« 天然石の意味など(第3〜4チャクラ編) | トップページ | 天然石の意味など(第7〜8チャクラ編) »

2016年12月13日 (火)

天然石の意味など(第5〜6チャクラ編)

青【第5チャクラ】閉じると、孤独感・不安感・苛立ち、時にはおしゃべり、首・肩のつよいコリがおきるそうです。

 

●アクアマリン
Image_23
→幸せな結婚、和合、勇敢、穏やか、平和、幸福、健康、富。
エメラルドと同じベリル族の石。
モルガナイトも同じグループの石です。
太古から、船乗りたちの間で豊漁と航海の安全を約束する守護石として大切にされてきたそうです。
緑色=エメラルド。
黄色=ヘリオドール。
淡紅色=モルガナイト。
無色透明=ゴシェナイト。
色改善の熱処理が行われる。
心に滞った負の要素を洗い流す浄化・鎮静作用のパワー。
穏やかな波動が感じられ、だんだんと平和な気持ちになれる。
生命そのものの居心地の良さ、安堵感。
身の安全を守る、健康・アンチエイジング。
C情報では、5次元のエネルギー領域と繋がる、というような事が説明されていますが、高度に浄化されているエネルギーの強い物と タキオン化された物だけでしょうか。

 

Image_24
→ブルークォーツ という括りがあるようですね。
青い色の天然石の事を、まとめてブルークォーツと呼んでいるようなので、本やショップでの説明をよく読んでから選ぶとして。
海外では天然石全般をクォーツと呼んでいるそうなので、日本国内では混乱しますね。
販売店によって呼びや物が違うと思いますが、クラック水晶などに人工的に加熱か、何らかの方法で着色し、それをアクアマリンとして売っているところもあるようです。
水晶に加工をしているものなので、ベリル族のアクアマリンとは、全く違う石ですし、本来の価格も違います。
ブルークォーツと アクアマリンの違いは、加工されてしまうと分かり難くなるので、説明書きをよく確かめて購入するようにしましょう!
こちらの効果としては、水晶と同じ範囲であろうと思います。
天然の水晶にも希少な青いのは存在しますが、それとは別物です。

 

●アパタイト
Image_25
→本当の意思、自己主張、信頼、自信。
鉱物的にはフッ素燐灰石で、人間の歯や骨の主成分、水酸燐灰石と同類で、フッ素燐灰石の方が硬度が高いので、それを人工骨や義歯の材料として利用することがあるそうです。
だからと言って、フッ素摂取が健康を害している事への反論にはなりませんが。
フッ素の変わりに塩素を含んだ塩素燐灰石もあり、この両者は よく混溶しているそうです。
アパタイトの語源の意味が、裏切り、誤魔化し、惑わす、なのが意味する真実とは!ってのは今は置いといて。
透明、ピンク、黄、緑、青、紫 など多色。
ネット情報では、鮮やかな青いものには、放射線で色彩変化をしている物もあり、残留放射線が安全レベルまで薄れてから販売する決まりがあるそうですが、その辺もどうなんでしょ。
固定概念や周りを取り巻く環境などに惑わされる事なく自己を主張できるようになる。
根源的な愛を実感するように導く。
人間関係を深める、コミュニケーションの円滑、日常的なもどかしさを解消。
霊的なパワーも強く、異次元の世界との繋がりを強める。
根源的な愛を実感。

 

●セレスタイト
Image_26
→清浄、霊性、回復、博愛、魂の浄化。
淡いブルーが代表的な色で、発色は含まれるストロンチウムによるものだそうです。
硬度が低いので、ジュエリーには向かないとか。
傷付いた魂に癒しを与え、高いヒーリング作用を持つ。
ストレス軽減、心身のバランス調整、落ち込んだ気分の回復、自信を取り戻す。
創造力・表現力の飛躍、意識を高める。
特に耳や目の不調の改善作用があるそうで、美術や音楽などの芸術で力を発揮するそうな。
より高次な意識へと導く。
空間浄化、安眠。
⛅️❗️紫外線、衝撃に弱い。

 

●ソーダライト
Image_27
→夢、決断力。
紫外線に当てる事で、色の変化が楽しめるとあります。
この記事を書いていて、初めて知りました、色が変わるのを見てみたいものです
邪悪なものを払う。意識的な不安や混乱などを解消する。
ネガティヴな感情を鎮め、実直さと知性を高め、理性的な行動をとるように促す。
誘惑を拒否する意思を与え、目標達成に向けてサポートする。
感情的にならず、自身を客観視しながら気持ちを伝える事が出来るようになる。
効率的に知識を吸収できるようになる そうです。
恐怖心や心の混乱を鎮め、強い意志と鋭い直感力にも恵まれるようになるそうです。
なので、思い込みの激しい人が持つには、お勧め出来ない意見も多いような。

 

●タンザナイト・ゾイサイト
Image_28
→自己表現、行動力、神の啓示、永遠性、先人の智知。
ゾイサイトの中でも、アフリカのタンザニアで産出された物のこと。
宝石として加工された高級な物だけに限られるかもしれませんが、光の種類や照射角度によって微妙な発色を示す多色性があります。
白熱球の下では紫色、蛍光灯の下では青色に変化するそうです。
太陽光の下では赤っぽくなるとか、テレビでもやってましたよね。
タンザナイトの青紫色は、微量のバナジウムを含有しているためだとされているそうです。
→守護霊や守護天使という存在を感じさせてくれるほどの霊的パワーを秘めているそうです。
魂の浄化、自分の進むべき方向を示す。
人生の岐路や困難な状況に陥った時は、問題を解決する術(すべ)を与える。
インスピレーションを高め、自分のすべき事を見せてくれる効能もあるとか。
この世界で果たす使命、大きなテーマに気付かせる。
これまで出来ないと思っていた事に挑戦したくなるそうです。
具体的なアイディアが湧く。
古代ケルト民族の間で、霊力を授ける魔法の石として崇めていたそうです。
意識を高次元に高める為に用いるには最適の鉱物とされているらしい。
正しい判断を下す能力を与え、落ち着き、思慮深い思考で物事を成功に導く力があると伝えられているそうです。
❗️一方方向に割れやすい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
紺【第6チャクラ】閉じると、勘の鈍り、堂々巡り、無力感に襲われるそうです。

