« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月26日 (水)

そんな事があるのか、アスパラは口臭ではなく

数日続けて気になっていたので! 思い出しついでに検索したら、原因はアスパラガスだったようです。
1人あたり一度に1本半くらいしか食べてないし、3日のうちに昼か夕食に1回ずつ食べただけですが、こんな事が起きるんですね。
アスパラガスを食べると、15分後ほどから尿に臭いが出ると、ネットで見つけました。
以前もたまに感じた臭いだったので、赤パプリカかなと思って、調べたら アスパラだった!
この臭素を嗅ぎ分けられるのは2〜4人に1人らしく、半分くらいの人は分かると思います。
ネギ類ほど口臭にはならないし、美味しいので良し。

|

2016年10月19日 (水)

ケア用品がイマイチ信用ならんので

10時よりも前に電話があり、昨日注文したソフトコンタクトレンズが眼科に届きました。
先に頼んでた人の分と間違えてないかも気になるけど、受け取りに行ってきました。
2週間レンズ1箱6枚入り、約3ヶ月分ということね。
左右のレンズが同じだったので、間違えても大丈夫だけど。
なので一箱ずつ開封して使おう。
とりあえず、約1ヶ月後の通院時に状態を診せる為に、ソフトコンタクトを使うようにしとこうかな。
なので、成分に危険があるだろう 一緒に購入したケア用品が、ネットでもある程度気をつけた方がいいタイプのもの?みたいなので、装着前にすすぐ用の食塩水を買ってきました。
コンタクトレンズのケア用品の所にあったから、専用のものですけど精製水の3倍のお値段ですよ。
昨日の眼科で使っていた液は、多分購入したケア用品と同じ物でしょうか。
診察後の帰りは そのまま着用して帰ったのですが、外に出る頃には右側がかるく頭痛で、周りを見ている感じは、今迄のハードレンズよりも少し白く霞んでるというか、微妙に現実感が薄れる感じと言うか。
朝の装着で夕方見え辛くなるとかいう説明は、今日の
受け取り時にもらった印刷物で初めて知ったよ。
そりゃ、コンタクトレンズ自体は初めてではないけど、ソフトレンズは初心者なので、細かい説明も欲しかったよねぇ。
今や コンタクトレンズのケア用品の売り場は ソフトレンズが主流!?
容器が500mlとか大きいのは、それだけ沢山一度に使うからなのね。
それに、レンズのケースも2ヶ月以内に交換しないといかんらしくて、維持費的なもんが思ったよりかかる。
ハードを万一 外で落とした時の予備には便利だけど、ケア用品を持ち歩くのは不便なんですよね。
だって、私は洗浄消毒保存液を直に目に入れたくないからさ。
液剤2種類持って毎度外出なんて、どう考えても不便!
ハードコンタクトレンズなら、ケースに洗浄保存液を入れてれば、それで汚れ落として水ですすぐだけで済むんだもん。
洗面所が必要な事もありますけどね。
しばらく使ってみるけど、結局ハードコンタクトレンズの方が、私には便利かもしれん。

ソフトコンタクトレンズでの、正しくないケアで感染症などの記事もあるけど、ちゃんと規定期日で使ってても、何か不具合が出た場合、まずは「洗い方が少なかったから」と言われるのでしょうね。
でも、ケア用品の副作用を疑う勇気のある眼科医は…居る?
少しは居て欲しいが。
界面活性剤のせいで、角膜や眼球表面の細胞の間を隙間開ける作用のある成分って知ってるのかな?
ソフトコンタクトだと、それを、まるで市販の添加物だらけの化粧水に浸して目に入れるのと変わらない気がするよ。
薄ければいいと言う問題じゃないよね、界面活性剤で傷を作って、
そこから菌に感染させてるようなもんだから。
化粧水が合わなくて ヒリヒリするのは、界面活性剤類のせいが大きいようですから、眼球だって被害に遭うはずです!
水道水ですすいではいけないとの説明だったので、単に水流で痛むからダメという事だけでの 水道水禁止なんて事だったら、馬鹿げている。
フッ素入りの歯磨き粉や、海外製のフッ素入りペットボトル水道水並みに、闇に染まりきっているのではないかと裏を勘ぐる人もいる事でしょう。
しかし、ハードコンタクトレンズが高い事も問題だと思いますよ?
それで3年は使ったとしての計算で、ソフトも同じくらいですよって言われたけど、今迄
落としもせず、無くしもぜず使ってきたベテランから見れば、質が落ちるようなレンズじゃなければ、5年でも大丈夫だったのでね。

ソフトコンタクトレンズを使うにしても、洗浄消毒保存液であらって保管し、装着前には生理食塩水ですすいでから使う方が良いと思います。

|

新たな目薬とか、コンタクトレンズとか

18日は眼科に行ってました。
眼圧は先月よりも2ずつくらい下がってたけど、小さくても視野欠損もあるし、より眼圧を下げる効果の高い目薬に代わることとなりました。
体に健康被害などの副作用は無く、それでも全く無い事は無くで。
まつ毛が伸びる、目の周りの堀が深くなる、薬液が皮膚に付くと黒ずむので、濡れタオルなどでよく拭き取るか、入浴前に点眼するのが良いとの事。
堀が深くなるというのは、水分の生成を抑える効果の為に、要は 瞼が痩せて薄くなるって事かと思うけど。
眼圧が下がって、眼球の突出が少しは減るという事なら良いんだけどなぁ。
瞼が特に厚いわけでも無いので、逆に目が飛び出してるようになったら嫌だけどね😅
とにかく、治療のほうが先なので、今使っているのが終わったら新しい目薬を開始します。

