、なんと説明してきたか。
誰か他所からのコピペと受け売りだから、インプラントのせいだからと、自分に責任は無いとするのは、カッコ悪い。
イベント後に、今までの言動がチャラになるものでは無さそうよね。

真実には、何も知らない人がすんなり辿り着くものでもなく、利益優先の我欲で わざと真実を隠していないと生活出来ないスピ行為は、闇の勢力と同じ事してる。

私の場合、以前から見ていた 他所のスピな長文のブログも、C情報を読み進めて行動して行く間に、だんだん見なくなりました。
情報のズレが分かるからです。
自分が不確かな間は色々読んで検討し、その後に自分と合った所に絞って行くもんですけど、以前よりも見る所も減り、見て回る事で取られていた分の時間は増え、やはりスッキリします。
自分のブログにもいろんな趣味や作る事を書いてるけど、もう少し整理して、今の時点で不要に思う物は削除していきます。

どの情報を信じるか、色々と気になる所を調べて行ったら、書き込むには 安全な範囲も選ばないとならなくなってきます。
このような情報があるのだという事を知っておけば、いざその訪れという時には、知らなかった場合よりも 早く気持ちを切り替えることも出来るでしょう?

答え合わせは、イベントが始まって以降です。

私がC情報や、宇宙情勢てきな事を信じたのは、自身が想い描く物語で、手持ちのドールの設定にも少し書いている事が、符合する部分があるからです。
かすかな記憶があって、そのような想像の話を考えていたのだろうと思うのですが、サッパリと前世記憶がある意識なんてありません。

ソースと符合する設定も自分の中では考えにありました。
砂時計のような形の中心の細い所が宇宙の始まりという設定で、あっちとこっちに広がってて、そこから最初の動き回れる意識体が生まれて、その中心の場所は 母のような存在で、最初に光を象徴する者が分離されて、その後に 動く光を羨ましく思う闇がとび出して、光を追いかけ回すようになり、光が創る事を真似して、それを写すコピーで似たようなモノを作っていくという話です。
青文字の部分は、私の創作部分なので、ごちゃ混ぜにしないでくださいね。
闇に襲われた光は、自らの一部を闇に切り取られ、一部の記憶を失いますが、切り取られた部分も意識体として動けるようになったので、闇から逃げてはあちこちの星に隠れ、その間にも光を写した意識体も沢山増えて〜、光は自身の一部を見つけて2つだけど1つで、出会う事で 全てを統べる者の姿を得る〜、
という感じです。

信じるキッカケは、ある日突然、満月の日の夜に、テレビを見た後の寝る前に、瞬きをした瞬間に 見知らぬ文字が並んで見えた事。
テレビの残像ではなくて、灰色の上に黒い文字で何か見えた、まぶた裏の映像です。
その後も何度か見るし、違う出かたの数字と文字も、何度も見てます。
たまに日本語なんだけど、文章になってなくて読めない。
何処かから通信だとしたら、どこから来てるんだろうかは、気になりますね。

毎日ちょっとずつ、色々と楽しみです。

|

« アンタリオン転換、読み終わりました | トップページ | 書き取る時間が取れなくなった(猫のおジャマが入る) »

天然石・スピリチュ・&関連」カテゴリの記事