 

●ラピスラズリ
Image_29
→高潔、尊厳、幸運の入り口。
主に、ラズライト、アウィン、ソーダライト、ノゼアンの4種類が混じり合ったもので、母岩を成すカルサイトやパイライトの内包で白色や金色の混じるものがあるのだそうです。
ヨーロッパでは、聖母マリアの石。
古代エジプトでは、真理を示す石。
幸運や強運を引き寄せる守護石。
明確で高潔な意識を保てる、高次的な洞察力を高める、強い正義感、揺るぎない信念。
潜在的な問題を顕在化し、試練として乗り越えさせる。
偽りの無い誠実な関係へ導き、例え恋人であっても別離を選ばせる事もあるそうです。
持つ、身に付けるには覚悟が要る石である事は、本にある通りだと思います。
時には厳しくあっても、その後のレベルに伴う幸運を引き寄せてくれると書かれています。
ライトワーカさんに向く石の一つだと思います。
それと、低血圧が深刻な人は長時間身につけない方が良いとの、ネット記事も見た事があります。

 

Image_30
→視力を回復させ、心臓と脈拍の安定を促し、甲状腺の不調を改善する力があると言われているそうです。
写真の輪になった物はランクの高い物で、色の比較に置いています。
一緒に写したさざれ石も、青色が綺麗です。
❗️傷付きやすい、水や汗に弱い。

 

●ラブラドライト
Image_31
→信念を貫く、月と太陽の象徴。
フェルドスパー(長石)の系列のプラジオクレース(斜長石)の一種。
色は、無色やピンク色、オレンジ色、青色の物などがあり、特に青灰色のものは、この鉱物特有の二つの劈開面の方向に閃光を放つ ラブラドレッセンスを示す、とあります。
なんだか奥の深い石ですね。
石の生成プロセスによる ラブラドレッセンスが見られる、閃光を放つ美しい石です。
青系の色発色がある物が一番高級とされているようですが、緑もオレンジ色も美しいですよ。
発光の色具合に関係なく、同じチャクラ対応で良さそうですね。
この玉虫色の光には、遠い宇宙や高次の世界からのメッセージが託されていると言われているそうです。
洞察力、インスピレーション、感性を高める。
→顕在化されていない魂のレベルで天界と交信しようとする、と本にありますが、石が勝手にやって持ち主を巻き込んで楽しんでるほうの意味では無いと思います😅。
やはり、持ち主が意識して繋がろうとする事へのサポートですよね。
→漠然とした悩みから抜け出せない時に、現状を断ち切る勇気と決断を与える。
思い込みが激しい人に、物事の全体像を冷静に捉える心の目を与える。
自分では気付いていない、眠っている才能を引き出す。
外部からの悪意や嫉妬など、ネガティヴな波動をブロックする。
この鉱物の放つ冷光は、銀河系の他の惑星から、地球上でこの鉱物を持つ人に発せられた情報だと言われると、本にあります。
その情報受け取りが、直感力、洞察力として現れ、認識されるそうです。
月と太陽を象徴して、根気強い実行力を養い、信念を貫けるよう導く。
肺、呼吸器系の働きを活発にし、血液と神経系統に活力を与えるとされているそうです。
❗️一方方向に割れやすい。

ー追加ー

●ラリマー・ブルーペクトライト

Image_2
→愛と平和の象徴。
ドミニカ共和国で発見され、歴史はとても浅いそうです。
よくぶどう状でも発見されるそうです。
非常に高い癒し効果。
スギライト、チャロアイト と共に世界三大ヒーリングストーンとされているそうです。
長い間産地が判明せず、海岸に流れ着いた石が海からの贈り物と言われていたそうで、アトランティスストーン、ドルフィンストーン、との呼び名もあると本に書かれています。
→本来 人間が備え持つ自然の叡智や勘を呼び起こし、強力な癒しで心身のバランスを整え、最高のステージへと導くとの事。
潜在意識にある不安や怒り、嫉妬、過去のトラウマなど、ネガティヴな心を解きほぐし、博愛の心で明るい未来と平和をもたらす。
冷静な判断力と表現力を授け、環境の変化、コミュニケーションに強い味方となる。
自己の間違った観念の束縛から解放される様に力を与えてくれるそう。
持つ人に変わらぬ平穏と友情を授け、いたわりの気持ちをもって物事に対処出来るように導くと言われる。
骨折やひびの治療に用いられた他に、不眠症や神経の病気、毛髪のトラブルを改善するちからもあると言われるそうです。
→C情報では、持つ人が心を通わせると、アトランティスのエネルギーと繋がるそうです。高度に浄化された物と、タキオン化された物のみだと思います。
なので、その時代に転生していた人に対しては、当時の記憶やトラウマとしての感情が蘇るというか、思い起こされるかもしれませんね。
→もしかして、海で海岸に流れ着いていたラリマーって、神殿の遺跡の一部だったりしてー🏝
⛅️紫外線、長時間の直射日光を避ける。

|

« 天然石の意味など(第3〜4チャクラ編) | トップページ | 天然石の意味など(第7〜8チャクラ編) »

天然石・スピリチュ・&関連」カテゴリの記事

♡天然石の意味・石言葉など」カテゴリの記事