で、先生と検査の方と、話している間に聞くのを忘れたけど、やはり、目薬というモノは ソフトコンタクトレンズとの相性が悪いですよね。
レンズ自体を傷めるのでしょうから、点眼時には外すとして、これ 物凄く面倒。
今使っているのはハードコンタクトレンズですが、度が弱くなって来たのか、レンズが合っていないと言われ続けて通院2回は話し聞いてない風でスルーされてたけど、今回は話が出来ました。
手元は見えるけど、JRの駅で上の方にある料金表がボケる&ブレて見え難い状態だったから、今のレンズより もう少し見えるようになるといいんだけど。
ハードコンタクトレンズは、眼瞼下垂が起きるとの事で、私の外し方だと関係無さそうでしたが、ソフトコンタクトも昔よりは度数が高いのが出てるそうで、ソフトコンタクトレンズを勧められました。
ケアさえちゃんとして交換していれば、まぁ大丈夫とは思いますが、テストで装着した感じは違和感も無く、長年のハードコンタクト愛用者なので着けてる感が無いくらいに思えました。
テスト用の2週間レンズですが、これでちょうどいいくらい手元とある程度の距離見えてるわ。
度が強いので、近い所を見るのにするか、遠くを見るのにするか、2択のような事しか説明してもらえなかったけど、レンズ製品の規格があるらしく、それに合わせるしか無いのでしょう。
普通は手元も、ある程度の近くも見えないと困るけどね。
私は車の運転はしないと言ったのを、検査の人の方は聞いてなかっただろうし、何か 遠くが見えないといけないんでしたよね? という意識にとらわれた検査の人…
ハードで遠近両用のレンズを試すときは、メーカーに借りてこないとならないらしく、私は老眼でも無さそうだけどさ、そのような度の強いレンズを作っているのは1社だけなんですよ、って、取引・取り扱いの都合かもしれないけど。
なので、ケアは面倒だけど、先にソフトコンタクトを試す事に してみた わけです。
聞くの忘れたよ、目薬との相性😓
これからずーっと先点眼するのに、ソフトコンタクトって不便だったかも。
いっとき使ってみて、不便だったらハードを作るのも有りですよ、とのこと。
朝起き上がる前に点眼して、こぼれたらよく拭き取る方がいいと思った。
私は風呂に入るタイミングでは外さないからして〜👀

ハードレンズなら、片手で洗えるけど、ソフトレンズは手のひらに乗せて反対の手の指でこすり洗いなので、しゃっちが手洗いせんといけん。
洗浄消毒保存液を、毎回多く使うので、すぐ無くなりそう。
思った以上にソフトレンズが柔らかいのにもビックリだし、洗う時も、手に付いた時も、すぐに裏返るんですよ。
着脱は苦ではないけど、洗う時が面倒と思いました。
溶液の説明を見ても、洗浄後の装置前には水でよくすすぐ という項目が無いのでは?
眼科での装着の仕方の説明の時も、水道水でよくすすいでくださいね、が無く、疑問のまま帰ってきたけど、界面活性剤他色々入ってたら、すすぐよね。
本チャンのレンズは後日連絡で取りに行きます。

さーて、ハードを作るのが先か、アセンションが先か、イベントが先か。

|

2016年10月 7日 (金)

キャベツの芯が放つ光

昨日の夕食に、千切りキャベツを作りました。
キャベツは使い残しだったので、硬い芯の部分だけが最後に残りました。
背景の暗めの色の所に向けて、蛍光灯の明かりの付近で見ると、周囲に1.5cmほど白く光を発していました。
この光は 自身がオーラが見える段階になると、練習次第で見えるようになります。
しかし、何日も冷蔵庫に居たキャベツの芯って、こんなにエネルギーを残してるなんて感動的であり、健気です。

食糧になる植物たちには、自身を捧げてもらっていますから、感謝してもしても 足りないね。
目が付いた生き物を食べる世の中でなくなるのは、いつの事でしょうか。

皮を剥かれ、そしてかじられたリンゴも、その果肉の周りに光を発しています。
私たちはみんな、生きた命を食べ物としていただいています。
野菜と果物は、可能な範囲 生で、新鮮なうちに食べる方が良いと言われるのは、そのエネルギーを有難く 頂くためですからね。
それが一番、波動の高い食事と言う事になりますが、無農薬、無動物性肥料、自然栽培、それが本来の姿ですよね。
たい肥以外の骨粉は、有機ではあっても動物性なので、若干問題あり。

狂牛病は 牛が牛を食べたから 起こったそうですよ。
実際に牛が共食いをしている訳ではなく、飼料になる草の肥料に骨粉を使ったり、人間の食品ゴミを加工して餌に使ったり、それが原因なのを 分かった後も 使われ続けているそうです。
牛だけではなく、豚の餌、鳥の餌も そのいずれかで 仲間の体を食べていることになりますか。
牛なら狂牛病、豚なら口蹄疫? 鳥は?
発症前にさっさと屠畜された その病気肉が売られ、食べ、人は認知症や その他の様々な病気になっているとの記事もあります。
ある意味 狂人病というのが、認知症などの脳や神経に関係するすべての病の原因なのでしょうかね。
ちょっとでも気にするなら、肉食は やめた方が良い。
特に四足の生き物を、人間は食べるべきでは無かった、そうですからして。
哺乳類を食す事は、共食いに当たる。

悲しいかな、今まで気付かないほど 騙されていました。
騙され続ける事が無いように、皆さまも お気づきくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »